Wayne Gratz

Posted by moonrainbow on 19.2017 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Wind and Willow

地球近傍小惑星「2012 TC4」

Posted by moonrainbow on 19.2017 地球   0 comments   0 trackback
木曽観測所の超広視野高速カメラ「トモエゴゼン」が撮影した地球近傍小惑星2012 TC4

木曽観測所による地球接近天体 2012 TC4の観測(2017年10月11日)



10月11日に「トモエゴゼン」が撮影した小惑星「2012 TC4」の移動の様子(200倍速)。撮影時の距離は約42万km(提供:東京大学木曽観測所)

2017年10月12日に小惑星「2012 TC4」が地球に約5万kmまで接近しました。木曽観測所の超広視野高速カメラ「トモエゴゼン」が、この小惑星の軌道決定などを目的として観測を行い、その動画が公開されました

米・ハワイのパンスターズ望遠鏡によって2012年に発見された「2012 TC4」は、直径10~30mほどと推定される小惑星です。この2012 TC4が日本時間の12日14時42分、地球の中心から約5万kmの距離(地球から月までの距離の約13%)まで接近しました

こうした月軌道の内側を通過する直径10m以上の小惑星は、1年間に5件程度確認されています。このサイズの小惑星が地球大気に突入すると、燃え尽きずに地表に到達するため、2013年2月にロシアに落下したチェリャビンスク隕石のような災害をもたらす可能性があります。小惑星の監視体制を整えて天体を発見したり軌道を調べたリすることは、防災や被害軽減(スペースガード)の点できわめて重要です。さらに、将来の衝突危険性がある天体の軌道を正確に求める技術を獲得するという観点からは、地球に影響を及ぼす心配がない既知の天体についても観測が重要となります

東京大学木曽観測所の口径105cmシュミット望遠鏡では、2012 TC4が地球に最接近する前の10日と11日に小惑星の観測を行いました。105cmシュミット望遠鏡は広い視野を持つことが特長で、空を高速に移動する天体の観測や、新しい天体現象を見つけるために空を広く探査する目的に適しています

上記に紹介するのは、望遠鏡に取り付けられた超広視野高速カメラ「トモエゴゼン」が撮影した画像から作られたタイムラプス動画です。約15.5等級の2012 TC4の明るさが回転に伴って12.4分ほどの周期で変動する様子もわかります。

トモエゴゼンは105cmシュミット望遠鏡の広い視野全体を覆うように設計されており、両者の組み合わせによって広視野かつ高感度の動画観測が可能となります。来年予定されているトモエゴゼンの本格稼働により、これまで未発見だった多くの地球接近天体が見つかることが期待されます

2017年10月13日
AstroArtsより

Trisha Yearwood

Posted by moonrainbow on 18.2017 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Sing You Back To Me

重力波天体「GW 170817」で日本観測チームも重力波天体観測

Posted by moonrainbow on 18.2017 重力波   0 comments   0 trackback
日本観測チームも重力波天体の光を初観測 

重力波天体
 
2017年10月16日(現地時間)に発表された5回目の重力波観測ですが、2017年8月17日に観測された重力波の発生時には日本の重力波追跡観測チーム「J-GEM」も追跡観測を実施。そして、重力波天体の放つ光を初観測しています
 
今回アメリカのLIGOと欧州のVirgo(どちらも重力波研究所)が観測した重力波天体「GW 170817」は、中性子星同士の合体で発生したもの。これまでのブラックホールの合体とは異なり、地上からの可視光での観測も可能だったのです
 
そしてJ-GEMに所属するすばる望遠鏡や、名古屋大学と鹿児島大学が運用する南アフリカのIRSF望遠鏡を利用し、GW 170817を観測。これが高密度の天体が合体する際の大規模爆発現象「キロノバ」だと確信し、さらに鉄より重い元素を合成する過程の「r プロセス」を伴うキロノバ放射の理論予測とよく一致していたのです
 
このr プロセスでは、金やプラチナ、レアアースなどの元素の合成が予測されていました。すばる望遠鏡のリリースによれば、今回の観測をシミュレーションしたところ地球質量の1万倍のレアアースのようなr プロセス元素が生成されていたそうです。以前は超新星爆発で生成されると考えられていた重元素ですが、中性子星の合体によるr プロセスで重元素が誕生するとすれば、重元素の起源に迫る大きな一歩になると、すばる望遠鏡のリリースはまとめています
 
Image Credit: 国立天文台

2017/10/17
Soraeより

Bernward Koch

Posted by moonrainbow on 17.2017 癒しの音楽   0 comments   0 trackback
Following stars

中性子星合体(neutron stars colliding)による重力波

Posted by moonrainbow on 17.2017 重力波   0 comments   0 trackback
「中性子星(Neutron Stars)合体による重力波」初観測に成功 

中性子星同士の衝突による重力波

米国のLIGOと欧州のVirgo(それぞれ重力波研究所)は2017年10月16日(現地時間)、2017年8月17日に重力波を観測していたと発表しました。さらに、今回の重力波は初めて中性子星同士の衝突による重力波を観測したものとなります
 
これまで重力波は4回観測されていましたが、それらはすべてブラックホールの合体が原因となり発生したものでした。しかし今回の中性子同士の衝突は巨大な火の玉を生み、地上の望遠鏡からも観測することができたのです
 
今回の重力波は地球から1億3000万光年離れた場所で発生。それぞれの中性子星は太陽質量の1.1倍と1.6倍の重さとなり、お互いの周りを高速で回転した後に衝突したものと考えられています
 
さらに今回の観測では、8月の観測時にLIGOとVirgoが世界の観測機関に警告を発したことで全世界の天文台が観測を行い、重力波の発生を追加確認。さらに観測からは、「金」などの重い元素の誕生も観測されています
 
前述の追加確認には日本の国立天文台なども参加しており、観測結果を発表しています

Jets and Debris from a Neutron Star Collision 



Image Credit: NSF LIGO Sonoma State University / A. Simonnet

2017/10/17
Soraeより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード