球状星団「リラー1(Liller 1)」

Posted by moonrainbow on 27.2015 星団   0 comments   0 trackback
塵の向こうの宝石箱である球状星団「リラー1」

リラー1
近赤外線でとらえたリラー1(提供:Gemini Observatory/AURA) .

ジェミニ南望遠鏡による近赤外線観測で、天の川銀河の中心方向にあって塵に隠されているため非常に見づらい球状星団「リラー1(Liller 1)」がとらえられました。星同士が衝突しかねないほど密集した星団を調べると、単体の星の進化だけでは説明のつかない謎の天体の起源に迫れるかもしれません

チリに設置されたジェミニ南望遠鏡で、球状星団「リラー1」が観測されました。リラー1の質量は少なくとも太陽150万個分と見積もられており、150個ほど見つかっている天の川銀河内の球状星団のなかでもケンタウルス座ω(オメガ)星団や「ターザン5」と並んで最大の部類に入ります

リラー1は、さそり座の方向約3万光年彼方に位置しています。これは地球から約2万6000光年離れた天の川銀河の中心の、さらに3200光年向こう側にあたり、銀河中心に大量に存在する塵にじゃまされてしまうため、リラー1は可視光線ではほとんど観測できません

ジェミニ南望遠鏡では、近赤外線の波長で稼働する補償光学システムGeMSと、強力な赤外線カメラGSAOIとの組み合わせによって口径8mという望遠鏡の性能をほぼフルに発揮し、リラー1を覆い隠す塵を見通して、宝石箱のようなひしめく星たちの姿をとらえました

天の川銀河に存在する2000億個もの恒星のほとんどは、お互いの距離が大きく離れているので衝突することはめったにありません。しかし、数十万個以上もの星がボール状に密集している球状星団の中心部では、星同士の衝突が起こりうります。こうした衝突によって、球状星団内に見られる「青色はぐれ星(ブルー・ストラグラー)」と呼ばれる天体が生み出されたり、連星系から低質量X線連星やミリ秒パルサーなどが作られたりすると考えられています。とくに多くの星が集まっているリラー1は、星の衝突現場を詳しく調べられる、うってつけの天体なのです

2015年6月19日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6105-33b84e52

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード