fc2ブログ

地球人は宇宙からやって来た

Posted by moonrainbow on 05.2022 地球   0 comments   0 trackback
地球人は宇宙からやって来た説が濃厚に。落下した隕石から生命の設計図を発見

生命の誕生

隕石から生命の設計図。 地球に落下した3つの隕石すべてに、生命の設計図である遺伝子に使用される材料が発見されたそうだ

 『Nature Communications』(4月26日付)に掲載された研究では、世界各地に落下した3種類の隕石を調査。その中には、遺伝子を記録する基本材料「核酸塩基」がすべて含まれていた。

 地球の生命は、宇宙からもたらされた”種”から誕生したというパンスペルミア説などの仮説あるが、今回の発見はそれを裏付ける強力な証拠になるかもしれない



地球に落下した隕石の中にDNAやRNAの材料を発見

 北海道大学をはじめとする研究グループは、マーチソン隕石(1969年、オーストラリアに落下)、タギシュ・レイク隕石(1950年、カナダ)、マレー隕石(1950年、米国)からサンプルを採取し、分析を試みた。

 北海道大学の大場康弘准教授は、その結果について次のように語っている。
今回の研究で、生物学的に重要な分子が炭素質隕石から検出されました。これは生命が誕生する前に、それらが地球にもたらされていたということです。

分子による遺伝的機能の発生と生命の誕生において、何らかの役割を果たした可能性があります


生命の誕生1
photo by Pixabay

生命の設計図となる核酸塩基すべてが1つの隕石から検出
 
質量分析によって隕石の中から発見されたのは、すべての生物の遺伝情報を持っている生体分子の「核酸塩基」だ。

 核酸塩基には2種類ある。1つは「ピリミジン塩基」で、シトシン、チミン、ウラシルの3種がこれに分類される。

 窒素原子2個を持つ六角形の環構造が特徴で、DNAやRNAの二重螺旋構造には必要不可欠なものだ。

 今回、マーチソン隕石からは3種のピリミジン塩基すべてが発見されている。このことは、形成されて間もない地球に、隕石によって核酸塩基がもたらされ、DNAやRNAの材料として利用されたかもしれないということだ


生命の誕生2

マーチソン隕石のかけら。生命誕生の謎を解く重要なヒントかもしれない / image credit:NASA
 核酸塩基のもう1つのタイプが「プリン塩基」だ。こちらもマーチソン隕石から大量に発見されている。だが周囲の土からは見つからなかった。

 つまり、それらが宇宙からもたらされたということだ。なお、プリン塩基は、タギシュ・レイク隕石やマレー隕石からも少量だが検出されている


 両隕石に含まれている核酸塩基の量が違うのは、マーチソン隕石とはまた違うプロセスを経ているからだと考えられる

生命の誕生3

核酸塩基を古代の地球に運ぶ流星物質の概念画像。核酸塩基の中の水素原子が白、炭素は黒、窒素は青、酸素が赤で示されている。 / image credit:NASA

小惑星が生命の起源を解き明かす

 こうした核酸塩基はなぜ隕石の中に形成されたのだろうか? その答えはまだわからない。

 しかし地球近傍小惑星から回収されたサンプルが、それを解明するヒントになるかもしれない。

 JAXAの探査機「はやぶさ2」がすでに小惑星「リュウグウ」からサンプルを持ち帰っているし、NASAの「オサイリス・レックス」も小惑星「ベンヌ」からの手土産を携え、帰還の途についているところだ。

 「リュウグウとベンヌでどんな発見ができるか楽しみです」と、研究グループの一員である地球生物化学センターの高野淑識博士は語る


 彼ははやぶさ2とオサイリス・レックスの両方に携わり、生命の起源が宇宙にあるという仮説の検証に挑んでいる

2022年04月28日
カラパイアより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/11771-4f39ab9f

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード