fc2ブログ

超新星爆発の前段階にある「ウォルフ・ライエ星」

Posted by moonrainbow on 30.2023 宇宙   0 comments   0 trackback
超新星爆発の前段階にある星…JWSTによる詳細な画像をNASAが公開(海外)

超新星爆発の前段階にある星…
ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が近赤外線と中間赤外線でとらえた、最期を迎えている「ウォルフ・ライエ星」。

NASAのジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が、超新星爆発を迎えようとする星を驚くほど詳細に捉えた。画像は、超新星爆発が起きる前段階で外層を放出する「ウォルフ・ライエ星」を映し出している

この星はいつか最期を迎え、爆発で散乱した塵が次世代の新しい星や惑星を生み出していく。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)が素晴らしい写真を撮影した。超新星爆発へと向かい、最後を迎えつつある大質量星(太陽質量の8倍以上の質量を持つ恒星)を捉えたものだ。

NASAは2023年3月15日にこの画像を公開した。画像では、この星が外層の物質を放出していて、その周りにガスや塵でコブや層になったハローを作り出しているのがわかる。

欧州宇宙機関(ESA)は、この瀕死の星の詳細を探るためにズームインした動画を公開した。

放出されたガスが星から遠ざかると、冷却されて雲、つまり「星雲」を形成し、JWSTの赤外線カメラで輝いて見える。それが画像のピンク色の雲を作る理由だ。

これらの噴出物は、星が最期の爆発、つまり超新星爆発へと突き進んでいる証拠だ。

このような超新星爆発の前段階を「ウォルフ・ライエ(Wolf-Rayet)」と呼ぶ。最期を迎える前にごく短い時間だけ「ウォルフ・ライエ」期を迎える星もあるため、今回捉えられたこの星は珍しいものだ。

NASAによると、ウォルフ・ライエ星は「最も明るく、最も質量があり、最も短時間で検出可能な恒星のひとつ」だという。

「WR124」と呼ばれるこの星は、いて座にあり、我々から1万5000光年離れている。質量は太陽の30倍。太陽10個分の物質を放出し、写真のような星雲を作り出している


2023年3月26日
BUSINESS INSIDER JAPANより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/12535-2e516dbf

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード