Celine Dion

Posted by moonrainbow on 25.2018 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
My Heart Will Go On

隕石中のダイヤモンドは原始太陽系の残骸だった

Posted by moonrainbow on 25.2018 地球   0 comments   0 trackback
隕石中のダイヤモンドは原始太陽系の残骸だった

隕石の中にあるダイヤモンド
スーダン、ヌビア砂漠に落下した黒いユレイライト隕石のかけら。砂漠の大部分を占める、明るい色の石とは対照的だ。(PHOTOGRAPH BY PETER JENNISKENS, SETI INSTITUTE, NASA AMES)
太陽系初期に誕生、すぐに消滅した原始惑星の「初の有力な証拠」

 地球に落ちた隕石の中にあるダイヤモンドが、太陽系のごく初期に生まれ、激しい衝突ですぐに消滅してしまった原始惑星のものだったという研究結果が発表されました。2018年4月17日付けの学術誌「ネイチャーコミュニケーションズ」に掲載された論文によると、ユレイライトと呼ばれる希少な隕石中のダイヤモンドは、太陽系原始惑星の「初の有力な証拠」であるという事です

太陽系のはじまり

 もし人類が時間を過去にさかのぼれて、私たちの太陽系を見たとしても、最初の1000万年間はそれとは気づかないでしょう。というのも、天文学者たちは、ガスやちり、岩石でできた水星か火星ぐらいの原始惑星が何十個も、生まれて間もない太陽の周りをぐるぐる回っていたと考えているからです

 ほどなく、これらの天体は衝突して粉々になったり、太陽系の外に完全に押し出されたりした。その残りものが現在私たちが知っている太陽系、つまり、太陽の周囲を回る8つの惑星と、小惑星、その他の岩石などです

 しかし、原始惑星だった証拠を岩石中に見つけるのは簡単ではなかったです

顕微鏡から見える宇宙

「宇宙を研究するというと、普通は望遠鏡の話になりますが、過去のこととなると話は違います。今回、我々は電子顕微鏡を用いました」。論文の著者の1人で、スイスの研究機関、スイス連邦工科大学ローザンヌ校のファルハング・ナビエイ氏は話しています。

 ナビエイ氏はまず、2008年にスーダンのヌビア砂漠に落下したユレイライトの一部を調べました。この隕石には微小なダイヤモンドが含まれています。ダイヤモンドは極めて高い圧力に耐えられることから、研究者たちは、鉱物を保存する完璧な入れ物だと高く評価してきました。例えば2018年3月、地球の奥深くでできたダイヤモンドから、これまで確認されたことのない鉱物が見つかっています

 電子顕微鏡で観察すると、隕石中のダイヤモンドは、鉄や硫黄を含む特殊な鉱物を確かに閉じ込めていました。またそれらの鉱物は、20ギガパスカルを超える高圧の下でできた可能性が高いことが明らかになりました。ちなみに、体重85キロの男性が歩くときは足裏全体におよそ1万4000パスカルの圧力がかかります。1ギガパスカルは10億パスカルに等しい

「地球以外で生まれたダイヤモンドに含有物を見つけたのははじめてです」と、ナビエイ氏は話しています

480個のユレイライト

 論文の著者らによると、こうした高い圧力が生じるのは、初期太陽系にたくさんあったとされる原始惑星のような、大きな天体の内部しか考えられないというのです

「今回の発見で、太陽系の形成に関する理論が裏付けられました」とナビエイ氏

 地球で回収された隕石のうち、ユレイライトに分類できるのは480個。ナビエイ氏は、地球外からの物質をさらに多く用い、そこに隠されているかもしれない宇宙の歴史を明らかにしたいと計画を立てています。

「初期太陽系で惑星がどう形成され、どう発達したのかについて、ユレイライトは有力な手掛かりになる可能性があります」と、ナビエイ氏は付け加えました

2018年4月19日
ナショナル ジオグラフィック日本版より

Kenny G

Posted by moonrainbow on 24.2018 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
You're Beautiful

短周期連星系では星の進化に伴って惑星が系から放り出されてしまう

Posted by moonrainbow on 24.2018 宇宙   0 comments   0 trackback
短周期連星は惑星を放り出す

「Kepler-16 b」の想像図
周連星惑星「Kepler-16 b」の想像図
連星系(右上の2つの星)の周囲を公転する周連星惑星の一つ「Kepler-16 b」の想像図(提供:NASA/JPL-Caltech/T. Pyle)

短周期連星の周囲を巡る惑星は、星が進化すると連星系から放り出されてしまうことがシミュレーション研究で示されました

2つの恒星が互いの周りを回りあっている連星のうち、周期が10日以下の短周期連星はこれまでに数千個も見つかっていますが、こうした短周期連星を公転する「周連星惑星」はほとんど発見されていないのです

米・ワシントン大学のDavid Flemingさんたちの研究チームはコンピューターシミュレーションによって、星の重力が恒星系や惑星系にどのような影響を及ぼすかを調べ、短周期連星系では星の進化に伴って惑星が系から放り出されてしまうらしいことを明らかにしました

星の潮汐力によって角運動量が星の自転から連星の軌道へと運ばれると、星の自転速度は遅くなり、軌道は広がって公転周期が長くなります。また、軌道は広がりながら、楕円形から完全な円形へと変形していきます

連星系では、2つの星の重力によって不安定な領域が生じ、そこに入った天体は系からはじき出されてしまいます。この不安定な領域は、連星の軌道が拡大するにつれて外側に広がっていきます。そして、この不安定領域がもともと安全なところにあった惑星を飲み込むと、惑星は無事ではなくなってしまい、最終的には連星系から放り出されてしまうというのです。もし複数の惑星が存在していた場合、1つ惑星が抜けることで連鎖的に他の惑星も不安定になり、それらの惑星も連星系から失われてしまいます

これまでに知られている短周期連星系にFlemingさんたちのモデルを適用したところ、複数の惑星が存在する周連星惑星系の87%で、連星系の進化につれて少なくとも1つの惑星が連星系から追い出されることが示されました

こうした連星系では、惑星は安定的に存在できる限界のすぐ外側を公転する傾向があることが観測から示されています。理由ははっきりしていないですが、惑星がそこで形成されるのかもしれないし、遠く離れたところで形成されてからその場所へ移動してくるのかもしれません

2018年4月17日
AstroArtsより

ERNESTO CORTAZAR

Posted by moonrainbow on 23.2018 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Sicilian Romance

「ミクロ-11(Micro-11)」ミッション

Posted by moonrainbow on 23.2018 科学   2 comments   0 trackback
まもなく国際宇宙ステーションに大量の人間の精子が到着して無重力空間での能力が試されます

人間の精子

NASAはついに宇宙へ向けて人間の精子を放つ

 「ミクロ-11(Micro-11)」ミッションでは、スペースX社のファルコン9に搭載される補給カプセル「ドラゴン」に、人間と牛の冷凍した精子を大量に積み込むことを予定しています

 それらは国際宇宙ステーション(ISS)に持ち運ばれた後で解凍され、無重力空間における移動能力や、卵子に結びつく能力が調査されますう。

無重力が人間の精子に与える影響を調査

 ウニと牛の精子を用いた先行研究は、微重力下では移動の開始が早まることを示唆しています

 一方で、融合へと至るステップはよりゆっくりと起こるか、まったく起こらない。この段階での遅れや問題は、中での受精を妨げる可能性もあります

人間の精子1
顕微鏡を通してみた牛の精子
image credit:NASA

 NASAは人間の精子とともに牛の精子も宇宙へ打ち上げていますが、それは牛細胞が人間の精子よりも活動や外見が一貫しているからです

人間の精子と並行して研究することで、おかしな挙動が観察された場合に、それが特定の精子サンプルに由来するものなのか、微重力の影響なのか判断することができます

人間の精子2
ミクロ-11実験の為の精子サンプルがフロリダのケネディー宇宙研究所に送られた。研究者たちは国際宇宙ステーションへの運ぶための準備をした。
image credit:

宇宙空間での愛し合うカップルの為に

 この実験が行われることは、遅かれ早かれ宇宙空間での性行為が現実になるであろうことをNASAが認知するようになったこととほぼ同義です

 アメリカやロシアの宇宙飛行士同士が宇宙空間で愛を深めているという噂はいくつもありますが、それが公式に認められたことはないのです

 現在ISSには男性の宇宙飛行士が6名滞在しており、わざわざ多額の資金を投じて地上から打ち上げなくても安く精子を入手できるのでは?と思うのですが、宇宙飛行士たちにはいろいろ事情があるのでしょう

 宇宙ステーションに送られた精子は最終的にカンザス大学に送り戻され、さらに詳細な研究をされることになります

2018年04月14日
カラパイアより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード