fc2ブログ

膨張速度は326万光年あたり毎秒75km

Posted by moonrainbow on 20.2022 宇宙   0 comments   0 trackback
過去最大の宇宙地図によって宇宙の膨張速度を測定。326万光年あたり毎秒75km

宇宙は絶えず膨張

宇宙の膨張速度
 
その広大さゆえに、一見静止しているように見えるかもしれないが、宇宙は絶えず膨張している。

 5万6000の銀河までの距離をマッピングした最新の宇宙地図によれば、宇宙が膨張する速度は「メガパーセク(=約326万光年)あたり毎秒75キロ」であるそうだ。

 また、宇宙の年齢は約138億年と考えられているが、それよりもさらに古いとされる「メトシェラ星(HD 140283)」も見つかっており、その推定年齢が本当に正しいのか疑問視されている


最新の宇宙地図で導き出された宇宙の膨張率

 今回、複数の方法でより正確な宇宙の地図が作成された。そこから導かれる誤差が少ない宇宙の膨張速度は、宇宙の年齢を正確に知るうえでも欠かせないものだ。

 宇宙の膨張速度は、「ハッブル定数」によって表される。

 これはハッブルルメートルの法則における、宇宙の現在の膨張率を表す定数で、銀河までの距離をr(Mpcメガパーセク)、後退速度をv(km/s)とすると、ハッブルルメートルの法則はv=H0rで表され、その比例係数H0がハッブル定数となる。

 だが困ったことに、ハッブル定数は計算方法によって結果がまちまちだ。

 そこでハワイ大学とリヨン大学の研究グループは、5万6000個の銀河の距離と、それらが遠ざかるにつれて変化する速度を「8つの方法」で測定し、より誤差の少ない正確な測定を試みた。

 宇宙がどこまで広がっているかは誰にもわからないが、銀河は常に回転しているので、その回転速度と明るさなどを組み合わせれば、銀河同士の距離を明らかにできる。

 そうした手がかりから作成された最新の宇宙の地図が「Cosmicflows-4」だ。これによれば、宇宙が膨張する速度は、「メガパーセク(=約326万光年)あたり毎秒75キロ」であるそうだ


宇宙は絶えず膨張1
56,000 の銀河と距離測定値を示す全天地図 / image credit:University of Hawaii

宇宙はいつ誕生したのかを明らかにできる可能性
 
ハワイ大学の天文学者R・ブレント・タリー氏は、「より正確で豊富なツールを組み合わせることで、銀河の距離・宇宙の膨張率・宇宙が生まれてからの時間を数パーセントの精度で測定できるようになりました」と、プレスリリースで述べている。

 数千億個の星々を宿した銀河同士の距離と速度は、宇宙の大きさを推定する手がかりであり、宇宙が誕生した日(ビッグバンが起きた日)をより正確に特定するための鍵となる。

 この研究は『Monthly Notices of the Royal Astronomical Society』に掲載された


2022年10月15日
カラパイアより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/12167-c6ff8532

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード