fc2ブログ

月探査機「SLIM」日本初の月着陸に成功

Posted by moonrainbow on 20.2024   0 comments   0 trackback
【速報】JAXA月探査機「SLIM」日本初の月着陸に成功 ただし太陽電池が発電できない状態

2024-01-20-SLIM-JAXA-landing.jpg
月着陸運用中の管制室の様子。宇宙航空研究開発機構(JAXA)のライブ配信から

JAXAの無人探査機「SLIM」が日本初の月面着陸に成功 世界で5カ国目(2024年1月20日)



小型月着陸実証機(SLIM)ミッション概要



宇宙航空研究開発機構(JAXA)は日本時間2024年1月20日2時10分、小型月着陸実証機「SLIM」の月着陸を確認したと発表しました。月面への着陸に成功したのは日本では初めて、世界では旧ソ連・アメリカ・中国・インドに次いで5か国目となります。ただし、探査機の太陽電池は電力を発生していない状態になっており、発表時点でSLIMはバッテリーに残った電力のみで稼働している状態だということです。【最終更新:2024年1月20日2時台】

SLIMは月面へのピンポイント着陸技術を実証するために開発された無人探査機です。JAXAのX線分光撮像衛星「XRISM」とともに「H-IIA」ロケット47号機に相乗りする形で2023年9月7日に種子島宇宙センターから打ち上げられ、同年12月25日に月周回軌道へ投入。2024年1月10日には着陸降下準備フェーズへ移行することが決定され、日本時間2024年1月19日22時40分には着陸降下に備えて高度約600×15kmの楕円軌道に投入されていました

20240120-00010000-sorae_jp-001-2-view.jpg
参考画像:SLIMに搭載されているマルチバンド分光カメラ(MBC)による観測のイメージ図。想定通りの姿勢で月面に接地した状態で描かれている

JAXAによると、日本時間2024年1月20日0時0分頃に着陸降下を開始したSLIMは、日本時間2024年1月20日0時20分頃に月面へ着陸したことが確認されました。ただし、前述の通り探査機の太陽電池は電力を発生していない状態になっており、発表時点でSLIMはバッテリーに残っている電力のみで稼働しています。着陸後に電波を受信できていること、太陽電池だけが損傷するような状況は考えにくいといった理由から、SLIMは軟着陸(ソフトランディング)に成功したものの、機体に固定されている太陽電池の向きが想定とは違う方向を向くような姿勢になってしまっているものとみられます。

バッテリーの電力は数時間持つとみられており、JAXAはヒーターの電源を切るなど延命措置を施した上で、今後の分析に役立てられる航法データの取得や、岩石の組成を測定するために搭載されている「マルチバンド分光カメラ(MBC)」の稼働を優先しているということです。SLIMがどのような姿勢で接地しているのかはまだ確認されておらず、姿勢次第では今後太陽電池に太陽光が入射して電力が発生するようになる可能性もあるようです。

また、SLIMに搭載されていた小型の探査ロボット「LEV-1」および「LEV-2(愛称:SORA-Q)」は正常に分離された模様です。探査ロボットのカメラでSLIMを撮影することに成功していれば、画像を取得することでSLIMがどのような状態になっているのかを確認できる可能性もあります。

ミッションの概要については以下の関連記事もご覧下さい。なお、SLIMがピンポイント着陸に成功したかどうかはデータを分析した後、着陸から1か月後程度を目処に改めて発表されることがあらかじめ決まっています。

SLIMについては新しい情報が発表され次第お伝えします


Source
JAXA - 小型月着陸実証機(SLIM)の月面着陸の結果について

2024年1月20日
sorae 宇宙へのポータルサイトより

小型月着陸実証機「SLIM」,日本時間2024年1月20日未明に月着陸を実施する予定

Posted by moonrainbow on 18.2024   0 comments   0 trackback
JAXA月探査機「SLIM」着陸降下準備フェーズに移行 1月19日深夜から月着陸運用をライブ配信

20240115-00010000-sorae_jp-000-1-view.jpg
月周回軌道に到着した小型月着陸実証機「SLIM」の想像図

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2024年1月15日、小型月着陸実証機「SLIM」の運用が着陸降下準備フェーズに移行したことを明らかにしました。SLIMは早ければ日本時間2024年1月20日未明に月着陸を実施する予定です。【最終更新:2024年1月15日11時台】

月面へのピンポイント着陸技術を実証するために開発されたSLIMは、JAXAのX線分光撮像衛星「XRISM」とともに「H-IIA」ロケット47号機に相乗りする形で、2023年9月7日に種子島宇宙センターから打ち上げられました。打ち上げから約1か月後の2023年10月4日には地球を公転する月の重力を利用して軌道を変更する月スイングバイを実施。それから2か月半後の日本時間2023年12月25日16時51分、SLIMは月の北極と南極の上空を通過する高度約600km×約4000km、周期約6.4時間の極軌道に投入されました。

JAXAによると、SLIMの月周回軌道投入後の運用状況や今後の計画を踏まえて、2024年1月10日に着陸降下準備フェーズへ移行することが決定。遠月点(軌道上で月から最も遠ざかる点)を低下させるためのマヌーバ(姿勢や軌道の制御)が日本時間2024年1月14日17時32分に実施され、SLIMは予定通り高度約600kmの円軌道に投入されました。機体の状態は正常で、今後は着陸に備えて2024年1月19日に近月点(軌道上で月に最も近付く点)を高度15kmまで低下させる予定だということです


20240115-00010000-sorae_jp-001-1-view.jpg
SLIMに搭載されているマルチバンド分光カメラ(MBC)による観測のイメージ図

SLIMの着陸予定地点は神酒(みき)の海付近にあるシオリ・クレーター(Shioli、直径約300m)の近くです。月着陸の目標日時は日本時間2024年1月20日0時20分頃で、同日0時0分頃に着陸降下が開始される予定です。着陸後はSLIMに搭載されている「マルチバンド分光カメラ(MBC)」による岩石の組成測定や、着陸直前に分離された小型の探査ロボット「LEV-1」および「LEV-2(愛称:SORA-Q)」による画像取得などが行われることになっています。

なお、JAXAはSLIMの月着陸運用と記者会見の様子をYouTubeの公式チャンネルにて日本時間2024年1月19日23時からライブ配信するということです。SLIMの月着陸まであと4日余り、日本初の月着陸成功を心から祈ります!


Source
JAXA - 小型月着陸実証機(SLIM)の着陸降下準備フェーズへの移行について
JAXA - 小型月着陸実証機SLIM ピンポイント月着陸ライブ・記者会見(YouTube)

2024年1月15日
sorae 宇宙へのポータルサイトより

月探査機SLIM、着陸は来年1月20日

Posted by moonrainbow on 11.2023   0 comments   0 trackback
「試される最後の20分」 月探査機SLIM、着陸は来年1月20日

AS20231205002473.jpg
月に着陸する探査機SLIMのイメージ=JAXA提供

小型月着陸実証機(SLIM)ミッション概要



 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、9月に打ち上げた月探査機「SLIM(スリム)」の月面着陸を来年1月20日未明に実施すると発表した。着陸に成功すれば、旧ソ連、米国、中国、インドに次いで世界で5カ国目となる

 H2Aロケットで打ち上げられたSLIMは、現在は月軌道より遠い位置にいる。計画では、今月25日に月周回軌道に入り、来月20日午前0時ごろに高度15キロから降下を始め、約20分後に月の赤道の南にある「神酒(みき)の海」への着陸をめざす。

 天体への着陸は、小惑星、火星、月の順で難しさが増すとされる。月の重力に引っ張られ、落下速度が急激に増す中、大気がなくパラシュートが使えないため、逆噴射で速度を抑え、機体を制御する高い技術が必要だ。

 JAXAの坂井真一郎・プロジェクトマネージャはこの日の記者会見で「試されるのは着陸の最後の20分。20年かけて開発してきたものが、最後に試される20分がやってくる。何とかしてクリアしなければ」と語った。

 たった20分で時速6400キロから急減速し、800キロ先に降りる技術。月を日本列島に例えるなら、航空機の数倍の速さで北海道の新千歳空港を出発し、20分後に兵庫県の甲子園球場内に着地するほどの難しさという。

 重力の弱い小惑星への着陸と異なり、降下を始めたら後戻りできない「一発勝負」(坂井さん)となる


2023年12月5日
朝日新聞デジタルより

宇宙ベンチャーのispace(アイスペースの月探査計画「HAKUTO-R」

Posted by moonrainbow on 23.2023   0 comments   0 trackback
ispace、来冬に2回目の月面着陸挑戦、「準備は順調」

top_sence2_pc.jpg

20231116-00000106-reut-000-1-view.jpg
宇宙ベンチャーのispace(アイスペース)の袴田武史代表取締役CEO(最高経営責任者)は16日、月探査計画「HAKUTO-R」で2024年の打ち上げを予定する2回目の挑戦「ミッション2」を同年冬に行うと表明した。写真は「HAKUTO-R」の月探査機。東京で4月撮影。(2023年 ロイター/Kim Kyung-Hoon/File photo)
Maki Shiraki

宇宙ベンチャーのispace(アイスペース)の袴田武史代表取締役CEO(最高経営責任者)は16日、月探査計画「HAKUTO-R」で2024年の打ち上げを予定する2回目の挑戦「ミッション2」を同年冬に行うと表明した

袴田CEOはミッション2の進捗報告会で「準備は順調に進んでいる」と述べ、継続的な複数のミッションのための資金調達も並行して行い、「今後の長期的な持続可能性を確保してきている」と話した。

ミッション2では、初回の挑戦での成果を踏まえた月着陸船の設計・技術、月面の輸送・データサービス提供という事業モデルのさらなる検証と強化を目指す。月面探査車が着陸地点で周辺を探査し、米国航空宇宙局(NASA)との契約に基づき「レゴリス」と呼ばれる月の土を採取してその所有権をNASAに譲渡することも計画する。

11月にスウェーデンの土木鉱山機械メーカー、エピロックと「コーポレートパートナー」契約を締結。同社はレゴリス採取に使われるスコップを設計開発したほか、ペイロード(搭載品)を制御する電子機器やソフトウエアを設計。両社は今年初めには長期的な協力協定を結んでおり、既存・将来の商業的な月でのミッションの技術やソリューション分野で協業する。

ミッション2では5つのペイロードを輸送予定で、そのひとつが高砂熱学工業が開発した月面用水電解装置。この装置で水素・酸素の生成実験を行う計画で、飲料水や燃料などの生産につながれば月面での生活や活動が可能になる。宇宙での食料生産に向けた月面環境実験として、ユーグレナの藻類バイオ観測機能を持つ自己完結型モジュールなども運ぶ。

ispaceは今年4月12日に東京株式市場に上場。10月には経済産業省の「中小企業イノベーション創出推進企業」において予算額(補助上限)120億円の補助対象事業にも採択された。4月26日未明、民間企業として初めて挑んだ月面着陸は失敗したが原因は把握できており、月着陸船の基本構造は大きく変更せずソフトウエア改良などで改善を図って2回目のミッションに挑む


2023年11月16日
ロイターより

H-IIAロケット47号機打ち上げ成功

Posted by moonrainbow on 07.2023   0 comments   0 trackback
H-IIAロケット47号機打ち上げ成功 JAXAの「XRISM」と「SLIM」を搭載

20230907-00010000-sorae_jp-000-1-view.jpg

【速報】H2Aロケット47号機打ち上げ 月探査機など搭載(2023年9月7日)


種子島宇宙センターから打ち上げられたH-IIAロケット47号機。JAXAのライブ配信から引用

三菱重工業株式会社は2023年9月7日、「H-IIA」ロケット47号機の打ち上げに成功しました。搭載されていた宇宙航空研究開発機構(JAXA)のX線分光撮像衛星「XRISM(クリズム)」と小型月着陸実証機「SLIM(スリム)」について、三菱重工業はロケットからの分離が確認されたと報告しています

打ち上げに関する情報は以下の通りです

■打ち上げ情報:H-IIA 202(XRISM&SLIM)

ロケット:H-IIA 47号機
打ち上げ日時:日本時間2023年9月7日8時42分【成功】
発射場:種子島宇宙センター 大型ロケット発射場(日本)
ペイロード:XRISM、SLIM


XRISMは2016年に打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」(運用終了)の後継機としてアメリカ航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)などとも協力して開発された科学衛星で、星や銀河だけでなく銀河の集団が形作る大規模構造の成り立ちに迫ることが期待されています。

SLIMは月面へのピンポイント着陸技術を検証するための探査機です。斜面への着陸に対応するために着陸直前に機体を斜めに傾けて横向きに接地するという特徴的な着陸方法が採用されており、科学的に興味深い「着陸したい場所」への高精度着陸の実現に貢献することが期待されています。

なお、SLIMには月面着陸直前に分離される「LEV-1」および「SORA-Q」という2機の探査ロボットが搭載されていて、月面到達後に画像の取得と地球へのデータ送信を連携して行う予定です


slim_main_001.jpg
【▲ 小型月着陸実証機「SLIM」の想像図(Credit: JAXA)】

SORA-Q-21_original.jpg
【▲ SLIM、SORA-Q、LEV-1の月面着陸イメージ(Credit: タカラトミー)】

SORA-Q-22_original.jpg
【▲ SLIM、SORA-Q、LEV-1の月面着陸イメージ(Credit: タカラトミー)】

SORA-Q-10_original.jpg
【▲ 変形型月面ロボット「SORA-Q(LEV-2)」。左は変形前、右は変形後の様子(Credit: タカラトミー)】

SORA-Q(ソラキュー)、JAXAとタカラトミー等の共同開発によって生まれた、超小型の変形型月面ロボットの映像です


【▲ タカラトミーによるSORA-Qの紹介動画】
(Credit: タカラトミー)

2023年9月7日

sorae 宇宙へのポータルサイトより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード