「はくちょう座V404星」のアウトバースト

Posted by moonrainbow on 25.2015 宇宙   0 comments   0 trackback
アウトバーストしたはくちょう座V404星に多重のX線リング(NASA)

はくちょう座V404星
月の大きさと、6月30日にとらえられたX線リングの大きさの比較(提供:(左)NASA's Scientific Visualization Studio、(右)Andrew Beardmore (Univ. of Leicester); NASA/Swift

はくちょう座V404星1
X線のリングが広がっていく様子(提供:Andrew Beardmore (Univ. of Leicester) and NASA/Swift) .

2015年6月15日にアウトバーストがとらえられたブラックホール連星「はくちょう座V404星(V404 Cygni)」を天文衛星「スウィフト」がX線で観測し、射撃の的のように見える多重リングを写し出しました。複数の塵の層で反射したX線が見えているものです

ブラックホールと太陽のような恒星との連星系「はくちょう座V404星」のアウトバースト(突発的な増光)がとらえられたのは2015年6月15日のことです。以来、世界中で様々な望遠鏡を用いて、このブラックホール連星の観測が続けられています

最初にこのアウトバーストを検出したのはNASAの天文衛星「スウィフト」ですが、2週間後に再びスウィフトがX線観測を行ったところ、満月の3分の1にも及ぶ大きさに広がる多重のリングがとらえられました。6月30日、7月2日、4日に撮影された画像から作成された動画では、リングが拡張しながら次第に暗くなっていく様子がわかります

このリングはX線のエコー(こだま)によるものです。ブラックホールがフレアを起こして放射されたX線の一部は、塵の層で反射して地球に届きますが、反射したX線は真っ直ぐに届くX線よりも遅れて地球へと到達します。その時間の遅れがエコーとして、リングが広がっていくように観測されます(つまり、塵の層そのものが広がっているのではない)。また、リングのもととなったフレアは1回だけですが、X線を反射した塵の層が地球から4000~7000光年の間に複数あるため、リングが多重に見えています

リングの変化を継続して観測することで、通常は見ることができないこのブラックホール連星系方向の星間ダスト(塵)について研究できます

2015年7月10日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6161-0f22911e

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード