ケフェウス座の渦巻銀河NGC 6946に12.8等の明るい超新星を発見

Posted by moonrainbow on 22.2017 ニュース   0 comments   0 trackback
ケフェウス座の銀河に13等の明るい超新星が出現

SN2017eaw in NGC6946
ケフェウス座の超新星(撮影:モンドシャルナさん)

米・ユタ州のPatrick Wigginsさんが2017年5月14日5時40分ごろ(世界時。日本時では同日16時40分ごろ)、ケフェウス座の銀河NGC 6946に超新星候補天体を12.8等で発見しました

2017eawの符号が付けられた後、中国などで行われた分光観測により爆発後間もないIIP型超新星らしいことが確認されました。
NGC 6946周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星
NGC 6946周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星。

2017年に入ってからすでに240個以上の超新星が発見されているが、14等より明るいものは今回のSN 2017eawだけであり、13等より明るいものとなると2014年1月におおぐま座のM82に出現したSN 2014J以来となります。SN 2017eawの明るさが極大となるのは約1週間後とみられており、今後の光度変化が非常に楽しみです。赤緯が高く見やすいので、ぜひ観測や撮影に挑戦して下さい

母銀河となったNGC 6946は約1800万光年と近いところにある大きく美しい渦巻銀河です。これまでに多くの超新星出現が記録されており、SN 2017eawが過去100年で10個目となります。近距離であることからSN 2017eawは研究対象としても大いに注目されており、過去画像から爆発前の恒星とみられる候補天体の同定なども行われています

2017年5月16日
Astro Artsより

「エリダヌス座ε星」

Posted by moonrainbow on 14.2017 ニュース   0 comments   0 trackback
10.5光年先に若い太陽系そっくりの惑星系

エリダヌス座ε星系の想像イラスト
エリダヌス座ε星系の想像イラスト。右下に系外惑星があり、小惑星帯や別の帯なども描かれている(提供:NASA/SOFIA/Lynette Cook)

NASAの空飛ぶ天文台「SOFIA」で10.5光年彼方の「エリダヌス座ε星系」を観測したところ、構造の一部が太陽系にとてもよく似ていることがわかりました

地球から10.5光年と近いところに位置する4等星「エリダヌス座ε星」は、太陽よりもやや小さい、誕生から7億年ほどの若い恒星です。この星には2000年に、木星の3倍ほどの質量を持つ系外惑星が見つかっています

これまでの研究で、エリダヌス座ε星系には「デブリ円盤」が存在することが示唆されていました。デブリとは、星の周りに惑星系が形成された後に残されたガスや塵、岩石質や氷質の小天体などです。そのデブリで構成された円盤は幅が広く連続的に広がった形状のこともあれば、太陽系における小惑星帯や海王星以遠のカイパーベルトのように帯状のこともあります

米・アリゾナ大学のKate Suさんたちの研究チームは、航空機天文台「SOFIA」を使ってエリダヌス座ε星系の遠赤外線観測を行い、ガスや塵といった暖かいデブリが系のどの位置に存在するかを調べました。そして、暖かいデブリが惑星の軌道付近に細い帯状に分布していることが確かめられ、これまでに考えられてきたモデルの一つに合致する結果が得られました。この位置は、太陽系の小惑星帯の付近に相当します。さらに理論的には、太陽系の天王星軌道あたりにも帯が存在することが示唆されています

「太陽系における海王星のように、外縁領域の塵を押しとどめているような天体も存在するかもしれません。エリダヌス座ε星系は太陽系の若いころの姿を見ているようなものですから、非常に興味深い研究対象です」(Suさん)

太陽系(上下段それぞれの上)とエリダヌス座ε星系の比較イラスト
太陽系(上下段それぞれの上)とエリダヌス座ε星系の比較イラスト。上段は内側(太陽系における木星より内側)の比較、下段は外側の比較。「proposed planet」は存在が推測される未発見の惑星(提供:NASA/JPL/Caltech/R. Hurt (SSC))

2017年5月9日
Astro Artsより

NASAが緊急発表!

Posted by moonrainbow on 13.2017 ニュース   0 comments   0 trackback
NASAが“新発見”発表へ!地球外生命の可能性?

solarsystemswater.jpg
Credits: NASA

日本時間の2017年4月14日未明にNASA(アメリカ航空宇宙局)が新たな発表をします。期待が高まるのは地球外生命の可能性です

 今から20年前、探査機「カッシーニ」が土星などを観測するため、宇宙へ飛び立ちました。この最新の観測結果をもとに、2017年4月14日、NASAが重大な発表をするといいます(NASA TV)

Enceladus.jpg

 「太陽系の中の地球外生命に関係する発表だと思う。発表メンバーを見ると土星の月(衛星)の一つ、エンセラダス(Enceladus)という天体の海に関する、生命に迫るような発見なのでは」(東京大学 地球惑星科学 関根康人 准教授)

 土星の衛星「エンセラダス」。表面を覆う厚い氷の下には、広大な海が存在します。これまでにカッシーニは、エンセラダスの氷の下から宇宙空間に噴出する海の水の中を通り、成分を分析。生命の存在に必要な水と有機物、そして熱がそろっていることを突き止めていました

 「生命がもしいるなら、どういうものを食べているか、どういう物質をつくり出しているか」(東京大学 地球惑星科学 関根康人 准教授)

Q.もしエンセラダスに生命がいたら?
 「海底面の岩石の表面に非常に小さい、微生物のようなものが存在しているのでは」(東京大学 地球惑星科学 関根康人 准教授)

 
TBS系(JNN)より
2017年4月13日

「Chandra Deep Field-South(CDF-S)」領域内で新種の謎の天体爆発

Posted by moonrainbow on 10.2017 ニュース   0 comments   0 trackback
X線の激しい閃光で発見された新種の謎の天体爆発

CDF-SのX線源
CDF-SのX線源。下段は変光の様子(提供: NASA/CXC/Pontifical Catholic University/F. Bauer et al.)

X線観測衛星「チャンドラ」がX線の激しい閃光を生じる謎の天体爆発を発見しました。わずか数分で母銀河に存在するすべての星の数千倍ものエネルギーが放出されており、新しい天体現象である可能性が指摘されています

2014年10月1日、NASAのX線観測衛星「チャンドラ」が、ろ座の方向にある「Chandra Deep Field-South(CDF-S)」と呼ばれる領域内に謎のX線放射を観測しました。このX線源は、ほんの数時間で少なくとも1000倍も明るくなり、約1日でチャンドラの感度以下まで暗くなったのです

ハッブル宇宙望遠鏡と赤外線宇宙望遠鏡「スピッツァー」の過去の観測データを調べたところ、この現象が地球から107億光年離れた淡く小さい銀河で起こっていたことが明らかになりました。つまり同X線源は、数分ほどでこの銀河内にあるすべての星の数千倍ものエネルギーを放出したことになります

この現象の正体は不明です。候補としてはたとえば、大質量星の重力崩壊や、中性子星同士や中性子星とブラックホールとの合体により引き起こされる爆発現象「ガンマ線バースト現象(GRB)」である可能性が考えられます。GRBのジェットが広がってエネルギーを失い弱くなると、X線などが等方的に放射されるようになり今回のような閃光として見えるというものです。あるいは、GRBのジェットが地球方向に向いていなかったり小銀河の向こう側で起こったりしたという可能性もあります

さらに別の可能性として、中質量ブラックホールが、そこに接近してきた白色矮星を潮汐力によって破壊した際に生じたものだという説もあります

しかし、これらの説はどれも観測データと完璧には合っておらず、チャンドラがCDF-S以外の他の領域で行った観測で似た現象が発見されたこともないのです。別の楕円銀河で原因不明の変光X線源が見つかったことはあるものの、継続時間や明るさ、母銀河の大きさなどの特徴が異なっています

「まったく新しいタイプの激しい変動事象を観測したのかもしれません。それが何であれ、どういった原因で生じたのかを解き明かすために、より多くの観測が必要です」(スイス・チューリッヒ工科大学 Kevin Schawinskiさん)

もしX線閃光が中性子星とブラックホールとの合体や、中性子星同士の合体により引き起こされたGRBで生じていたとすれば、重力波も発生していたはずです。「近い将来、レーザー干渉計重力波天文台『LIGO』でより多くの重力波事象が検出できると期待しています。それに伴ったX線放射が検出できれば、中性子星などコンパクト星合体の物理をかなりはっきりさせることができるでしょう」(カブリIPMU Alexey Tolstovさん)。

2017年4月3日
Astro Artsより

M77の活動銀河中心核のすぐそばにある分子ガス雲

Posted by moonrainbow on 27.2017 ニュース   0 comments   0 trackback
超大質量ブラックホールのそばに新種の分子ガス雲(愛媛大学 宇宙進化研究センター

M77.jpg
M77(左下)(撮影:kamui γさん。投稿画像ギャラリーより)

銀河中心の超大質量ブラックホールのすぐそばにある分子ガス雲の質量と星生成率が調べられ、従来の研究で欠けていた部分を埋める新種のガス雲であることがわかりました

天の川銀河の近傍(数億光年ほど)に存在する銀河のうち1割程度は、ひときわ明るく見える中心部分「活動銀河中心核」を持っています。これらの銀河の中心では、太陽の100万倍以上の質量を持つ超大質量ブラックホールにガスや塵が降り積もり、その時に解放される重力エネルギーが可視光線などの電磁波として放射されます

こうした活動銀河中心核の周辺に存在するガスや塵の性質、とくにそこからどの程度の割合で星が誕生するかを解明するため、徳島大学の古谷玲さんと放送大学の谷口義明さんはアルマ望遠鏡による電波観測データを解析しました。

古谷さんたちは、くじら座の方向約5000万光年彼方にある活動銀河中心核を持つ渦巻銀河M77について、銀河中心からわずか50光年の至近距離に位置する分子ガス雲の性質を調べました。この分子ガス雲は太陽の約20万倍の質量を持ち、活発に星を生んでいますが、その質量と星生成率は、これまでの研究で「ギャップ」となっていた部分を埋めるものであることが明らかになりました

従来の研究で、分子ガス雲の質量と星生成率との間には良い相関があることが知られていました。しかし、「天の川銀河の分子ガス雲」と「活発に星を生んでいる遠方の銀河の分子ガス雲」の間には明瞭なギャップがあり、その部分がどうなっているのかは謎でした。M77の活動銀河中心核のすぐそばにある分子ガス雲は、まさにそのギャップを埋めるものです

分子ガス雲の質量と星生成率との相関関係
分子ガス雲の質量と星生成率との相関関係。天の川銀河の中にある分子ガス雲と活発に星を生んでいる遠方の銀河との間には同じ関係が見られ、その間にあるM77(NGC 1068)の分子ガス雲(☆マーク)も同じ関係にフィットしている(提供:プレスリリースより、原図提供:Charles Lada)

古谷さんらは当初「活動銀河中心核の周辺にある分子ガス雲は、超大質量ブラックホールの重力場や強烈な電磁波、ジェットによる影響を受けているはずなので、天の川銀河にある普通の分子ガス雲とは性質が違っているはずだ」と考えていました。しかし予想に反し、超大質量ブラックホールのすぐそばという過酷な環境においても、今まで知られていた法則にしたがって星が生まれていたことが明らかになったのです。分子ガス雲と星生成率の間にある法則が普遍的であることを示す結果です

今回の発見により、宇宙における星生成の原因を統一的に理解する研究への道が拓けてきました。さらに、他の活動銀河中心核の周辺にある分子ガス雲を系統的に研究することで、活動銀河中心核とその母銀河の進化に関する研究も進展することが期待されます。

2017年3月16日
Astro Artsより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード