Carrie Underwood

Posted by moonrainbow on 16.2017 癒しの音楽   1 comments   0 trackback
Just A Dream

PSR J1119-6127

Posted by moonrainbow on 16.2017 宇宙   0 comments   0 trackback
太陽の数兆倍の磁場を持つパルサーの正体( NASA JPL

パルサーのイラスト
パルサーのイラスト(提供:NASA/JPL-Caltech)

静かなパルサーと考えられていた天体に、マグネターのような激しいX線バーストが観測されました。この天体特有のものなのか、パルサーとマグネターは一つの天体の異なる進化段階であることを示す結果なのかは、わかっていないのです

りゅうこつ座とケンタウルス座の境界に位置するPSR J1119-6127(以降J1119)は2000年に発見された天体で、従来は電波パルサーだと考えられてきました。パルサーとは超新星爆発の後に残された非常に高密度の天体である中性子星の一種で、高速の自転に伴って規則正しい電波放射が観測されます

2016年7月、静かな天体だと思われてきたJ1119に、2度のX線バースト(突発増光)が観測されました。こうした現象は、X線やガンマ線の波長で激しい高エネルギーのアウトバーストを起こします、マグネターと呼ばれる超強力な磁場を持つ天体に見られるものです

1970年代からパルサーとマグネターは完全に別種の天体として扱われてきましたがが、ここ10年ほどの間に、これらは一つの天体の異なる進化段階である可能性を示す証拠が出てきたのです。もしかするとJ1119はパルサーとマグネターとの中間に位置する天体で、いずれかへと移行する段階にあるのかもしれないのです

「J1119は、ある時にはパルサー、またあるときにはマグネターという2つの顔を持っています。この天体を調べることで、パルサーのメカニズムに潜む何かがわかるかもしれません」(NASAジェット推進研究所 Walid Majidさん)

J1119のX線バーストは、天体の自転によって超強力な磁場がねじれたことで生じたと考えられます。J1119の磁場は太陽の数兆倍もあり、これは既知のパルサーの中で最も強いものです。磁場のねじれにより中性子星の外層が破壊され、「グリッチ」と呼ばれる自転の急激な変化を起こします。このグリッチはNASAの天文衛星NuSTARによって観測されています

また、追跡観測の結果、X線バーストから2週間ほどでJ1119は再び静穏になり通常のパルサーに戻ったようにみえることも確認されたのです

本当にパルサーとマグネターが一つの天体の進化段階だとすると、一体どちらが先だったのかという疑問も残ります。J1119のような天体はまずマグネターから始まり、徐々にX線やガンマ線のアウトバーストを起こさなくなるとも考えられるし、パルサーとして誕生した天体に磁場が発生してアウトバーストが始まるという説もあります。こうした天体はありふれているのか、進化の過程はどうなっているのか、今後の発見と継続観測で謎が解き明かされていくでしょう

2017年1月11日
Astro Artsより

Karel Boehlee Trio

Posted by moonrainbow on 15.2017 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Last Tango In

冥王星の氷の剣「ペニテンテ」

Posted by moonrainbow on 15.2017 太陽系   0 comments   0 trackback
冥王星にも存在した氷の剣「ペニテンテ」(NASA)

ペニテンテ
Tartarus Dorsa(提供:NASA/JHUAPL/SwRI)

これまで地球にしか見られないと考えられてきた氷や雪の地形「ペニテンテ」が、冥王星にも存在する証拠が、気象モデルや数値シミュレーションから示されました

「ペニテンテ」とはアンデス山脈の山々などに見られる雪や氷の地形で、窪みの周囲を剣や塔のように尖った構造が取り囲んでいるものです

ペニテンテはこれまで地球上でしか見つかっていないが、米・ヨーク大学のJohn Mooresさんたちの研究チームによって、冥王星のある地形もペニテンテと同種のものである証拠が見つかったのです。

Mooresさんたちは2015年7月に探査機「ニューホライズンズ」が撮影した冥王星の画像を調べ、Tartarus Dorsa(非公式名)と呼ばれるギザギザの大地にある尾根と、天気予報のようなモデルや氷の蒸発の物理過程に関するコンピュータシミュレーションとを比較しました

冥王星の尾根は高さ約500mで間隔が数kmもあり、地球のペニテンテよりもはるかにスケールが大きいものだが、この大きさは地球のペニテンテ形成と同じモデルから予測することができるという。さらに地形の向きや年齢も考慮すると、冥王星に見られる尾根はペニテンテと考えられます

「冥王星は地球よりもずっと寒くて大気が薄く、雪や氷は水ではなくメタンや窒素でできていますが、同じ科学法則が成り立つのです。ペニテンテの形成には大気の存在が必要だと考えられますが、条件さえ整っていれば他の天体にも見つかるかもしれません」(Mooresさん)

2017年1月10日
Astro Artsより

Sinne Eeg

Posted by moonrainbow on 14.2017 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Strawberry Fields Forever

銀河「IRAS 16399-0937」

Posted by moonrainbow on 14.2017 銀河   0 comments   0 trackback
強力なメガメーザー銀河「IRAS 16399-0937」 

銀河「IRAS 16399-0937」
 
稼働年月が26年をこえ、まだまだ元気に稼働し続けるNASAのハッブル宇宙望遠鏡。そのハッブルから、あらたに強力なマイクロ波を放つメガメーザー銀河「IRAS 16399-0937」の画像が届けられました
 
メガメーザーとは強力なエネルギー(今回はマイクロ波)の放出過程のことで、その明るさは銀河系で発見される通常のメーザーの1億倍にも達します。また、今回ハッブルの掃天用高性能カメラ(ACS)と近赤外カメラ及び多天体分光器(NICMOS)によって観測されたIRAS 16399-0937は地球から約3億7000万光年先に存在し、2つの銀河核によって形成されています
 
2つの銀河核は、北の「IRAS-16399N」と南の「IRAS-16399S」と名付けられています。そして南のIRAS-16399Sからは急速なスピードで星が誕生し、北のIRAS-16399Nには太陽質量の100倍近いブラックホールが存在するのです。2つの銀河核は1万1000光年も離れており、周囲のガスやチリと影響しあって上のような美しい天体を作り出しています
 
現在稼働しているハッブル宇宙望遠鏡は5年の稼働期間の延長が発表され、さらに後継となるジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡も2018年頃に打ち上げられます
 
Image Credit: ESA/Hubble & NASA, Acknowledgement: Judy Schmidt (geckzilla)

2017/01/01
Soraeより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード