探査機ボイジャーが運ぶ「宇宙人のための音楽」

Posted by moonrainbow on 08.2015 ニュース   0 comments   0 trackback
NASAが公開した探査機ボイジャーが運ぶ「宇宙人のための音楽」

無人惑星探査機「ボイジャー」
1977年にNASAが打ち上げた無人探査機ボイジャー1号=NASA/JPL-Caltech

golden record
NASA uploads Voyager's 'Golden Record' audio to Soundcloud

米航空宇宙局(NASA)が地球外生命体に聴かせる目的で無人惑星探査機「ボイジャー(Voyager)」に搭載したレコードの音声が、音楽共有サービス「サウンドクラウド(SoundCloud>)」を通じて一般に公開されています

1977年に打ち上げられたボイジャー1号と2号には、人類の写真などの資料と共に、地球上の音声を収録した蓄音機用の「黄金のレコード」が搭載されました。レコードを再生するためのカートリッジと針も添えられています。収録内容は天文学者のカール・セーガン氏率いるチームが監修に当たりました

レコードに収録されているのはベートーベン、モーツァルト、ブラインド・ウィリー・ジョンソン、チャック・ベリーなどの音楽や、ジミー・カーター米大統領(当時)からのメッセージなどです。ビートルズの「ヒア・カムズ・ザ・サン」も収録される予定だったが、レコード会社のEMIが許可しなかったとされます。サウンドクラウドへの投稿は2014年から開始されました。

宇宙船に変わったものが持ち込まれた事例はボイジャーにとどまりません。2011年に打ち上げられた木星探査機「ジュノ」には木星や月の研究を行ったガリレオのレゴ人形が、冥王星探査機「ニューホライズンズ」には1930年に冥王星を発見した研究者、クライド・トンボーの遺灰が積まれました

月に着陸した有人宇宙船「アポロ12号」には男性誌「プレイボーイ」の写真やプレイメイトのグラビアが持ち込まれ、2007年のスペースシャトル「ディスカバリー」には映画「スター・ウォーズ」に登場するライトセイバーが積み込まれました

ボイジャー1号の旅は今も続く。現在は190億キロ離れた距離から地球に信号を送り続けています。信号が届くまでにかかる時間は17時間以上です。宇宙人が黄金のレコードを発見したとしても、人類がそのことに気付くまでには少し時間がかかるかもしれません

2015.08.03
CNNより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6218-a6caae53

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード