fc2ブログ

土星の輪に現れる謎の現象「スポーク」

Posted by moonrainbow on 18.2023 太陽系   0 comments   0 trackback
土星の輪に現れる謎の現象「スポーク」、ハッブル望遠鏡が撮影

土星の輪に現れる謎の現象
NASAのハッブル宇宙望遠鏡は2022年9月22日にこの画像を撮影した(SCIENCE: NASA, ESA, AMY SIMON (NASA-GSFC) IMAGE PROCESSING: ALYSSA PAGAN (STSCI))

米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡が捉えた、土星とその美しい輪の新たな画像が公開された

画像は昨年9月22日に撮影されたものだが、今月9日になり初公開された。設置から43年になるハッブルの広視野カメラ3が捉えた複数の画像を組み合わせたもので、土星の「B輪」の左側にはしみのようなものが見える。

土星には複数の輪があり「B輪」が最も大きく最も明るい。画像のしみは「スポーク」と呼ばれる謎のちり粒子の集まりで、電気的な擾乱(じょうらん)によって作られると考えられている。見る角度によって、明るくも暗くも映る。

スポークは、1980年代にNASAの探査機ボイジャーが最初に発見。その数は、土星が秋分を迎える2025年5月6日に向けて増える見通しだ。

土星が太陽を一周するには29地球年かかるため、季節の変わり目は約7地球年ごとになる。直近の2009年8月の秋分には、NASAの探査機カッシーニが素晴らしい画像を撮影した。

土星は太陽系で最大の輪を持っているが、輪を持つ天体は太陽系内にさらに6個ある。つい最近、冥王星の半分ほどの大きさの小さな天体「クワオアー」を取り巻く輪が発見されたばかりだ。1月にはジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)が、同じく小さな天体「カリクロー」の輪を撮影した


2023年2月11日
Forbes JAPANより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/12451-34e50d98

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード