UFO?

Posted by moonrainbow on 30.2015 UFO   2 comments   0 trackback
テレビ東京 【超常たまげたスクープ~世界で目撃してきたゾSP~】の番組情報からです(2015年3月26日)



   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本でもこんなに目撃例が!?過去82年間のUFOの公式目撃地点を示すインタラクティブマップ

UFO目撃情報

現在からさかのぼること82年前までの公式UFO目撃情報をまとめたマップによれば、UFOの往来はかつてないほど増加しているようです。こうした目撃情報の増加はドローンや新航空技術の発展が背景にあると思われますが、実際に宇宙人が活発に活動していると信じる者も少なからず存在しています

 このインタラクティブマップはライターのリーバイ・ピアソン氏が作成したもので、全米UFO情報センター(National UFO Reporting Center)のデータとCartoDBのリアルタイム地図作成ソフトが利用されました。このマップは、米カリフォルニア州およびネブラスカ州、イギリス、フランス、日本、オーストラリア上空で最初にUFOが目撃された1933年を起点としており、40~60年代の間に目撃情報が劇的に増加していることが分かります
 
以下は1933年から2015までのUFO目撃情報をもとに作成されたインタラクティブマップです。自分の住む地域を拡大してチェックしてみて下さい

UFO目撃情報1

 1942年2月25日、ロサンゼルスの193km範囲内を凄まじい速度で移動する未確認飛行物体がレーダー上で確認されました。これを日本軍による空襲と誤認したことから全米がパニックに陥った事件です。砲兵が7620m上空を飛行する25機の機体を目撃したと証言しているほか、時速320kmで飛行する風船状の物体の群れも目撃されています。飛行物体に対して砲撃を加えたがまったく効果はなく、未確認飛行物体は異世界から飛来したものだと噂されました

UFO目撃情報2

 1947年のロズウェル事件は、今日においても様々な憶測が飛び交うものです。米軍は墜落した極秘調査バルーンを回収しただけだと主張していますが、発見されたのは宇宙人の乗り物の残骸であり、彼らはそれを隠しているとする説もあります。この期間 、UFOが飛来していた可能性がないとは言い切れませんが、当時の当局は第二次世界大戦で神経質になった世相が原因であるとしています

 『UFO調査マニュアル(UFO Investigation Manual)』の著者ナイジェル・ワトソン氏は、「上空を飛ぶ奇妙な物体自体は数世紀に渡って目撃され続けています」と説明しています

 「多くのUFO目撃事例は、UFO研究家がフラップやウェーブと呼びます。突然で、しかも短いものです。また、UFOの窓やUFOポータルと呼ばれる、特にUFOを惹きつけているかのような場所も存在します。」

 イギリスでは、ウォーミンスター、キャノック・チェイス、ボニーブリッジがそうしたUFOの窓として有名です。特にボニーブリッジはスコットランドのUFOの首都とも呼ばれ、毎年300件の目撃例があります(ただし、今回の地図上に全ては反映されていません)。

UFO目撃情報3

 また、ミッドランズにあるキャノック・チェイスは、60年代に宇宙船の墜落が報告されて以来、UFO目撃の多発地帯であり、今年初めにも大きなノイズを発しながらゆっくりと上空を横切る宇宙船が報告されています。マップからは60年代ミッドランズのほか、オランダ、ドイツ、中央ヨーロッパ各地の目撃例がうかがえます

 50~60年代はアメリカ全土で目撃報告が顕著な増加を見せた時期です。実は昨年・2014年、CIAが50~60年代のUFO目撃事例の半分との関与を認める発表をしました。『惑星アドベンチャー スペース・モンスター襲来!』、『2001年宇宙の旅』、『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』をはじめとするSF映画の流行からもうかがえる通り、宇宙人の存在可能性についてこれまでになく関心が高まった時期だったのかもしれません

 CIAによれば、UFOの目撃は、高度約18000mを飛行する新型偵察機U-2の試験と直接関連しているらしいのです。報告書には、目撃の時間と場所がU-2のそれと整合的であることにCIAはすぐに気づきましたが、意図的にその正体を隠すことにしたと記載されています

 しかし、1966年に200名の学生と教師がオーストラリア、メルボルン郊外でUFOを目撃したというウェストール事件など、テスト機では説明できない事例もあります

 1986年、ブラジル、サンパウロで発生した有名な事件では、レーダーが捉えた20機のUFOを迎撃するため、戦闘機が緊急発進しています。謎の飛行物体が戦闘機の追跡中に姿を消してしまったことから、高度な技術を有した宇宙人の乗り物ではないかと噂されました。これについては、イギリスの宇宙研究者ジェフリー・ペリー氏が、UFOはソ連の宇宙ステーション、サリュート7号から落下した破片が大気圏で燃えたものだと発表しています

UFO目撃情報4

 1989年および90年に起きたベルギーウェーブと呼ばれる、ベルギーでの一連の目撃事例も同マップに表示されています。これは、およそ13500名の人々が巨大な三角形の物体が上空を音もなく飛行していたと証言を寄せた事件です。当時、NATOのレーダー上でも確認されたことから軍による調査が実施されましたが、特に不審な点は見当たらず、ヘリコプターの見間違いともいわれています

 マップからは90年代中頃以降、特にアメリカ西海岸、東部の半分、およびテキサスにおいて目撃例が爆発的に増加していることが分かります。さらにヨーロッパ全土、アフリカ、インド、東南アジア、南米においても、UFOの目撃を示す丸が激しく表示されています
 
 ワトソン氏は、こうした世界的な潮流はインターネットが普及し、情報を簡単に共有できるようになったことと関連があると主張しています。また、ドローンの開発もこうした増加に一役買っていることに留意すべきだとしています

UFO目撃情報5

 2008年にトルコ、イェニ・ケント・コンパウンドの警備員が撮影したとされるUFOの動画は、最も重要なUFO資料だと評されるものです。この遭遇について何らの説明もなされていませんが、2000年に南アフリカの警官が楕円形のオレンジ色の光を目撃したとする事例に類似しています

 2007年、インドのコルカタでは球形と三角形を足して割ったような高速で移動する光る物体が複数人によって目撃されました。さらに2013年イギリス、バークシャーのブラックネルでも、パブの上空に浮かぶ光り輝く2つの空飛ぶ円盤が写真撮影されました

 このように後を絶たない目撃証言ですが、UFOの専門家は意外と冷静です

 「技術は急速に発展しており、どのような場所で目撃したものであれ、最新の軍用機である可能性は拭えません。UFOの目撃証言があるからといって、それが地球外からやってきたものだという証拠にはならないのです」と語るのは、英UFO協会代表のジョン・ウィックマン氏です

 それでも、残り5~10パーセントは説明不能であり、調査を進める価値があると考えるのがUFO愛好家の性というものでしょう

dailymail

カラパイアより
2015年4月20日

テレビ東京は熊本では見れないのでこの番組は知りませんでした
宇宙人の頭蓋骨?とか3.5メートルの全身の骨とか興味深いものが見れたので面白かったです。
2015.05.01 07:38 | URL | キングハナアルキ #SqN0A6sw [edit]
キングハナアルキさん

3月は目撃例が何故か少なかったです。
と言うより最近は「ドローン」を簡単に飛ばすことが出来るので、
ほとんど、見分けがつかないので、
素直に信じる事が出来ないです。
2015.05.01 10:13 | URL | moonrainbow #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/5995-0af5aae9

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード