ロシアの宇宙ステーション

Posted by moonrainbow on 22.2015 宇宙ステーション   0 comments   0 trackback
ロシアが2023年までに独自の宇宙ステーション建設へ

訓練中の日本人宇宙飛行士、油井亀美也さん
露モスクワ郊外にあるガガーリン宇宙飛行士訓練センターで訓練中の日本人宇宙飛行士、油井亀美也さん(2015年4月16日撮影、資料写真)。

ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は2015年4月16日、国民からの質問に答える対話型のテレビ番組で、地球軌道を周回する独自の宇宙ステーションを2023年までに建設する計画があることを明らかにしました

プーチン大統領は「2023年までに、わが国独自の宇宙ステーションを地球軌道に建設する計画を立てている」と述べ、「これは、はるか先の将来のことではあるが、わが国の国家経済の観点からみて必要不可欠なことでもある」と続けました。

 ロシアと米航空宇宙局(NASA)は最近、国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)の運用と資金拠出を少なくとも2024年まで継続することに合意したばかりですが、ウクライナでの紛争をめぐり、両国間の関係が冷戦後最悪の状態に陥る中、将来の共同宇宙計画の見通しは不透明なままとなっています

「われわれは、科学と経済のためにISSを積極的に利用しているが、ISSから見えるロシアの国土面積は5%にとどまっている」と指摘したプーチン大統領は、自国領土を宇宙から適切に監視するためには独自の宇宙ステーションが必要と述べ、「わが国の宇宙ステーションから、広大な国土全体を見渡せるようにするべきだ」と付け加えました

 また、プロジェクトは100%成功するとしながら「宇宙ステーションは、われわれの管理下に置かれることに疑いの余地はない」と語っています

 ロシアは2015年、ISSの運用終了後に自国のISSモジュールを使って宇宙ステーションを建設する計画を発表しました。また3月には、カザフスタンのバイコヌール(Baikonur)で行われたNASAとの会合後に、ロシア宇宙庁(Roscosmos、ロスコスモス)長官が、NASAと共同で新宇宙ステーションのプロジェクトに取り組む意向であることを明らかにしていました

 しかし、NASA側はそのような計画を正式に発表しておらず、NASAとロスコスモスの間で将来の協調をめぐる議論が交わされたと述べるにとどめています

AFPより
2015年 4月17日

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/5989-efec8afe

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード