火星の氷河の氷

Posted by moonrainbow on 13.2015 火星   0 comments   0 trackback
全球を覆いつくせる火星の氷河の氷(Phys.Org

火星の南北両半球の中緯度に帯状に伸びる氷河
火星の南北両半球の中緯度に帯状に伸びる氷河(水色の点)。水色の線は緯度30度と50度を表す(提供:Mars Digital Image Model, NASA/J. Levy/Nanna B. Karlsson)

火星の氷といえば極冠の存在がよく知られていますが、南北両半球の中緯度にも帯状に伸びる氷河が存在します。最新の研究で、そこに含まれる水の氷の量は火星全球を1m以上の厚さで覆いつくすほどであることが示されました

火星には中緯度に氷河が存在しています。その形は火星上空を周回している複数の探査機で観測できますが、凍っている物質が水なのか二酸化炭素なのか、あるいは泥なのかは長い間わかっていなかったのです

厚い塵の層に覆われたこの氷河の氷が水であるとわかったのは、NASAの火星探査機「マーズ・リコナサンス・オービター」によるレーダー観測ですが、厚みがどれほどなのか、地球の氷河に似ているのかなどは、不明なままでした

その疑問に挑んだのはデンマーク・コペンハーゲン大学のニールス・ボーア研究所のチームです。「わたしたちはレーダー観測のデータを10年遡り、氷の厚みやその動きを調べました。その結果、氷河は巨大な氷の塊で、流れていることがわかりました」(ニールス・ボーア研究所のNanna B. Karlssonさん)。

Karlssonさんらはさらに、高解像度の詳細な観測データなどを用いて氷河の形や流れに関する情報を集め、氷の厚みや体積を計算しました。「氷の体積は1500億m3以上で、火星全球を1.1mの厚みの氷で覆いつくせるほどです。火星の中緯度に存在する氷は、火星における重要な貯水場と言えるでしょう」(Karlssonさん)。

火星の気圧はとても低く、そのため水の氷は簡単に蒸発して水蒸気となってしまいます。氷が宇宙空間へと蒸発してしまわずに済んだのは、厚い塵の層に守られたおかげなのでしょう

2015年4月9日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/5977-41cd495b

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード