直径2メートルの小惑星「2018 LA」

Posted by moonrainbow on 14.2018 地球   0 comments   0 trackback
直径2mの小惑星「2018 LA」がアフリカ南部に落下

小惑星2018 LAの発見時の画像
小惑星2018 LAの発見時の画像。線状に移動しているのが2018 LA(提供:NASA/JPL-Caltech/CSS-Univ. of Arizona)

2018年6月2日に小惑星2018 LAがアフリカ南部上空で大気圏に突入し、多くの人々に火球が目撃されました。軌道計算で地球に衝突することが事前にわかった小惑星としては3例目となります

6月2日8時14分(世界時、以下同。日本時間では17時14分)、地球近傍天体を捜索するカタリナ・スカイ・サーベイの望遠鏡で直径数mの小惑星が発見され、「2018 LA」という仮符号が与えられました。観測報告が小惑星センターに送られて暫定軌道が計算された結果、この天体が地球に衝突する可能性があることが判明しました。落下地域はアフリカ南部からインド洋をはさんでニューギニアまでの帯状の領域と推定されました

2018 LAのデータはNASAジェット推進研究所(JPL)の地球近傍天体研究センター(CNEOS)にも送られ、同センターの自動危険評価システム「Scout」でも、地球に衝突する可能性が高いと判定されました。これを受けて、小惑星観測者のコミュニティとNASA本部の惑星防衛調整室に警報が通知されました(その後、この天体は直径が小さく、被害の恐れがないことが判明したため、NASAからはこれ以降の警報は発令されていない)。

米・ハワイのATLAS小惑星サーベイでも、発見から3時間半後の同日11時49分にこの天体を観測しました。この追加観測データから地球に衝突することが確実となり、落下地点はアフリカ南部に絞られました

2018 LAは軌道予報の通り、発見から8時間半後の同日16時44分ごろに秒速約17kmで地球の大気圏に突入し、高度数kmの上空でばらばらに分解しました。この時刻ごろにアフリカ南部のボツワナや南アフリカで明るい火球が多くの人に目撃され、動画に撮影されています

この落下の直後に、核実験を監視する国際プログラムが設置している南アフリカの監視局で、強い低周波が観測されました。この観測データは、ボツワナの上空で天体が大気圏に突入したという目撃情報とよく合っています。低周波の大きさから、小惑星の直径は2mと推定されています

今回の小惑星2018 LAは、地球に衝突する軌道にあることが事前に判明した小惑星としては3例目です。「地球に衝突する可能性が高いことを落下前に余裕をもって予測できた例としては、まだ2例目にすぎません」(JPL CNEOS所長 Paul Chodasさん)。

小惑星が地球に衝突することが事前にわかった最初の例は、2008年10月7日にスーダン北部に落下した「2008 TC3」です。この天体は直径約4mとやや大きなサイズで、地球衝突の19時間前に発見されたため、多くの追観測を行うことができ、正確な衝突軌道を計算できました。落下地域からは600個あまりの破片が見つかり、「Almahata Sitta隕石」と命名されています(参照:「衝突天体パトロール、落下目前の小惑星を発見」/「衝突前に見つかった小惑星、その後の姿」/「地上の小惑星、砂漠で発見」)。

地球衝突を事前に予測できた2個目の天体は小惑星「2014 AA」で、2014年1月1日に発見され、大西洋に落下しました。発見から落下まで数時間しかなかったため、追観測はできなかった。カタリナ・スカイ・サーベイはこの3天体すべてで初期観測に成功し、天体が地球衝突軌道にあることを確定するのに貢献しています

「今回の天体は私たちが発見任務を負っている想定天体よりもずっと小さいものでした。しかし、こうした現実の現象があるおかげで、天体発見・通報の能力を訓練することができ、私たちの衝突予測モデルが大きな天体の衝突にも十分対応できるという信頼を築くことができます」(NASA本部・惑星防衛官 Lindley Johnsonさん)。

2018年6月5日
AstroArtsより

こんな映像が撮れるのです!

Posted by moonrainbow on 11.2018 地球   2 comments   0 trackback
トリックなし! 巨大な月が迫ってくる驚きの光景

mjpg.jpg
テイデ火山に沈む月。(DANIEL LOPEZ / IAC)

ハリウッド映画のワンシーンのよう。実は超望遠レンズによるリアルな映像です


「この人たちに危険が迫っているわけではありません」。NASAのWebサイトに載った動画説明は、こんな一文で始まります

Moon Setting Behind Teide Volcano


【動画】トリックなし! 巨大な月が沈む動画

 2018年6月1日、NASAがある動画を公開しました。映っているのは、巨大な月が山の尾根に立つ十数名ほどの人々にぐんぐん迫ってくる光景です。月は、まるで空から落ちてくるように、山の向こう側に沈んでいきます

 SF映画にありそうな光景ですが、これはネットで見かける加工された映像ではなく100%リアルな映像です

 動画を撮影したのは、スペインのカナリア諸島を中心に活動する写真家のダニエル・ロペス氏。異世界を思わせるような光景は、2018年5月30日の朝、テネリフェ島のテイデ火山に近い高台から、太陽が昇り、空に浮かぶ満月が地平へと沈むときに撮影されたものです

 ちなみに、5月最初の満月は、「フラワームーン」「コーンプランティングムーン」「ミルクムーン」など、様々な呼び名が世界にあります

 撮影された動画は100%現実で、加工もされていないとすれば、これは望遠レンズが引き起こす現象です

巨大な月の種明かし

 月が巨大に見える理由はシンプルです。ロペス氏は、望遠レンズを使って撮影したので、前景と背景との間の見かけ上の距離が大幅に圧縮されて見えます

 いわゆる望遠レンズの「圧縮効果」です。カリフォルニアの海岸から遠くを泳ぐクジラを撮影するときにも使われる撮影テクニックで、クジラが岸のすぐそばの水面に浮かび上がっているような写真が撮れます

 動画で、豆粒のように見える人々は、15キロメートルほど先にある火山に立っています(月は約38万キロ先にある)。動画では、火山の山頂がちょうど輝く満月にかかる配置で撮影されています

 月が早く動いているのは、タイムラプス撮影や動画の早回しに思えるが、これも違います

 そう見えるのは、地球の自転です。地球の自転速度は、時速約1700キロ。地表でくらす私たちは、地球が回転していることをふだんは意識しないです

 でも、上空の天体、あるいは地表の影を観察すれば、自転していることがわかるのです。月の動く様子も圧縮効果によるものです。地球と月の距離が極端に圧縮されて見えるため、肉眼ではわずかな動きも、望遠レンズなら刻々と動き続けるさまを撮影できるのです

灯台の背後からのぼる赤い満月
2017年7月10日、米国のボストン灯台の背後からのぼる満月。(PHOTOGRAPH BY BABAK TAFRESHI)

2018年6月11日
ナショナル ジオグラフィックより

火星を「体験」出来るドーム型ホテル

Posted by moonrainbow on 11.2018 地球   0 comments   0 trackback
ヨルダンの砂漠で火星を「体験」出来るドーム型ホテルが登場

ドーム型ホテル

ドーム型ホテル1
既存の宿泊設備を拡充する形でドーム型客室20基を設置

1962年の映画「アラビアのロレンス」の舞台にもなった、ヨルダン最大の砂漠ワディラム。オレンジ色の砂丘に吹きさらしの山々が連なる光景は、まるで別の惑星のようにも思えます

この砂漠の真ん中で、火星に着陸したような体験を楽しめるというホテルが開業しました

砂漠に点在するドーム型の客室20室は、リドリー・スコット監督の映画「オデッセイ」に着想を得たといい、3年前に開業したホテル「サンシティキャンプ」の拡張に伴って、2017年登場しました

「マーティアン・ドーム(火星人ドーム)」と呼ばれるこの客室は、宇宙船のようなテントにガラスの壁をあしらった構造で、目の前に砂漠の光景が広がります

広さは40平方メートルで、4人まで宿泊可能。浴室やエアコンの設備もある。1泊の料金は朝食と夕食込みで約320ドル(約3万4500円)

観光客の多くはペトラなどからの日帰りツアーでワディラムを訪れます。地元の人が運営するキャンプ場はあるものの、快適に滞在できるホテル型の施設は数少ないです

マーティアン・ドームからは満点の星空も眺められます。「お客様にはワディラムの夜の自然の美しさを堪能してほしい」「星空は素晴らしく、砂漠の静寂に圧倒される」と経営者のサルタン・アルナワフレハ氏は言う

日中は乗馬やラクダ乗り、バギーや四駆車のツアー、気球、ロッククライミングなどに参加できます。こうしたアクティビティーは全て、地元の遊牧民ベドウィンが運営しています

アルナワフレハ氏は、サウジアラビアやオマーンにも同じようなキャンプ施設を開設するため、政府と交渉を進めています

2018年4月23日
CNNより

隕石中のダイヤモンドは原始太陽系の残骸だった

Posted by moonrainbow on 25.2018 地球   0 comments   0 trackback
隕石中のダイヤモンドは原始太陽系の残骸だった

隕石の中にあるダイヤモンド
スーダン、ヌビア砂漠に落下した黒いユレイライト隕石のかけら。砂漠の大部分を占める、明るい色の石とは対照的だ。(PHOTOGRAPH BY PETER JENNISKENS, SETI INSTITUTE, NASA AMES)
太陽系初期に誕生、すぐに消滅した原始惑星の「初の有力な証拠」

 地球に落ちた隕石の中にあるダイヤモンドが、太陽系のごく初期に生まれ、激しい衝突ですぐに消滅してしまった原始惑星のものだったという研究結果が発表されました。2018年4月17日付けの学術誌「ネイチャーコミュニケーションズ」に掲載された論文によると、ユレイライトと呼ばれる希少な隕石中のダイヤモンドは、太陽系原始惑星の「初の有力な証拠」であるという事です

太陽系のはじまり

 もし人類が時間を過去にさかのぼれて、私たちの太陽系を見たとしても、最初の1000万年間はそれとは気づかないでしょう。というのも、天文学者たちは、ガスやちり、岩石でできた水星か火星ぐらいの原始惑星が何十個も、生まれて間もない太陽の周りをぐるぐる回っていたと考えているからです

 ほどなく、これらの天体は衝突して粉々になったり、太陽系の外に完全に押し出されたりした。その残りものが現在私たちが知っている太陽系、つまり、太陽の周囲を回る8つの惑星と、小惑星、その他の岩石などです

 しかし、原始惑星だった証拠を岩石中に見つけるのは簡単ではなかったです

顕微鏡から見える宇宙

「宇宙を研究するというと、普通は望遠鏡の話になりますが、過去のこととなると話は違います。今回、我々は電子顕微鏡を用いました」。論文の著者の1人で、スイスの研究機関、スイス連邦工科大学ローザンヌ校のファルハング・ナビエイ氏は話しています。

 ナビエイ氏はまず、2008年にスーダンのヌビア砂漠に落下したユレイライトの一部を調べました。この隕石には微小なダイヤモンドが含まれています。ダイヤモンドは極めて高い圧力に耐えられることから、研究者たちは、鉱物を保存する完璧な入れ物だと高く評価してきました。例えば2018年3月、地球の奥深くでできたダイヤモンドから、これまで確認されたことのない鉱物が見つかっています

 電子顕微鏡で観察すると、隕石中のダイヤモンドは、鉄や硫黄を含む特殊な鉱物を確かに閉じ込めていました。またそれらの鉱物は、20ギガパスカルを超える高圧の下でできた可能性が高いことが明らかになりました。ちなみに、体重85キロの男性が歩くときは足裏全体におよそ1万4000パスカルの圧力がかかります。1ギガパスカルは10億パスカルに等しい

「地球以外で生まれたダイヤモンドに含有物を見つけたのははじめてです」と、ナビエイ氏は話しています

480個のユレイライト

 論文の著者らによると、こうした高い圧力が生じるのは、初期太陽系にたくさんあったとされる原始惑星のような、大きな天体の内部しか考えられないというのです

「今回の発見で、太陽系の形成に関する理論が裏付けられました」とナビエイ氏

 地球で回収された隕石のうち、ユレイライトに分類できるのは480個。ナビエイ氏は、地球外からの物質をさらに多く用い、そこに隠されているかもしれない宇宙の歴史を明らかにしたいと計画を立てています。

「初期太陽系で惑星がどう形成され、どう発達したのかについて、ユレイライトは有力な手掛かりになる可能性があります」と、ナビエイ氏は付け加えました

2018年4月19日
ナショナル ジオグラフィック日本版より

地球を覆うチューブ状プラズマ構造

Posted by moonrainbow on 06.2018 地球   2 comments   0 trackback
地球上空に存在する巨大なプラズマチューブ

プラズマ構造

その存在はずっと疑われてきましたが、地球を覆う磁気圏の内層でチューブ状プラズマ構造の視覚的な証拠が捉えられたのは2015年のことです

 「60年以上も、科学者はその存在を信じてきましたが、それを史上初めて撮影することで、本当にあるのだという視覚的証拠がついに手に入れました」とARC全天天体物理学センター・オブ・エクセレンス(ARC Centre of Excellence for All-sky Astrophysics/CAASTRO)と豪シドニー大学のクレオ・ロイ博士は語っています

 ロイ博士はこの分野の第一人者で、大学の卒論の一環として、その成果を『Geophysical Research Letters』で発表しました

 プラズマ構造は動画で紹介されています

Cosmic cinema: astronomers make real-time, 3D movies of plasma tubes drifting overhead



地球の周囲にあるプラズマ圏

 磁気圏という磁場に覆われている地球周囲の宇宙は、太陽の光でイオン化した大気が作り出すプラズマで満たされています

 磁気圏の最も内側の層がイオン圏で、その上にはプラズマ圏があります。そこにはチューブ状のものをはじめ、各種の奇妙な形のプラズマ構造が組み込まれています

 計測によれば、位置は地上からおよそ600キロ上空で、イオン圏上部ではその上のプラズマ圏へと続いてます。ニュートラルな大気が終わるのはこのあたりで、そこから外宇宙のプラズマへと遷移しているそうです

 ロイ博士は、西オーストラリア砂漠に設置された電波望遠鏡「マーチソン広視野アレイ(Murchison Widefield Array)」で、空の巨大な区画をマップ化し、その高速撮影機能で動画を作れることを発見しました。こうしてリアルタイムでプラズマが動く様子を捉えることに成功したのです

 この研究によって、博士には2015年にオーストラリア天文学会からボーク賞が贈られました

2018年04月03日
カラパイアより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード