fc2ブログ

太陽系外惑星「プロキシマd(Proxima d)」

Posted by moonrainbow on 16.2022 太陽系外惑星   0 comments   0 trackback
観測史上最軽量級の岩石惑星、太陽に最も近い恒星系で発見

Proxima d
欧州南天天文台が公開した、系外惑星「プロキシマd」(手前)の想像図。太陽系に最も近い恒星「プロキシマ・ケンタウリ」を公転している(2022年2月10日公開)。【

欧州南天天文台(ESO)は10日、最近発見された太陽系外惑星「プロキシマd(Proxima d)」の想像図を公開した。プロキシマdは、太陽系に最も近い恒星を公転している惑星の一つであることが、最新の研究で確認された

 プロキシマdは、地球から約4光年の距離にある赤色矮星(わいせい)の「プロキシマ・ケンタウリ(Proxima Centauri)」の恒星系で発見された三つ目の惑星。岩石質で、質量は地球の4分の1ほどと考えられている。

 プロキシマdの公転軌道は、主星プロキシマ・ケンタウリから約400万キロ、太陽と水星間の10分の1足らずの距離にあり、主星とハビタブル・ゾーン(生命生存可能領域)の間に位置する。公転周期はわずか5日だ。

 想像図には、プロキシマ・ケンタウリを公転していることが知られている他の二つの惑星、「プロキシマb(Proxima b)」と「プロキシマc(Proxima c)」も描かれている。

 プロキシマbは、地球と同程度の質量を持つ惑星で、公転周期は約11日。ハビタブル・ゾーン内にある。

 プロキシマcは、他の二つに比べて長い約5年の周期で主星を周回している。

 研究論文は、10日の国際天文学誌アストロノミー&アストロフィジックス(Astronomy and Astrophysics)に掲載された


2022年2月12日
AFPより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/11612-84acb8e6

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード