Pat Metheny

Posted by moonrainbow on 24.2017 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
The Sound Of Silence

中性子星の後は?

Posted by moonrainbow on 24.2017 中性子星   0 comments   0 trackback
星の死のあとに再び誕生する惑星

左上へと移動するゲミンガ(黒丸内)
左上へと移動するゲミンガ(黒丸内)。点線は衝撃波面と、ゲミンガが通った跡。0.45mmの赤外線波長で観測した擬似カラー画像(提供:Jane Greaves / JCMT / EAO)

系外惑星は中性子星の周りにも発見されていますが、中性子星がどのようにして惑星形成に必要な物質を獲得するのかに関する研究成果が発表されました

25年前に初めて発見された系外惑星は、太陽のような普通の恒星の周りではなく中性子星の周りを回るものでした。中性子星とは太陽の何倍も質量の大きな星が起こす大爆発(超新星爆発)のあとに残る、小さく超高密度の天体です。 中性子星の周りを回る惑星は驚くほど珍しい存在です。超新星爆発によってもともと星の周りに存在していた惑星は破壊されるはずで、爆発後に残った中性子星は新たな惑星形成のために必要な物質を獲得する必要があるからです

英・カーディフ大学のJane Greavesさんとイギリス天文学技術センターのWayne Hollandさんは、中性子星が物質を獲得する方法を見つけ出したと考えています。「研究のターゲットにしたのは、ふたご座の方向800光年の距離に位置する『ゲミンガ・パルサー(Geminga pulsar、ジェミンガ)』です。この中性子星の周りには1997年に1つの惑星の存在が提唱されましたが、その後に否定されています」(Greavesさん)

Greavesさんたちが米・ハワイのサブミリ波観測装置ジェームズ・クラーク・マックスウェル電波望遠鏡(JCMT)を使ってゲミンガを観測したところ、パルサーの周囲にアーク(弧状構造)がとらえられました。「このアークは衝撃波面でしょう。ゲミンガが超音速で天の川銀河内を移動することで発生した衝撃波に物質が巻き込まれ、一部の固体粒子がパルサーに向かって流れていくと考えています」(Greavesさん)

計算から、ゲミンガに捕まった恒星間粒子の質量は地球の数倍以上になることが示されました。つまり、惑星を形成するにはじゅうぶんな量ということになります。「取得した画像は非常にぼんやりしているので、より詳細な情報を取得するためアルマ望遠鏡による観測を計画しています。パルサーの周りを回る粒子が見えることを大いに期待しています」(Greavesさん)

観測でゲミンガの物質獲得モデルが正しいと確認できれば、さらに他の似たようなパルサーを調べ、こうした風変わりな環境で起こる惑星形成に関する考え方の検証が進められます。その結果次第では、惑星の誕生はありふれた現象だとする見解がさらに補強されることになるでしょう

2017年7月12日
AstroArtsより

Jan Lundgren Trio

Posted by moonrainbow on 23.2017 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Confirmation

中国が光子を宇宙へ量子テレポーテーションする事に成功

Posted by moonrainbow on 23.2017 科学   0 comments   0 trackback
中国が 粒子を宇宙にテレポートさせることに成功

宇宙へのテレポート

中国の科学者が史上初めて宇宙へのテレポートに成功したそうです

 実験で行われたのは、光子を地球のはるか上空へ転送するというもの。物体を物理的に上昇させるのではなく、アインシュタインが「不気味な遠隔作用」と述べた量子もつれの奇妙な効果を利用したものです。つまり光子についての情報を宇宙の別のポイントへと転送し、物体の忠実な複製を作り出すのです

長距離間での量子テレポートは史上初

 長距離間でこの効果が実験されたのは史上初ことです。量子もつれは距離による制約を受けないそうです。つまり2つの粒子はとんでもない長距離であっても相互に作用することができます

 したがって、これまで実現不可能だったスピードでネットワークを構築する量子インターネットなど、さまざまな分野での応用が考えられます

 これまで情報を伝達するケーブルや信号の問題で、量子テレポーテーションは短距離においてしか実験されてこなかったのです

 今回は地上から人工衛星への転送実験が行われ、実用化されたテレポーテーションの姿らしきものが示されたのです

 つまり物体を宇宙へ送信し、再び地上へ送り返すのです。ある地点からある地点へと送信するには、この経路が比較的クリアなのだという事です

宇宙へのテレポート1

 「この業績は、世界初となる信頼性の高い超長距離量子テレポーテーション用地上衛星間リンクを確立させる。世界規模で量子インターネットを実現するには必要不可欠なステップである」と論文で論じられています

 実験に使われた衛星は2016年ゴビ砂漠から打ち上げられた中国の通信衛星「墨子」です

China Launches World's First Quantum Satellite


2016年8月に打ち上げられた「墨子」

 地上から光子を宇宙へ送信すると、墨子がそれを捕捉。地上の実験チームは光子を使って地球の上空に浮かぶ衛星と通信できるかどうか実験しました

natureより

2017年07月20日
カラパイアより

Nicki Parrott

Posted by moonrainbow on 22.2017 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
I Will Wait For You

矮小銀河「SDSS J1044+6306」と銀河「NGC 3359」

Posted by moonrainbow on 22.2017 銀河   0 comments   0 trackback
消滅しつつある「こぐま銀河」(W.M. Keck Observatory

こぐま銀河
NGC 3359とこぐま銀河。NGC 3359(左)と、こぐま銀河から引きはがされているガスが存在する領域(右の等高線)。こぐま銀河の星は青い円の部分に存在する(提供:SDSS COLLABORATION、以下同)

大きな銀河によってガスが引きはがされ崩壊しつつある矮小銀河がとらえられました。この矮小銀河は、近傍宇宙で知られている最も原始的な天体の一つで、化学元素を調べることで誕生直後の宇宙の構成に関する情報が得られるかもしれません

おおぐま座に位置する小さな銀河であることから「こぐま銀河(The Little Cub galaxy)」とも呼ばれる矮小銀河「SDSS J1044+6306」と、その隣に位置する大きな銀河「NGC 3359」は、地球から約5000万光年の距離に位置するペアです。両銀河の間は約20万~30万光年離れています。NGC 3359ははっきりとした腕を持つ大きな渦巻銀河で、1000億個以上の星を含んでいます。一方のこぐま銀河に存在する星はその1万倍の1ほどしかないのです

こぐま銀河のガスはNGC 3359によってはぎ取られつつあり、やがてこぐま銀河は消滅するとみられています。「大きな銀河の近くにある小さな銀河に、まだガスが存在していて星が形成されているのは、稀なことです。こぐま銀河の星形成に必要なガスが大きな銀河によってはぎ取られているということは、やがてこぐま銀河の星形成が止まり、銀河が消滅することを意味しています。そのプロセスを観測する絶好の機会です」(米・カリフォルニア大学サンタクルーズ校 Tiffany Hsyuさん)

こぐま銀河SDSS J1044_6306
こぐま銀河SDSS J1044+6306

また、こぐま銀河内に存在する数少ない非常に明るい星によって照らし出されている水素原子やヘリウム原子を調べることで、初期宇宙の構成について情報が得られることも期待されています。「こぐま銀河は、近傍宇宙で知られている銀河のなかで、最も原始的な天体の一つであることがわかりました。一生のうちのほとんどを休眠状態で過ごすこのような銀河には、ビッグバンから数分後にできた化学元素が含まれていると考えられています。こぐま銀河の水素原子とヘリウム原子の相対数を測定することで、誕生直後の宇宙がどんな物質で構成されていたのかについて情報を得ることができるかもしれません」(英・ダラム大学 Ryan Cookeさん)

2017年7月10日
AstroArtsより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード