fc2ブログ

地球がどんどん薄暗くなっている。

Posted by moonrainbow on 11.2021 地球   0 comments   0 trackback
海面温度の上昇で太陽の光を反射する雲が減っていることが原因

地球が薄暗く

地球がなんだか薄暗くなってきた

 人間というものは微細な変化になかなか気が付かないものだ。気候変動、地球温暖化もじわじわと進行しているのだが、あまり実感がわかないという人もいるだろう。

 世界的に見ると自然災害の頻度は上がっているし、南極の氷もわかりやすく融解してるのだが、毎日を生きるのが精いっぱいだと、そっちにまで気が回らないのはいたしかたのないところだ。

 そしてこれも目に見えるレベルの変化ではないのだが、確実に起きていることがある。地球が薄暗くなってきているのだ。

 気候変動により海水温の上昇したため、太陽光を反射する明るい雲が減っていることが原因だという


地球が月を照らす光が0.5%低

 『Geophysical Research Letters』(21年8月29日付)に掲載された研究では、過去数十年にわたり「地球照」(月を照らす地球の反射光)を観測し、その結果を報告している。

 それによると、20年前に比べて地球の反射率が、1平方メートルあたり0.5ワット(反射率の0.5%)ほど落ちているのだという。しかも、そうした変化のほとんどはここ3年でのものだ。

 地球が反射する光の量は、太陽自体の明るさと、地球の反射率によって左右される。

 今回の研究では、太陽の周期的な明るさの変化と関係がないことが確認されている。つまり地球上で何かが起きていて、反射率が低下しているということだ


海面温度が上昇し、明るい雲の減少したことが原因
 
NASAの衛星観測によって、東太平洋の空で明るく反射率が高い「下層雲」が減少していることが判明している。

 北米と南米の西海岸沖にあたるその一帯は、「太平洋十年規模振動」(太平洋の海水温・気圧が周期的に変化する現象)が逆転して、海面温度が記録的なまでに上昇した地域でもある。

 このことから、海面温度が上昇し、光をたくさん反射してくれる明るい雲が減ったことが、反射率の低下の原因であると推測されている


地球が薄暗く2

地球温暖化に拍車がかかる恐れ
 
地球の陰りは、温暖化の進行に拍車をかける恐れがある。反射率が下がれば、それだけ多くの太陽エネルギーが大気や海に取り込まれるようになるからだ。

 反射率が下がって余計に吸収されるようになる太陽エネルギーは、過去20年分の人為的温暖化要因に相当するという。

 カリフォルニア大学リバーサイド校の惑星科学者エドワード・シュヴィターマン氏は第三者の立場から、「非常に気になる結果」とコメントする。

 じつは温暖化が進めば、雲が増えて、その分反射率が高まり、気温上昇を相殺するだろうとの予測もあったのだという。ところが現実には、それとは逆のことが起きてしまっているからだ。

 気候変動を乗り切るため、野生動物たちの体には、既に変化が現れはじめているという。もしかしたら人間の体にも、そろそろ何らかの変化が表れ始めているのかもしれない


2021年10月05日
カラパイアより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/11313-2541dfa9

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード