fc2ブログ

系外惑星「けんびきょう座AU b」

Posted by moonrainbow on 07.2023 太陽系外惑星   0 comments   0 trackback
蒸発する惑星がわかる「しゃっくり」

38827_illustration.jpg
けんびきょう座AU b
主星(赤)の手前を通過する惑星「けんびきょう座AU b」(黒)のイラスト。 この惑星は慎重な主星に近づくため、激しい恒星風と紫外線が惑星の大気を加熱して水素ガスが流れている(提供:NASA、ESA、Joseph Olmsted (STScI))

若い赤色矮星を巡る系外惑星から水素ガスが流れている様子が観測された

けんびきょう座AUは地球から32光距離にある赤色矮星(M型矮星)で、年齢は約2300万年と推定されています。2020年に宇宙望遠鏡「スピッツァー」と「TESS」によって、系外惑星「けんびきょう座AU b」がトランジット法(主星減光から惑星の存在を検出する方法)で発見された。 惑星は主星からわずか960万kmの距離(水星の歩道半径の約) 1/10)を8.46日周期で公転している。 半径は地球の約4倍というガス惑星で、海王星よりやや大きい。これまでに発見された系外惑星系の中で最も若いもの一つだ。

米・ダートマス大学のケイリー・ロッククリフさんたちの研究チームがハッブル宇宙望遠鏡を使い、この惑星によるトランジットを1年3ヶ月間2回観測したところ、最初のトランジット(惑星が主星の手前を横切る現象)では普通の減光しか観測されなかったが、2回目のトランジットでは、惑星本体による減光に先立って、惑星から流出した水素ガスによる減光がはっきりと決められた。ヘッドライトのように、惑星の「前方」に噴き出しているのだ。

「トランジットを起こす系外惑星が、これほど短い間、流れ大気を完全に検出できない状態から確実に検出できることが確実に変わるのは見られません。私たちは非常に規則正しく予測可能な変化が観測されています」 「されると思っていたので、最初に見たところ間違いかと思いました」(ロッククリフさん)。

けんびきょう座AUのような赤色矮星は天の川銀河の中で最もありふれた恒星で、天の川銀河ある系外惑星の大半は赤色矮星を主星に持って考えられる。は、生命の存在には適さないかもしれない。

恒星大気の運動によって強力な磁場がもつれ、フレアが発生する。とフレアとX線が惑星を直撃するのだ。

ついでに、赤色矮星の活動期は太陽のような星より長い。大きく負けるかもしれない。

「私たちはどんな惑星が静かな環境を生き延びるのかを突き止めたいと思っています。主星の活動が落ち着いた後に惑星はどのように見えるのか。最終的には、生命の存在の可能性はあるのか、ただの」 )。

けんびきょう座AU bの大気の変化は、主星からの物質放出が急速に驚くような変化を見せることを反映しているのかもしれない。フレアが発生したことがわかっておりますが、1回目で水素ガスが検出されなかったのは、惑星から流出した水素ガスがこのフレアによって電離されたせいかもしれません。

もう一つの説明として、主星の恒星風自体が惑星から大気の流出を確保しているという可能性もある。これはいくつかのモデルでも予測されており、今回の観測はこの「しゃっくり」現象が実際に起こっていることを示す初の観測的証拠だと研究チームは考
えている


Hubble Sees Evaporating Planet Getting The Hiccups


研究成果の解説動画 "Hubble Sees Evaporating Planet Getting The Hiccups"(提供:NASA Goddard Space Flight Center、リードプロデューサー:Paul Morris)

2023年8月2日
AstroArtsより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2023/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード