fc2ブログ

天文学史上最も明るいガンマ線バースト

Posted by moonrainbow on 22.2022 ニュース   0 comments   0 trackback
天文学史上最も明るいガンマ線バースト 観測に成功

天文学史上最も明るいガンマ線バースト 観測
ガンマ線バースト「GRB 221009A」の最初の検出から約1時間後の残光。明るい輪ができるのは、バーストの方向にある天の川銀河内のダスト(塵、ちり)の層でX線が散乱されるため。米航空宇宙局のガンマ線観測衛星スウィフト搭載のX線望遠鏡で撮影(2022年10月14日提供)。

天文学史上最も明るい閃光(せんこう)現象が今月、観測された。地球から24億光年の距離で、ブラックホールの形成によって発生した可能性が高い

 最も高エネルギーの電磁波であるガンマ線の閃光現象「ガンマ線バースト」が最初に観測されたのは、今月9日。その後も世界中で残光が観測された。

 天体物理学者のブレンダン・オコナー(Brendan O'Connor)氏は、今回観測されたような数百秒間持続するガンマ線バーストは、太陽の30倍以上の大質量星が最期を迎える際に起きると考えられるとAFPに話した。

 大質量星が超新星爆発し、崩壊してブラックホールになると、引き寄せられた物質の円盤が周囲に形成される。物質が内側に落下すると、光速の99.99%の速度でエネルギーのジェットとして噴出される。

 今回観測された閃光で放出された光子のエネルギーは、過去最高の18テラ電子ボルト(18の後に0が12個並ぶ値)で、地球の電離層における長波無線通信に影響を及ぼした。

「地球に到達している光子の量とエネルギーの両方で記録更新だ」とオコナー氏は指摘する。

 同氏は14日早朝、南米チリにあるジェミニ南望遠鏡(Gemini South Telescope)に搭載の赤外線装置を使って新たな観測データを取得した。「これほど明るく、これほど近いものは、まさに100年に一度の事象だ」と興奮気味に語った


2022年10月22日
AFPより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/12173-6ceb705d

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード