FC2ブログ

小惑星アポフィス(Apophis)が2068年地球に衝突?

Posted by moonrainbow on 11.2020 ニュース   0 comments   0 trackback
闇と混沌の悪神にちなんだ名を持つ小惑星が地球に猛接近、2068年に衝突する可能性が示唆される(すばる望遠鏡)

アポフィスが地球に接近
小惑星「アポフィス」が猛スピードで地球に接近 / Pixabay

 アメリカ・ハワイ大学の研究グループによって、地球近傍小惑星の1つが地球へ向かって猛スピードで加速しており、2029年に最初に地球に接近し、2068年に再び接近。2068年の時には衝突する可能性があることが明らかにされた

 その小惑星の名は「アポフィス(Apophis)」、闇と混沌を司る大蛇の姿をした古代エジプトの悪神「アペプ」にちなんでいる

2029年4月13日(金)アポフィスが地球に接近
 
2004年6月に発見された地球近傍小惑星「アポフィス(2004 MN4)」の直径は約310~340メートルほど。地球軌道のすぐ外側から金星軌道付近までの楕円軌道を323日かけて公転している。

 そのアポフィスは猛スピードで加速しており、最初に地球に接近するのは、2029年4月13日の金曜日になる見込みで、通信衛星の隙間を縫うように地球のそばをかすめ飛んでいくと予測されている。

 その距離は、裸眼でも確認できるほどに近いそうだが、2029年の時点では、地球に衝突することはまずないとのことだ。

 アポフィスが加速している理由は、「ヤルコフスキー効果」の影響である。

 太陽光の熱エネルギーを吸収した小惑星は、熱平衡を保つためにそれを放射しなければならない。これがわずかだが推進力となり、小さな天体の軌道を変化させるのだ


アポフィスが地球に接近1
中央の動く光点がアポフィス image by:Osservatorio Astronomico Sormano

2068年、地球に衝突する危険性
 
そして本当に危険なのは2068年の接近の時だ。

 2004年にアポフィスを発見し、今回新たな観察を行った研究グループのデイブ・トーレン氏は次のように説明している。

2020年はじめに行ったすばる望遠鏡からの観測では、アポフィスにヤルコフスキー加速が起きており、純粋に重力だけによって描かれる軌道から毎年170メートルずつズレていることが明らかになりました。2068年に地球に衝突するシナリオは十分考えられます

 絶対に衝突すると決まったわけではないが、油断はできない。今後もアポフィスの観察は続けられ、ヤルコフスキー効果がその軌道に与える影響の分析が試みられるとのことだ。
 
 この研究は、アメリカ天文学会惑星科学部門の2020年ヴァーチャルミーティングで発表された


2020年10月30日
カラパイアより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/10565-7b37732b

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード