火星に「液体の水」存在か?

Posted by moonrainbow on 18.2015 火星   0 comments   0 trackback
火星のGaleクレーターで過塩素酸カルシウムの存在を確認

view of Gale Crater wall
Galeクレーター(提供:NASA)

キュリオシティの環境観測システム「REMS」
キュリオシティの環境観測システム「REMS」(提供:NASA/JPL-Caltech/MSSS)

米航空宇宙局(NASA)の火星無人探査車「キュリオシティー(Curiosity)」によるGaleクレーターでの調査データから、火星の表面近くには液体の水が存在する可能性が高まりました。その研究論文が、2015年4月13日の英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載されました

 論文を発表したのは、デンマーク・コペンハーゲン大学(University of Copenhagen)ニールス・ボーア研究所(Niels Bohr Institute)のモーテン・ボー・マドセン(Morten Bo Madsen)氏らの研究チームです

 研究チームは、採取したサンプル中に過塩素酸カルシウムの存在を確認できたことから、火星に液体の水がある可能性が高まったとしました。過塩素酸カルシウムは吸収性が高く、水の氷点を下げる塩のような性質があるため、水が液状のまま存在できるのです。この化合物について論文は「非常に塩分濃度の高い塩水であるブライン」を特徴づけるものとしています

 NASAは2015年3月、火星の北半球の大部分は、かつて海だった可能性があると発表したばかりです。NASAの発表によると、海水の87%は宇宙空間に流出してしまったとみられています

 今回論文を発表した研究チームは、火星の表面近くに水が存在していたとしても、非常に厳しい環境の中で生命が存在することはほぼ不可能だろうと指摘しています

AFPより
2015年 4月14日

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/5987-ea1bee8e

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード