FC2ブログ

グリーゼ581g

Posted by moonrainbow on 02.2010 グリーゼ581   5 comments   0 trackback
生命存在の可能性がある「もっとも生命に適した系外惑星を発見」

地球から20光年の距離にある恒星グリーゼ581の周りに、新たに2つの惑星が発見されました
そのうちの1つが、液体の水と大気を持つことが可能な環境にあり、これまでに見つかっている系外惑星のうちでもっとも生命の生存に適したものであることがわかりました

グリーゼ581の惑星軌道を、太陽系の図と重ねたもの
グリーゼ581の惑星軌道を、太陽系の図と重ねたもの(提供:National Science Foundation/Zina Deretsky、以下同)

グリーゼ581惑星系の想像図
グリーゼ581惑星系の想像図。

ケック天文台を用いて行った11年にも及ぶ観測から、てんびん座の方向20光年の距離にある赤色矮星グリーゼ581の周囲に、新たに2つの惑星を発見しました。グリーゼ581にはこれまで4つの惑星があることがわかっていましたが、6つに増えました

今回発見された惑星の1つ、グリーゼ581gは37日で中心星の周りを公転します。固い地表を持つ岩石惑星と推定されます。グリーゼ581gの特筆すべきところは、いままで発見された系外惑星のなかでもっとも生命を育むのに適しているということです。生命の生存に欠かせないポイントは「液体の水」と「大気」だが、この惑星の重力と中心星からの距離は、この2つを保持する条件として申し分ないのです

「ハビタブルゾーン」とは、「生命の生存にちょうどよい中心星からの距離の範囲」を指しますが、グリーゼ581gはこの「ハビタブルゾーン」のちょうど真ん中に位置しており、太陽から近すぎず遠すぎず適温に保たれている地球のように、液体の水が存在することができるのです。同じ惑星系の中にはハビタブルゾーンにかろうじて位置するものが2つ見つかっていたが、それぞれ内と外の端すぎるなどして、生命生存に適している可能性はあまり高くないとされていました。

また、質量は地球の3倍程度で、2009年に発見されたグリーゼ581eについで史上2番目に軽い系外惑星ですが、大気をとどめて保持するにはじゅうぶんとみられます。グリーゼ581eとgはどちらも、中心星が惑星の重力に引っ張られて生まれるわずかなブレを検出する手法(ドップラーシフト法)で発見されていますが、グリーゼ581の質量が太陽の10分の3しかないため、軽い惑星によるブレでも検出可能なくらい大きくなるのです

一方、地球とはかなり異なる面もあります。地球に対する月のように、常に同じ面を向けながら中心星の周りを回っているために昼夜が逆転せず、昼側と夜側の温度差が極端に激しいのです。生命がすむとするならば、昼夜の境界域がもっとも可能性があるでしょう

高精度なドップラーシフト法による系外惑星検出の歴史はまだ浅い。この段階でこれだけ近傍に生命に適している惑星が見つかったということは、同様の天体が他にもまだまだ存在すると期待されます。


20光年という距離は、192兆キロ、宇宙においては至近距離ですが、現在の宇宙船では、たどり着くまでは 約30万年掛かります

2010年10月1日
Astro Artsより

以前の記事では:「グリーゼ581c」と「グリーゼ581d」を掲載しました。

宇宙人が居るかも知れない惑星「グリーゼ581c」

最も地球に似た太陽系外惑星の発見「グリーゼ581d」

現在の宇宙船だとだいぶんかかるけど
UFOならあっと言う間に
地球にきちゃうんですかねぇ?

宇宙人じゃなくて虫ぐらいでいいかもw
2010.10.02 23:15 | URL | パミニスト #- [edit]
パミさん

お久しぶりです。

UFOでも、
光速で飛んでも、
20年ですから、
しんどいです。

時空を移動する事が出来れば、
瞬時に行けると思います。
宇宙人がその技術を開発していればですが、
多分、それくらいの能力はあると思います。

人間は、
何時それを開発できるかですね?
2010.10.03 09:08 | URL | moon-rainbow #- [edit]
こんにちは、グリーゼ581の生物です。是非、地球人来て下さい。
2012.02.12 04:33 | URL | グリーゼ581の生物 #- [edit]
グリーゼ581の生物さん

コメント有難う御座います。

海からですか?
空中からですか?
それとも、グリーゼ581gには、
陸地もあるのですか?

地球人ももっと進化した形にならないと駄目みたいです。

今後も宜しくお願い致します。
2012.02.12 09:16 | URL | Moon-rainbow #- [edit]
では、情報です。直径は14742km、質量は2.9倍、重力は1.12倍です。
海と陸の比率は6:4程度です。
あと、パルサー信号の誤報のことですが、観測側も誤報していると思います。
理由はグリーゼ581cがdとgを塞ぐように跳ね返したそうです。
最後に、大気の組成を教えよう。
窒素が76%、酸素が21%、アルゴン渡二酸化炭素がそれぞれ1%で、その他が1%です。
2012.02.25 06:41 | URL | グリーゼ581の生物 #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/1877-edcd9093

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード