星が集団で生まれている領域(OBアソシエーション)「G33.92+0.11」

Posted by moonrainbow on 29.2015 宇宙   0 comments   0 trackback
巨大星のゆりかごと巨大なガスの渦巻き

分子ガスの分布
(左)塵が放つ電波、(右)アセトニトリル(CH3CN、黄)、硫化炭素の同素体(13CS、緑)、シアン化重水素(DCN、紫)といった分子ガスの分布。電波観測データを擬似カラー化したもの(提供:ALMA(ESO/NAOJ/NRAO), H. B. Liu et al.)

アルマ望遠鏡による観測で、巨大星が集団で誕生しているとみられる場所に、高密度のガスの塊を取り巻く3光年を超えるガスの腕が見つかりました。ガスの腕が巨大星のゆりかごであることを示しており、巨大星がどのようにガスを獲得して成長していくのかを明らかにする観測成果です

巨大な星団ができるためには大量のガスが効率よく星になる必要がありますが、星が生まれると星の材料となるガスが恒星風で吹き飛ばされてしまうため、ガス雲の崩壊と星の誕生は非常に短期間で急激に起こらなくてはならないと考えられています。つまり、ある程度の期間ガス雲が重力崩壊せず、一気に中心部に流れ込むということです。ガス雲の重力崩壊に抗う力としては、もともとガス雲が持っている回転の勢い(角運動量)が考えられるので、回転している構造を見つけることが巨大星団の観測研究において重要となります

台湾中央研究院天文及天文物理研究所のハウユー・リュウ氏らの研究チームは、わし座の方向約2万3000光年彼方にある明るく巨大な星が集団で生まれている領域(OBアソシエーション)「G33.92+0.11」を対象に研究を行いました。この領域全体の明るさは太陽の25万倍もありますが、その大半は2、3個の巨大な星によるものです。まず、赤外線天文衛星「ハーシェル」などのデータを解析してG33.92+0.11の周りの塵やガスの分布を明らかにし、2本のガスの腕が若い星団の南北に伸びていることを突き止めました。大量のガスがこの腕を通じて星団中心部に流れ込んでいるとみられます

次にこの領域の中心部(G33.92+0.11A)をアルマ望遠鏡を使って高解像度で観測し、太陽の100倍から300倍の質量をもつ巨大なガスの塊を2つ発見しました。さらに、これらのガス塊がいくつかのガスの腕でつながれていることも明らかにしました。若い星の周りの渦巻腕構造は小質量星「L1551NE」の周りにも見つかっていたが、今回のものはそれに比べて100倍から1000倍ほど大きいのです

G33.92+0.11Aのガスの腕は分裂途中にあるとみられ、2つの大きなガス塊の周りを取り巻く衛星のような構造も見えています。アセトニトリル、硫化炭素、シアン化重水素といった分子ガスの観測結果からは、ガスの温度や密度が場所により大きく異なっているようすがとらえられており、中心部では星が生まれて高温になっている一方、北側の衛星ガス塊は比較的低温であることもわかりました

研究グループでは、G33.92+0.11Aの中心約3光年程度は平らな構造をしており、質量の大きなガス塊に向かって腕を経由してガスが流れ込んでいると考えています。また、ガスの回転にともなう遠心力によってガス流の勢いは弱まっているようですが、ガスの腕が分裂することで第2世代の巨大星たちがここで生まれる可能性もあるのではないかと考えています

ガス分布のシミュレーション結果
(左)大質量星形成領域のガス分布のシミュレーション結果、(右)アルマ望遠鏡で観測したG33.92+0.11Aの塵の分布(提供:ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), H. B. Liu, J. Dale)

2015年5月26日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6067-129237a9

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード