スーパーアース3個持つ恒星「HD219134」

Posted by moonrainbow on 05.2015 太陽系外惑星   0 comments   0 trackback
地球から21光年にスーパーアース3個持つ恒星「HD219134」を発見

HD219134.jpg
中心星「HD219134」を周回する惑星「HD219134b」の想像図。

スーパーアース(巨大地球型惑星)を3個持つ、明るい矮(わい)星を中心星とする惑星系を発見したとの観測報告が2015年7月30日、発表されました。このうちの1個は、溶岩が流れる火山惑星の可能性が高いという事です

 国際天文学誌アストロノミー&アストロフィジックス(Astronomy and Astrophysics)に発表された論文によると、惑星4個からなるこの惑星系は、北半球から見えるM字型の星座、カシオペヤ座の方向に、地球から「わずか」21光年の位置にあります

 惑星系は中心星と惑星4個で構成されており、巨大惑星1個とスーパーアース3個が中心星「HD219134」を周回しています

 スーパーアースの質量は地球より大きいですが、海王星、土星、木星などのガス状巨大惑星よりは小さいです。ガスか岩石、またはその両方でできている可能性があります

 公転軌道が最も短く、公転周期が3日の惑星「HD219134b」は、地球との位置関係が適しているため、中心星の前を横切る恒星面通過(トランジット)現象が観測されています

 地上からの観測と、米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)を用いた観測により、HD219134bの質量は地球の4.5倍、大きさは地球の1.6倍であることが分かりました

 今回の研究に参加した天文学者らが所属するスイス・ジュネーブ大学(University of Geneva)が発表した声明によると「HD219134bの平均密度は地球の密度に近く、地球に類似した組成である可能性があることを示唆している」という事です

 論文共同執筆者のステファン・ユードリ(Stephane Udry)氏は、AFPの取材に「HD219134bは中心星に非常に近い。温度は427度程度だ」と語りました。「表面は熱で溶けており、火山が点在する溶岩世界のようになっている可能性が高い。生命に適した環境ではないだろう」

 HD219134bは、主星のいわゆる「ハビタブル・ゾーン(生命生存可能領域)」内には位置していないため、生命に必要とされる液体の水は存在しないと思われます

 惑星系にあるHD219134b以外のスーパーアース2個については、同惑星の次に主星に近いものは質量が地球の2.7倍で公転周期が6.8日、その外の軌道を周回するもう1つは質量が地球の8.7倍で公転周期が47日です

 研究チームによると、残る1つの巨大惑星は、主星からさらに遠い軌道を周回しており、公転周期は3年だという事です

AFPより
2015年7月31日

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6216-7e760130

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード