FC2ブログ

Saint Privat

Posted by moonrainbow on 02.2021 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Poisson rouge

「PDS 70」

Posted by moonrainbow on 02.2021 未分類   0 comments   0 trackback
370光年先の若い惑星を囲む「周惑星円盤」を明確に検出、アルマ望遠鏡による観測成果

観測された「PDS 70」
【▲ アルマ望遠鏡によって観測された「PDS 70」(Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Benisty et al.)】

こちらは「ケンタウルス座」の方向およそ370光年先にある若い星「PDS 70」を電波(サブミリ波)で捉えた画像です。人の目には見えない波長で観測されたため、色は擬似的に着色したものとなります。観測にはチリの電波望遠鏡群「アルマ望遠鏡(ALMA)」が使用されました

PDS 70は誕生してからおよそ540万年しか経っていないと推定されていて、惑星形成の様子を観測できるとして研究者から注目されています。ひときわ目立つ大きなリング状の構造は「原始惑星系円盤」と呼ばれるガスや塵でできた構造で、このなかでは小さな塵が合体して微惑星となり、微惑星どうしが衝突を繰り返すことで原始惑星が形成されると考えられています。

ヨーロッパ南天天文台(ESO)のパラナル天文台にある「超大型望遠鏡(VLT)」の観測により、PDS 70の周囲では誕生したばかりの太陽系外惑星がこれまでに2つ見つかっています。リングに囲まれた空間の右側、時計で言えば3時の方向に写っている小さな点はそのうちの1つ「PDS 70c」で、木星数個分の質量を持つとみられています。

グルノーブル大学/チリ大学のMyriam Benisty氏らの研究グループは、アルマ望遠鏡を用いた観測の結果、PDS 70cを取り囲む「周惑星円盤」を明確に検出することに初めて成功したとする研究成果を発表しました。周惑星円盤とは原始惑星を取り囲むガスや塵でできた円盤のことで、原始惑星の成長に関わったり、その内部で衛星が形成されたりすると考えられています


ちPDS 70c周辺を拡大
【▲ アルマ望遠鏡が撮影した画像のうちPDS 70c周辺を拡大したもの(Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Benisty et al.)】

こちらは冒頭の画像の一部、PDS 70cとその周囲を取り囲む周惑星円盤を拡大したものです。画像右側には原始惑星系円盤の一部が写っています。研究グループによると、PDS 70cの周惑星円盤は直径が約1.2天文単位(※)で、地球の月を3つ形成できるほどの質量があると見積もられています。

※…1天文単位=約1億5000万km、地球から太陽までの平均距離に由来

PDS 70cの周惑星円盤はアルマ望遠鏡を使った過去の観測でも検出されていたものの、周囲から独立しているかどうかがはっきりしていなかったといいます。Benisty氏は「私たちは円盤が惑星と結び付いていることを明確に識別し、初めて円盤のサイズを制約することができました」と語っています


Artist’s animation of the PDS70 system


▲PDS 70星系の想像図(PDS 70cから全体像へとズームアウトした様子)▲
(Credit: ESO/L. Calçada, ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Benisty et al.)

いっぽう、今回の観測では、PDS 70を周回するもう一つの系外惑星「PDS 70b」が周惑星円盤を持つ明確な証拠は示されなかったといい、発表ではPDS 70cが物質を集めた可能性に言及しています。

今回の成果によって、若い星の周囲における惑星や衛星の形成に関する理解が進むことが期待されています。研究に参加したカーネギー研究所のJaehan Bae氏は今回の観測について「これまで検証できなかった惑星形成の理論を証明するためにも重要です」とコメント。同じく研究に参加したマックス・プランク天文学研究所(MPIA)のMiriam Keppler氏は「今までに発見された4000個以上の系外惑星のうち、形成途上の惑星はこれまでのところPDS 70bとPDS 70cの2つだけであり、惑星と衛星の形成プロセスを観測・研究するめったにない機会をもたらしてくれます」とコメントしています


Image Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Benisty et al.

2021-07-24
Soraeより

Ben Paterson Trio

Posted by moonrainbow on 01.2021 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Whisper Not

太陽系12天体の重力を比較

Posted by moonrainbow on 01.2021 科学   0 comments   0 trackback
太陽系12天体の重力を比較 同じ高さから物体を落とすと…?

太陽系の天体の抽象的な画像
【▲ 太陽系の天体の抽象的な画像(Credit: Shutterstock)】

みなさんは「9.8」という数字を見て何を思い浮かべますか?

「理系」志望や「理系」出身の方ならば、「重力加速度」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。学生時代に「重力加速度」という言葉といっしょに「9.8」という数字を闇雲に記憶させられた思い出がよみがえってくる人もいるかもしれません。

重力加速度とは重力が物体に及ぼす加速度のことで、ここでは「重力の大きさ」と言い換えておきます。また「表面重力」と呼ばれることもあります。

地球上ではその値が9.8[m/s2]なのです。月面上では1.6[m/s2]なので、月の重力は地球の1/6と習った方もいるでしょう。つまり、同じ高さから物体を落とすと、月面に届く時間が地球上よりも長くかかるということです。

ただし、重力が1/6だからといって時間が6倍かかることにはならないので注意しましょう。それは、簡単に言えば、重力“加速度”であって“速度”ではないからです


A 1 Kilometer "Ball Drop" On Solar System Bodies



こちらのアニメーションは、太陽、太陽系の8惑星、準惑星の冥王星、小惑星(現在は準惑星に分類)のケレス、月の12天体での重力加速度のちがいを表現しています。

つまり、物体(ボール)を高さ1km(1000m)から天体表面に同時に自由落下(物体に力を加えずに自然に落とすこと)させたときの様子を示しています。

空気抵抗(大気による抵抗)はなしと仮定されています。真空中では、鉄球でもリンゴでも紙片でも(物体の質量や形状に関わらず)、地上に届く時間は同じですが、実際には地球表面には大気(空気)が存在するため空気抵抗が生じます。

ここではかなり大雑把な説明をしているので、正確でわかりやすい説明はこちらをご覧ください。

天体と落下の様子を比較しながら見ていると、いろいろおもしろいことに気が付くかもしれません。例えば、天王星は地球よりもずっと大きな惑星なのに、地球より少しゆっくりとボールが引き下げられます。それは天王星の平均密度が小さいためで、表面は大部分の質量(核になっている部分)から遠く離れているからです。同様に、火星は水星のほぼ2倍の質量ですが、表面の重力は実際には同じであることがわかります。これは、水星が火星よりもはるかに密度が大きいことを示しています。

密度が大きい(半径が小さくて質量が大きい)天体ほど重力加速度が大きくなるのです。

画面上段は落下開始からの時間(t[秒])と、その時の物体の速度(v[km/時])、下段は天体名と重力加速度[m/s2]を表示しています。数値等はNASAのこちらのデータに基づいています。

天体表面の重力は天体の「自転速度」の影響も受けます。地球上の重力は北極・南極付近では強く、赤道付近では弱くなっています。それは両極に比べ赤道の方が地軸から遠いため、強い遠心力が生じ、これが地球の中心に向かって引く重力を弱める働きをして、結果的に重力加速度が小さくなるからです


こちらのアニメーションは太陽系内の惑星・準惑星の大きさと自転速度の様子を比較したものです

惑星・準惑星の大きさと自転速度の比較 (日本語版)



さらにこちらは、冒頭の動画とは逆に天体表面から「脱出速度」でロケットを打ち上げたとき、上空50kmまで到達する様子のアニメーションです

Visualization of the velocities required to escape Solar System bodies



脱出速度とは、物体が天体の重力を振り切って脱出できる最小限の速度のことです。この場合も空気抵抗がないことを前提としており、重力による引き下げが含まれますが、その影響はごくわずかです。画面上段は発射からの時間[秒]、下段は天体名と脱出速度[km/秒]を表示しています。

なお、この三つのアニメーションを作成したJames O’Donoghue(ジェームズ・オドノヒュー)博士はイギリス出身で、現在はJAXAに所属する惑星科学者です。以前はNASAのゴダードスペースフライトセンターで勤務していたとのことです


Video Credit: Dr James O’Donoghue / Shutterstock

2021-07-24
Soraeより

Diana Krall

Posted by moonrainbow on 31.2021 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Sorry Seems to Be the Hardest Word

UFO?

Posted by moonrainbow on 31.2021 UFO   0 comments   0 trackback
・・・・・・・・・・2021年6月のUFO・・・・・・・・・・・・・・

上海外灘に巨大UFO出現?







"Pyramid-Shaped UFO Ascends over Dubai's Burj Khalifa" June 3 2021 | HollywoodScotty VFX



Strange Multiple UFOs🛸Appear Above Crater At🌋Popocatepetl🌋June 16, 2021



 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード