FC2ブログ

Diana Krall

Posted by moonrainbow on 01.2020 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
East of the Sun & West of the Moon

「ハビタブル惑星」の捜索

Posted by moonrainbow on 01.2020 太陽系外惑星   0 comments   0 trackback
地球に似た惑星探しに役立つテンプレートが公開される

太陽系外惑星「ケプラー62f」を描いた想像図
太陽系外惑星「ケプラー62f」を描いた想像図(Credit: NASA Ames/JPL-Caltech)

数千個が発見されている太陽系外惑星のなかには、地球にいるような生命が存在できる環境を持つことが期待される惑星も幾つか存在しています。そんな「ハビタブル惑星」とも呼ばれる系外惑星の捜索に利用できるテンプレートを検討・作成した研究成果が発表されています

■地球の各時代における大気組成にあわせた5種類のテンプレート

何光年も離れた系外惑星に生命が存在できるかどうかを調べる方法として、系外惑星の大気組成を分析する手法があげられます。地球の生命に欠かせない水(水蒸気)はもとより、酸素、メタン、二酸化炭素といった生命活動にも結びついた物質の比率を調べることで、その惑星に地球のような生命が存在する可能性が高いか低いかを判断できます。

系外惑星の大気組成は、大気を通過してきた主星(恒星)の光を虹の七色のように波長ごとに分ける「分光観測」にかけることで調べることができます。今回Lisa Kaltenegger氏(コーネル大学)らの研究チームが作成したのは、この分光観測で用いることを想定したテンプレートです。

Kaltenegger氏らはハビタブル惑星を探すにあたり、現在の地球だけを手本とするのではなく、過去の地球にも目を向けるべきだと考えました。今の地球の大気は約21パーセントを酸素が占めていますが、過去の地球では酸素濃度がより低く、生命が誕生したばかりの頃はほとんど酸素がなかったとされています。そのため、「生命はいるが、大気組成は今の地球と異なる」ような惑星を見つけるには、地球の各時代にあわせた手本が参考になるはずです。

そこで研究チームは、地球を生命誕生前の時代から現代まで5つの時代に分けた上で、それぞれの時代における大気組成の特徴にあわせたテンプレートを用意しました。分光観測で得られた系外惑星の大気組成をこのテンプレートと比較することで、その惑星が地球の歴史でいえばどの段階にあるのかがわかるというわけです。テンプレートの特徴を簡単にまとめると、次のようになります(実際には酸素や二酸化炭素以外にメタンやオゾンなども考慮されています)。

・現代:21パーセントの酸素、少ない二酸化炭素
・8億~5億年前:2.1パーセントの酸素、1パーセントの二酸化炭素
・20億~10億年前:0.21パーセントの酸素、1パーセントの二酸化炭素
・35億年前:希薄な酸素、1パーセントの二酸化炭素
・39億年前:希薄な酸素、10パーセントの二酸化炭素

Kaltenegger氏は、NASAの新しい宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェッブ」(2021年3月打ち上げ予定も新型コロナウイルスの影響で開発は一時停止中)や、ヨーロッパ南天天文台(ESO)が建設中の「欧州超大型望遠鏡(ELT)」(2025年観測開始予定)といった、次世代の観測手段による系外惑星の大気に対する分光観測に期待。「地球の過去を鍵とすることで、系外惑星における生命の徴候がより見つけやすくなる」とコメントしています


Image Credit: NASA Ames/JPL-Caltech

2020-03-28
Soraeより

Christine Brown

Posted by moonrainbow on 31.2020 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Cascada

UFO?

Posted by moonrainbow on 31.2020 UFO   0 comments   0 trackback
・・・・・・・・・・2月のUFO・・・・・・・・・・

21.02.2020 UFO u Mezinárodní vesmírné stanice (UFO near by International Space Station, ISS)



UFO February 23rd, 2020 Hollywood, Los Angeles



UFO in Sacramento February 22, 2020



Possible UFO East of Monterey, CA: Caught During Rising Moon Feb.05, 2020



24 Feb 2020 UFO Sighting in South Boston

Rebecca Kragnes

Posted by moonrainbow on 30.2020 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Upstream

宇宙初期のブラックホール

Posted by moonrainbow on 30.2020 ブラック・ホール   0 comments   0 trackback
宇宙初期のブラックホールは合体を繰り返した末に急成長していた?

超大質量ブラックホールを描いた想像図
超大質量ブラックホールを描いた想像図(Credit: NASA/JPL-Caltech)

宇宙はおよそ138億年前に誕生したとされていますが、それから10億年近くが経ったおよそ130億年前には、すでに太陽の10億倍以上もの質量がある超大質量ブラックホールが存在したとみられています。今回、これほど早い時点で超大質量ブラックホールが誕生し得た理由に迫った研究成果が公開されています

■数多くのブラックホールや中性子星の合体をきっかけに急成長した可能性

ブラックホールは主に周囲のガスを取り込むことでより大きな質量へと成長していきますが、そのペースはブラックホールの質量に左右されると考えられています。しかし、初期の宇宙に存在していたとみられる超大質量ブラックホールは本来のペースよりも速く成長した可能性があり、成長の様子を探る研究が進められてきました。

今回、Lumen Boco氏(先端研究国際大学院大学(SISSA)、イタリア)らの研究チームがブラックホール急成長の理由をシミュレーションによって解析したところ、重い恒星の超新星爆発によって誕生した恒星ブラックホール(※)や中性子星の合体が銀河の中心部で繰り返されたことがきっかけとなり、本来のペースを超えて急速に超大質量ブラックホールへと成長した可能性が示されました。

研究チームによると、初期の銀河で形成された恒星ブラックホールや中性子星は、高密度な星間物質がもたらす力学的摩擦によって減速され、銀河の中心に向かって落ち込むように移動することになるようです。超新星爆発を経てブラックホールや中性子星に進化するような恒星は寿命も短く、急速に星々が形成された初期宇宙の銀河では数多くのブラックホールや中性子星が銀河の中心で合体した可能性があります。

研究の結果、わずか5000万年から1億年ほどの期間があれば、合体によって太陽の1万~10万倍の質量があるブラックホールへと急速に成長できることが明らかになったといいます。質量が増えればブラックホールがガスを取り込んで成長するペースも速まるため、宇宙誕生から8億年後という早い時期に超大質量ブラックホールが存在できた可能性も説明できると研究チームは考えています。

なお、今回の研究成果を検証するために、初期宇宙の銀河で発生したブラックホールや中性子星の合体にともなう重力波を検出することにも研究チームは言及しています。銀河中心のブラックホールが比較的小さなうちの合体は、現在稼働している「LIGO」「Virgo」や、欧州で建設が検討されている次世代の重力波望遠鏡「Einstein Telescope(アインシュタイン望遠鏡)」で検出できる可能性があるようです。また、2034年に打ち上げ予定の宇宙重力波望遠鏡「LISA」を用いれば、成長して質量が大きくなってからの合体も観測できるだろうとしています


Image Credit: NASA/JPL-Caltech

2020-03-26
Soraeより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード