fc2ブログ

「2050年までに100万人の火星移住…」

Posted by moonrainbow on 03.2023 火星   6 comments   0 trackback
「2050年までに100万人の火星移住…」高速チューブ列車から機械につながる脳まで、“SFマニア”イーロン・マスクの挑戦とは?

20230801-00010002-penonline-000-1-view.jpg
ウクライナ軍に機器が供与されたことでも話題になった「スターリンク」。日本ではKDDIがスペースX社と業務提携を行い、2022年12月からau基地局での利用を開始している。

SF的妄想で終わらせない、成果を出すための発想

現代において、最新テクノロジーを活用する天才といえば、事業家でありエンジニアのイーロン・マスクをおいて他にいないだろう。彼の思い描く世界と手がける事業から、我々人類の未来を予測する。

「『スペースX』について感心するのは開発のスピード感。ロケット打ち上げに失敗した場合、通常なら計画が数年止まってしまうところですが、スペースXは数カ月以内に次の打ち上げを予定する。資金面の問題ではなく、他が一発必中で臨むのに対して、スペースXは失敗を重ねてもどんどん前に進む。開発姿勢の違いです」と語るのは、民間主導の宇宙ビジネスを広める活動に取り組む“宇宙エバンジェリスト”青木英剛。青木さんはスペースXの開発拠点「スターベース」を訪れた際、いたるところに転がる巨大ロケットを見て衝撃を受けたという。

「ロケットの再使用についても、NASAやボーイング社など、業界のあらゆるところから『絶対にできるはずがない』と言われながら、成功するまでやり続けた。構造としては特に画期的なところはなく、既存の技術の組み合わせなのですが、粘り強く改良を重ねていくことで実現したのです」

オンライン金融サービス「PayPal」売却で約200億円を得たイーロン・マスクが最初に着手した事業、スペースX。ロケットの打ち上げも当初は失敗が続いたが、2008年に初めて軌道到達に成功すると、以後十数年の間に百数十回を超える打ち上げを成し遂げてきた。NASAとの業務提携のもと、国際宇宙ステーションへの貨物補給ミッションをこなす一方、衛星コンステレーション事業にも参入し、現在では「スペースXがなくなったら宇宙開発が停滞する」と青木さんが言うまでの存在となっている。

「低軌道に多数の人工衛星を投入することで、高速かつ低遅延のデータ通信を提供するという構想自体はかなり昔からあり、さまざまな企業が挑戦しては撤退してきました。それを本当に実現させてしまったというのは驚きでしたね」と語るのは、KDDIでそのスターリンクを担当するLX基盤推進部長の鶴田悟史。

スペースXが他に先んじて事業を軌道に乗せることができた要因のひとつは、自社開発の人工衛星を大量生産し、再使用可能なロケットを自前でもつことでコストを大きく圧縮できたことだ。

「宇宙開発における課題のひとつがロケットの打ち上げコストです。スペースXは過去の失敗を分析した上で、スターリンクを経済的に回るモデルにもっていった」と青木さんは語る。

このアプローチは「テスラ」にも共通する。テスラはEV(電気自動車)を生産するとともに、EVに欠かせない急速充電器「スーパーチャージャー」や充電施設を自社開発。充電コネクタ規格「NACS」はフォード、GM、ボルボに続きメルセデス・ベンツも標準採用することを発表しており、事実上北米での標準規格になることが決定的となっている。

またスペースXのユニークな点は、数々のプロジェクトの先に「人類の多惑星種化」を見据えていること。そのため50年までに100万人の火星移住を目指すとマスクは語っている。なぜなら彼は、なんらかの原因で地球が滅亡する可能性を本気で危惧しているから。その時に備えて、他の惑星で生き残ることができるようにしておくべきという考えだ。スペースXに限らず、テスラであれば電化によって二酸化炭素の排出を減らし、地球温暖化を止めるため、「ニューラリンク」は人間拡張によって、人間が急速に進化するAI(人工知能)の支配下に置かれないようにするため、といった具合に、事業を興す背景には、常にこうした危機感がある。

火星移住に高速チューブ列車、機械につながる脳、地球滅亡に人工知能の反乱……。SFマニアとして知られるイーロン・マスクが取り組む事業とその目的や動機はSFチックだ。しかし、ただ空想を語るだけではなく、それらに大真面目に取り組み、スペースXやテスラで成果をあげてきた。荒唐無稽な言動で世間を騒がせたかと思えば、時に強引に、時にしたたかに事業を推進するイーロン・マスク。彼が次に見る夢はどんなものだろうか


2023年8月1日
Pen Onlineより
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード