FC2ブログ

Janice Hagen

Posted by moonrainbow on 18.2018 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Black Magic Woman

NASAが描いた巨大スペースコロニーの予想図

Posted by moonrainbow on 18.2018 宇宙への旅   0 comments   0 trackback
NASA設立60周年、1970年代に描かれた巨大スペースコロニーの予想図

NASAが描いたスペースコロニーの予想図
NASAが描いたスペースコロニーの予想図。

2018年7月29日(現地時間)、NASA(アメリカ航空宇宙局)はアメリカ政府機関として設立60周年を迎えました。ドワイト・アイゼンハワー大統領が1958年に国家航空宇宙法に署名、NASAが発足しました

設立から約20年後、NASAは宇宙における「ポスト地球」コミュニティーの姿をすでに描いていたのです

1970年代、プリンストン大学、NASAエイムズ研究センター、スタンフォード大学の物理学者たちは、地球を離れた人類のための巨大なスペースコロニーの予想図を描いたのです。彼らは、地球が破壊され、人類が宇宙に移住するという最悪のシナリオを想定したのです

The Public Domain Reviewに掲載された、3つのデザインです

1970年代、学者たちは人類は2060年までに最初のスペースコロニーに移住することができると考えました。彼らは太陽の周りをまわる3つのスペースコロニーをデザインしました

NASAが描いたスペースコロニーの予想図2
NASA Ames Research Center

1つ目のデザインは、約1万人を収容できるドーナツ型のコロニー

家、緑、歩道で埋め尽くされ、幅800メートルのコロニーの中央部には川が流れています

住民はコロニーの外を行き交う宇宙船やロボット、他のマシン類を目にします
.
NASAが描いたスペースコロニーの予想図5
NASA Ames Research Center

2つ目のデザインは、かなり不思議な形です。1万人を収容できます。上部のアンテナで他のコロニーと交信します

農場もあり、複数の階層に分かれたチューブの中では、牛や鶏も飼われています

1つ目のデザインと同様、コロニーは地球にとても似ています。中心にある金属製のエンジンは別です

コロニーは宇宙空間の中を回転しながら飛びます

さらに、無重力状態を楽しむこともできます

NASAが描いたスペースコロニーの予想図10
NASA Ames Research Center

3つ目のデザインはシリンダー形。最大100万人を収容

気候変動や汚染の影響を受けないため、きれいな水と鮮やかな緑の森が広がります。無限の太陽エネルギーも利用できます

コロニーでは、日食を見下ろすことができるかもしれません

あるいは、コロニーが他の惑星のまわりを周回する様子を見られるかもしれないのです

1970年代当時、NASAは最終的に10兆人が何百万ものスペースコロニーに暮らすようになると考えていました。

2018年8月8日
BUSINESS INSIDER JAPANより

George Davidson

Posted by moonrainbow on 17.2018 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
A lovely day

浮遊惑星「SIMP J01365663+0933473」

Posted by moonrainbow on 17.2018 浮遊惑星   0 comments   0 trackback
20光年先に恒星を周回せずに漂流している「浮遊惑星」が存在

[SIMP J01365663+0933473」のイメージ図
「SIMP J01365663+0933473」のイメージ図/Chuck Carter/NRAO/AUI/NSF

地球から20光年離れた宇宙空間に、恒星を周回せずに宇宙空間を漂う「浮遊惑星」とみられる天体が存在すると学術誌「アストロフィジカルジャーナル・サプリメントシリーズ」にこのほど、論文が発表されました。この天体の磁場を分析した結果としています

天体の名称は「SIMP J01365663+0933473」。質量は太陽系最大の惑星である木星の12.7倍で、磁場の強さも木星の200倍以上です

表面温度は815度を超えます。ただこれは、約5500度に達する太陽の表面温度に比べれば「寒冷」と言えます

太陽系外に存在するこうした天体の磁場を電波望遠鏡で検知・測定したのは今回が初めてです。米ニューメキシコ州にあるカール・ジャンスキー超大型干渉電波望遠鏡群の観測所を使って突き止めました

この天体は惑星以外には、褐色矮星(わいせい)である可能性も指摘されてきました

褐色矮星は通常、惑星としては質量が大きすぎるものの、恒星のエネルギー源となる水素核融合のプロセスを維持できるほどの質量がない天体とみなされています。理論的には1960年代から存在が予想されていましたが、95年に初めて発見されました

論文の著者であるアリゾナ州立大学のメロディー・カオ氏は今回の星について、惑星と褐色矮星のちょうど境界に位置づけられる天体との見方を示しています

この天体が2016年に他の4つの褐色矮星と一緒に見つかった際、その年齢は今回の測定よりも古く、質量もより大きいとみられていました

しかし科学者のチームが昨年、実際には若い恒星群の一部であり、質量も当初の想定より小さいことを発見。質量を特定した上で、自由浮遊惑星の可能性があると突き止めたのです

2018年8月8日
CNNより

BRIAN CRAIN

Posted by moonrainbow on 16.2018 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Summer

放射性元素を含む分子が太陽系外で初めて発見

Posted by moonrainbow on 16.2018 太陽系外惑星   0 comments   0 trackback
星同士の衝突でまきちらされた放射性元素を発見

水素の分布
こぎつね座CK星。赤がアルマ望遠鏡によって検出されたフッ化アルミニウム(27AlF)の分布、青がジェミニ望遠鏡によって検出された水素の分布を表す。この画像では安定同位体27Alを含むAlF分子の分布が示されているが、放射性同位体26Alを含む26AlF分子もこの赤色の分布と同じように広がっている(提供:ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), T. Kamiński & M. Hajduk; Gemini, NOAO/AURA/NSF; NRAO/AUI/NSF, B. Saxton)

アルマ望遠鏡などによる観測から、放射性元素を含む分子が太陽系外で初めて発見されました。過去に起こった星同士の衝突によって星の内部から運び出された物質のようです

地球からおよそ2000光年の距離にある「こぎつね座CK星」は、1670年に新星として記録された天体です。出現直後は肉眼でも見えるほど明るく輝いたがすぐに減光し、300年以上経った今では20等級と非常に暗くなっています。1670年に起こった現象の正体は普通の新星爆発ではなく、2個の恒星が衝突合体したものだと考えられており、現在では赤外線や電波を放出する恒星状の天体と、それを取り巻くガスが観測されていました

米・ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのTomasz Kamińskiさんたちの国際研究チームが、アルマ望遠鏡と仏・ミリ波電波天文学研究所(IRAM)のミリ波干渉計「NOEMA」を使ってこの星を観測したところ、アルミニウムの放射性同位元素である「アルミニウム26(26Al)」とフッ素原子が結合したフッ化アルミニウムの同位体分子(26AlF)からの電波がとらえられた。放射性同位元素を含む分子が太陽系外で発見されたのは初めてのことだ。この同位体分子は、1670年の現象によって宇宙空間に放出されたものと考えられる

分子にはそれぞれ固有の波長の電波を放射する性質があるため、これを分子の「指紋」として利用すれば、手の届かない宇宙に浮かぶ分子の種類を特定することができます。これまでに行われた膨大な実験から、数多くの分子が出す電波の波長データが揃っている。しかし、今回のターゲットとなった26AlFは放射性同位元素を含む分子であるため、この分子が出す電波の波長は知られていなかったのです

宇宙に存在するアルミニウム原子の99.99%以上は、13個の陽子と14個の中性子からなる「アルミニウム27(27Al)」で、放射性崩壊を起こさない安定な原子核です。一方、アルミニウム26(26Al)は27Alよりも中性子が1個少なく、約71万年の半減期でベータ崩壊と呼ばれる放射性崩壊を起こして、マグネシウムの安定同位体「マグネシウム26(26Mg)」に姿を変える。26Alは存在量がきわめて少ないため、26Alを含む分子から出る電波を地上の実験で観察することはできないのです

そこで、研究チームでは通常の安定同位体27Alからなるフッ化アルミニウム27AlF分子の電波の波長を元に、理論計算を用いて26AlFの波長を正確に推定し、観測を行いました

こぎつね座CK星周辺のガスから放射性同位元素を含む分子が見つかったことで、星同士の衝突過程について新しい知見が得られました。重元素や放射性元素が生み出される恒星の奥深くの物質が衝突によってかき混ぜられ、表面まで汲み上げられて宇宙空間にばらまかれたと考えられるのです。また解析の結果、衝突した2つの星のうちの一方は、太陽の0.8倍から2.5倍の質量をもつ赤色巨星だったと推定されました。「私たちは、3世紀も前にバラバラになった星のかけらを見ているのです」(Kamińskiさん)

衝突する2つの星の想像図
衝突する2つの星の想像図。赤色巨星の中心にはヘリウムでできた核があり、その外側を26Alを含む薄い層(茶色)が取り囲んでいる。その外側には厚い対流層がある。対流層は26Alの層には届いておらず、通常は26Alが星の表面まで汲み上げられることはない。星同士の衝突によって、奥深くの26Alが外へ出てきたものと考えられる(提供:NRAO/AUI/NSF; S. Dagnello)

観測結果によると、こぎつね座CK星の周りに存在する26Alの量は冥王星質量の4分の1ほどだと推定されています。一方、26Alが放射するガンマ線の観測から、天の川銀河全体では太陽3個分の質量に相当する26Alが存在すると考えられてきました。天の川銀河に含まれている26Alの起源はまだわかっていないが、こぎつね座CK星のような恒星同士の衝突現象はごくまれにしか起こらないため、天の川銀河にある26Alのすべてが恒星衝突で放出されたものと考えるのは難しいのです。今回観測で検出されたフッ化アルミニウム分子の26Al以外に、原子として単独で存在している26Alがもっとたくさん存在している可能性や、恒星の衝突の仕方によってはもっとたくさんの26Alが放出される可能性も考えられます。「これですべてがわかったのではありません。恒星衝突が、もっと重要な意味を持っているかもしれないのです」(Kamińskiさん)

2018年8月6日
AstroArtsより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード