FC2ブログ

Saint Privat

Posted by moonrainbow on 19.2019 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Poisson rouge

「HH 111」の円盤構造

Posted by moonrainbow on 19.2019 宇宙   0 comments   0 trackback
まるで宇宙の家紋。原始星を取り巻く塵の円盤構造が明らかに

HH 111にある原始星の1つ
アルマ望遠鏡によって撮影された、HH 111にある原始星の1つ(Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Lee et al.)

差し渡し12光年という長大なジェットを生み出す若い恒星の周囲には、ぐるぐると渦を巻く塵の円盤が存在していました。南米・チリの電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」を使った観測で、今まで見えなかったその構造が明らかになっています

■高解像度を誇るアルマ望遠鏡が撮影した50万歳の若き星

観測されたのは、地球からおよそ1300光年先、「オリオン座」の方向にある「HH 111」と呼ばれる天体です。HH 111には誕生したばかりの原始星が3つあり、そのうちの1つから長さ12光年に渡るジェットが噴出しています。

今回、このジェットを噴き出す原始星を取り巻く塵の円盤が、アルマ望遠鏡によって撮影されました。原始星の周囲では流れ込む塵やガスによって円盤が形成されていることが過去の観測ですでに判明していましたが、従来は観測できなかった内部構造が高い解像度を誇るアルマ望遠鏡によって明らかにされたのです


円盤の構造を強調した画像
円盤の構造を強調した画像。*印で位置が示された原始星を中心に、二筋の塵が渦を描いている。処理過程を示した画像(後述)から一部をトリミング加工(Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Lee et al.)

観測結果を処理した画像には、50万歳という(宇宙のスケールでは)若い原始星に向かって流れ込む二筋の塵が、ぐるぐると渦を巻く様子が写し出されていました。その様子は、まるで家紋の「二つ巴」のようにも見えます

■斜めに見える円盤の画像を処理して正面から見たイメージを作成

地球からは原始星周囲の円盤が斜めに傾いて見えますが、研究チームはアルマ望遠鏡の観測データをもとに、まずは正面から見た場合のイメージを作成しました。ここから回転する円盤の平均的な明るさを差し引くことで、塵の渦を浮かび上がらせることに成功しています。

なお、HH 111に3つある原始星のうち、今回撮影されたものともう1つの原始星は2つで連星を組んでいますが、残る1つの原始星はジェットが噴き出していく方向へずっと離れた場所にいることがわかっています。かつて3つの原始星はもっと接近したところで誕生したものの、重力で影響を及ぼしあった結果、1つが遠くへ飛ばされてしまったものと考えられています


画像の処理過程を示した図
画像の処理過程を示した図。アルマ望遠鏡の観測結果(下段左)を正面から見たイメージに変換し(下段中央)、平均的な明るさを差し引いたところ渦巻き構造が現れた(下段右)。上段はハッブル宇宙望遠鏡が撮影したHH 111の全体像、右に向かって噴き出しているのがジェット(Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Lee et al.)

2019/10/15
Soraeより

Michael Ortega

Posted by moonrainbow on 18.2019 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Tears Won't Heal

相互作用銀河「SDSS J0849+1114」

Posted by moonrainbow on 18.2019 銀河   0 comments   0 trackback
合体する銀河に潜んでいる。接近した3つの超大質量ブラックホールを観測

相互作用銀河「SDSS J0849+1114」の光学観測画像(背景)とX線観測画像(左下)
相互作用銀河「SDSS J0849+1114」の光学観測画像(背景)とX線観測画像(左下)

NASAのX線観測衛星「チャンドラ」によって、合体しつつある相互作用銀河に3つの超大質量ブラックホールが集まっているめずらしい様子が観測されました

■1万~3万光年間隔で集まる3つの超大質量ブラックホール

画像は「かに座」の方向、地球からおよそ10億光年先にある「SDSS J084905.51+111447.2」、略して「SDSS J0849+1114」と呼ばれる相互作用銀河です。この銀河を光学望遠鏡で観測すると、銀河核とみられる3つの明るい部分を中心に、複数の銀河が複雑に絡み合っているように見えます。

この銀河をX線で観測したところ、銀河核らしきそれぞれの部分に強いX線を放つ天体が3つ見つかりました。ここには各銀河の中心にあった超大質量ブラックホールが1万光年から3万光年の間隔で集まっているとみられています。

可視光線(人の目に見える光)は銀河のガスや塵に遮られてしまいますが、X線や赤外線は通り抜けて観測することができます。チャンドラの観測データを使い今回の研究を行ったジョージ・メイソン大学(アメリカ)のRyan Pfeifle氏は、「3重に集まった活動的な超大質量ブラックホール」の強力な証拠だとしています。

これらのブラックホールはいずれ接近・合体するだろうとみられていますが、3つのブラックホールの相互作用によって、合体の過程は2つのブラックホールが合体する場合よりも速やかに進むだろうと予想されています。

画像は「ハッブル」宇宙望遠鏡および全天の約4分の1をカバーする「スローン・デジタル・スカイサーベイ(SDSS)」の観測データ(背景)に、チャンドラによるX線観測データ(左下)が重ねて表示されています


Image: X-ray: NASA/CXC/George Mason Univ./R. Pfeifle et al.; Optical: SDSS & NASA/STScI

2019/10/14
Soraeより

Richard Dillon

Posted by moonrainbow on 17.2019 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Dancing On The Light

系外惑星「GJ 3512 b」

Posted by moonrainbow on 17.2019 太陽系外惑星   0 comments   0 trackback
小さな恒星に大きな惑星。予想外に巨大な太陽系外惑星が発見される

赤色矮星を公転するガス惑星の想像図

赤色矮星を公転するガス惑星の想像図(Credit: University of Warwick/Mark Garlick)ドイツのマックス・プランク天文学研究所は2019年9月26日、従来の理論では予想されていなかったサイズの太陽系外惑星が見つかったことを発表しました

■太陽と木星の比率より4倍も大きな系外惑星

発見された系外惑星の名は「GJ 3512 b」。地球からおよそ30光年先、おおぐま座の方向にある恒星「GJ 3512」を204日周期で公転しています。

GJ 3512 bの質量は最低でも木星の約半分(およそ46パーセント)とみられていますが、予想外だったのは主星であるGJ 3512との重さの比率です。

GJ 3512は太陽よりも小さな「赤色矮星」に分類される恒星で、その質量は太陽の12パーセントしかありません。今回見つかった系外惑星GJ 3512 bは、主星であるGJ 3512の270分の1以上の重さを持つということになります。

いっぽう太陽系の場合、木星の質量は太陽のおよそ1050分の1。主星に対する重さの比率を比べると、GJ 3512 bの比率は木星の4倍近くに達します。別の言い方をすれば、「太陽系に木星4個分以上の重さを持つ惑星が見つかった」ようなイメージです。

地球に近いサイズの系外惑星が7個も見つかっている恒星「TRAPPIST-1」などの例から、「小さな恒星である赤色矮星では、形成される惑星のサイズも小さくなる」と予想されてきました。今回の発見は、この予想を覆すものとして注目されています


7つの系外惑星の想像図
TRAPPIST-1(左端)と7つの系外惑星の想像図。赤色矮星ではこうした小さな惑星が形成されやすいと考えられてきた(Credit: NASA/JPL-Caltech)

■惑星のコアが最初に形成される「コア集積モデル」では説明できない

GJ 3512 bの軌道は、主星からの距離が0.2~0.5天文単位という楕円軌道(離心率およそ0.44)を描いています。研究チームは、過去に存在していた別の系外惑星がGJ 3512 bと相互作用した結果、一方は楕円軌道を描くようになり、もう一方は深宇宙に弾き出されたのではないかとしています。また、観測結果は、GJ 3512 bや弾き出されたものとはまた別の系外惑星が今も存在する可能性を示唆しているといいます。

惑星の形成に関する理論のひとつとして、生まれたばかりの恒星の周囲を取り巻くガスや塵の集まり(原始惑星系円盤)のなかで岩石質の微惑星が誕生し、周囲の塵やガスを急速に集めていく「コア集積モデル」が提唱されています。

しかし、Juan Carlos Morales氏率いる研究チームによると、GJ 3512ほど小さな恒星にGJ 3512 bのような惑星が2つも3つも形成されるケースは、コア集積モデルでは説明できないといいます。

研究チームは、GJ 3512 bはコア集積モデルではなく、主星から10天文単位以上離れた場所にあったガスや塵の集まりが自身の重力で収縮することで形成されたと予想。そのあとで主星に近い現在の軌道まで移動してきたとすれば、理論と観測結果の矛盾も解消されるとしています


Image Credit: University of Warwick/Mark Garlick

2019/9/28
Soraeより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード