fc2ブログ

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が最終目的地(L2)に到達

Posted by moonrainbow on 27.2022 ニュース   0 comments   0 trackback
NASAの宇宙望遠鏡、観測地点に到達 地球から約160万キロ

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡
ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のイメージ図

米航空宇宙局(NASA)のジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が24日、打ち上げから約1カ月を経て最終目的地に到達した

ウェッブ宇宙望遠鏡は昨年12月25日に仏領ギアナから打ち上げられ、テニスコート大のサンシールド(日よけ)と、巨大な金の主鏡を展開した。新たな方法で宇宙研究や太陽系外惑星の大気観測を行う。

観測場所は地球から100万マイル(約160万キロ)近く離れた地点。24日に最後の燃焼を行い、「L2」と呼ばれる軌道に入った


ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の概要を示した図

l2.jpg
ウェッブ宇宙望遠鏡の打ち上げからの飛行経路(オレンジ)とL2を周回する軌道(水色)を示した図・クレジット:Steve Sabia / NASA Goddard

NASAのビル・ネルソン長官は「ウェッブがL2に無事到着した。我々は宇宙の謎の解明に1歩近づいた。この夏、ウェッブ初の新たな宇宙観測が待ちきれない」との談話を発表した。

NASAのリードエンジニア、カレン・リコン氏は、ウェッブ望遠鏡の打ち上げに使ったロケット「アリアン5」について、「照準が非常に正確だったことから、最初の燃焼は当初の予定よりも小さくて済み、延長ミッションのために残せる燃料が増えた」と説明している。

これまでのハッブル宇宙望遠鏡が地球を周回していたのに対し、ウェッブ宇宙望遠鏡は太陽を周回する。

地球と並んで惑星として太陽を周回することで、太陽や地球、月が放出する熱から望遠鏡を守る。同望遠鏡は赤外線で宇宙を観測し、遠く離れた宇宙の天体のかすかな兆候をとらえることから、低温に保つことが欠かせない。赤外線は熱として検知されるため、望遠鏡全体を明るい熱源から守る必要がある。

望遠鏡を運用するためには氷点下223度の超低温を保つ必要があり、5層のサンシールドで巨大な主鏡や計器を太陽光から守っている


2022年1月25日20
CNNよりp

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/11567-033a420b

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード