132億年前の銀河「EGS8p7」

Posted by moonrainbow on 11.2015 宇宙の誕生   0 comments   0 trackback
赤方偏移8.68は最遠方銀河の記録更新を意味する(Caltech

銀河「EGS8p7」
銀河「EGS8p7」。全体と右上はHST撮影、右下は「スピッツァー」撮影(提供: I. Labbé (Leiden University), NASA/ESA/JPL-Caltech)

ハッブル宇宙望遠鏡や赤外線天文衛星スピッツァーなどによる観測で、132億年前の初期宇宙に存在するとみられる、これまでで最も遠い銀河が発見されました

銀河「EGS8p7」はハッブル宇宙望遠鏡(HST)と赤外線天文衛星「スピッツァー」の観測データから最遠銀河候補に挙げられた天体です。米・ハワイのケック望遠鏡の分光装置「MOSFIRE」を使った追加観測で、その「赤方偏移」の値が8.68と求められました。赤方偏移は天体の距離の指標となるもので、値が大きいほどより初期の宇宙に存在する、つまり遠くにあることを表します

赤方偏移が8.68というのは、EGS8p7が今から132億年前の宇宙にあることを示しています。宇宙の年齢は138億歳なので、誕生から6億年後の宇宙にEGS8p7が存在しているということです

宇宙誕生後5億年から10億年ごろに起こった「宇宙再電離」以前は、宇宙には中性水素原子の雲が存在し、その雲が若い天体からの放射を吸収してしまいます。そのため、銀河中の星形成や若い星の存在を示す指標となるスペクトル中の特徴「ライマンα輝線」は、再電離以前の宇宙に存在するEGS8p7からは理論的に見えないはずですが、実際には検出されています

一つの説明として、再電離が一様に起こらなかったという可能性が考えられています。これまでの観測でも、再電離プロセスにはむらがあったことが示唆されています

2015年9月8日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6298-16fc8539

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード