恒星「WMC 480」に複雑な有機分子

Posted by moonrainbow on 14.2015 宇宙   0 comments   0 trackback
455光年彼方の100万歳の若い星に複雑な有機物「アセトニトリル」を検出(ESO

MWC 480の原始惑星系円盤とアセトニトリル分子のイメージ図
MWC 480の原始惑星系円盤とアセトニトリル分子のイメージ図(提供:B.Saxton (NRAO/AUI/NSF))

455光年彼方に位置する生まれたての星の周囲に、複雑な有機分子であるアセトニトリルが大量に発見されました。生命誕生のカギとなる物質が太陽系以外でも普遍的に存在することを示す、重要な成果です

455光年彼方の恒星「WMC 480」に複雑な有機分子が見つかりました。おうし座分子雲の中にあるWMC 480は生まれて100万年ほどのとても若い星で、自身の材料となった塵やガスがうずまく円盤(原始惑星系円盤)を周囲にまとっています。Karin Öbergさん(米・ハーバード・スミソニアン天体物理学センター)らがアルマ望遠鏡で電波観測したところ、恒星からおよそ45億~150億km離れた円盤外縁に、地球の海の水に匹敵する量のアセトニトリル(CH3CN)が検出されました

アセトニトリルなどシアン化物に含まれる炭素‐窒素結合(強く結びついた炭素と窒素)は、生命の材料であるアミノ酸の重要なパーツでもあります。原始惑星系円盤でこうした複雑な有機分子が見つかるのは初めてのことで、豊富な水と有機分子がそろう太陽系は珍しい存在ではないという新たな証拠になります。また今回見つかった量の多さから、円盤の中で有機分子がとても速いペースで作り出されていることがうかがえます

アセトニトリルが検出された場所は、太陽系でいえば海王星を越えた外側の領域「カイパーベルト」にあたります。カイパーベルトには太陽系が生まれたころの物質を閉じ込めた氷の小天体が分布しており、ときおり太陽系の内側へ迷い込んで彗星として姿を現します。かつてはこれらの彗星が地球に衝突することによって水や有機物がもたらされ、生命誕生のきっかけになったとも考えられています

WMC 480の円盤の中で惑星が生まれつつあるかどうかは未確認ですが、太陽系の生命誕生のシナリオを実現させた小道具が、他の惑星系でも普遍的に存在することを示した重要な成果といえます

Artist impression of the protoplanetary disc surrounding the young star MWC 480



2015年4月10日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/5981-d9dd1446

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード