冥王星からの最接近のフライバイ模様は7月15日10時2分(日本時間)ごろに受信できる予定

Posted by moonrainbow on 14.2015 太陽系   0 comments   0 trackback
冥王星探査機ニュー・ホライズンズが2015年7月14日に冥王星にフライバイで最接近しますので「NASA TV」でその模様等々を放送します

探査機ニュー・ホライズンズ
ニュー・ホライズンズの想像図(提供: NASA)

Pluto as seen from New Horizons on July 11, 2015
2015年7月11日(米国時間)に撮影した冥王星の写真を米航空宇宙局(NASA)が公開しました。ニューホライズンズは冥王星まであと100万マイル(約160万キロ)に迫っており、日本時間7月14日午後8時50分ごろ、最接近に挑む。

冥王星探査機ニュー・ホライズンズの軌道
Credit:NASA

 米航空宇宙局(NASA)は、探査機「ニュー・ホライズンズ」が2015年7月14日に冥王星に最接近するのに合わせ、インターネット番組『NASA TV』で特別番組を放送します

 NASA TVは無料のインターネット番組で、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などから視聴できます。視聴にはIE、Safari、Google Chrome、Firefoxなどのウェブ・ブラウザーが必要です。また、iOS、Android向けのアプリも用意されています

番組表は以下の通りです。時間はすべて日本時間で24時間表記となっています。
なお、この番組表は米国時間7月12日時点のもので、ミッションの状況によって、予定が変更される場合があります


NASA TV

●7月14日

0時00分~1時00分: 「ミッションの状況や今後の予定についての記者会見」

20時30分~21時00分: 「冥王星到着に向けたカウントダウン番組」

 ニュー・ホライズンズの冥王星最接近は20時49分ごろの予定です。探査機とのリアルタイムでの通信はできないですが、最接近の予定時刻に合わせ、カウントダウンと、ニュー・ホライズンズの今後についての予測などを紹介する番組が放送されます

21時00分~22時00分: 「記者会見と画像の公開」

●7月15日

9時30分~10時15分: 「ニュー・ホライズンズとの通信再開の生中継」

 冥王星通過後、ニュー・ホライズンズとの通信再開は10時2分ごろに予定されています。これはあらかじめ探査機にプログラムされているもので、そのプログラムにしたがい、探査機は信号を発信することになっています。その信号は電波に乗って約4時間半かけて地球に向けて飛び、それが10時2分ごろに受信できる予定となっています。

 この様子を、探査機を運用しているジョンズ・ホプキンス大学の応用物理学研究所にあるミッション・コントロール・センターから生中継します

10時30分~11時00分:「ニュー・ホライズンズの状態やミッションの進捗についての記者会見」

●7月16日

時刻未定:「冥王星における新発見などに関する記者会見」

最接近時の冥王星とその衛星の写真の公開と、科学チームによるその時点での見解などの発表

sorae.より
2015年7月13日

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6165-b13c479a

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード