火星に液体の水が流れている新たな証拠を発見

Posted by moonrainbow on 29.2015 火星   0 comments   0 trackback
NASAが発表した火星に液体の塩水と斜面に川が流れた跡 

liquid water on Mars1
Dark, narrow streaks on Martian slopes such as these at Hale Crater are inferred to be formed by seasonal flow of water on contemporary Mars. The streaks are roughly the length of a football field.
Hale Crater の塩水の流れとみられる火星斜面の黒っぽい筋(左)。
探査機の観測結果を画像処理しています(米航空宇宙局提供)

Animation of Site of Seasonal Flows in Hale Crater, Mars



Horowitz Crater
The dark, narrow streaks flowing downhill on Mars at sites such as this portion of Horowitz Crater are inferred to be formed by seasonal flow of water on modern-day Mars. The streaks are roughly the length of a football field
Horowitz Crater の火星斜面の黒っぽい筋

Garni crater on Mars
Dark narrow streaks called recurring slope lineae emanating out of the walls of Garni crater on Mars. The dark streaks here are up to few hundred meters in length. They are hypothesized to be formed by flow of briny liquid water on Mars.
Credits: NASA/JPL/University of Arizona
Garni crater の火星斜面の黒っぽい筋

 米航空宇宙局(NASA)は2015年9月28日、火星に液体の水が流れている新たな証拠を発見したと発表しました

火星の極地などには現在も大量の氷があることが知られていますが、水が液体で存在するかどうかは詳しく分かっていなかったのです。液体の水は生命に欠かせない条件の一つで、今後の探査にも影響しそうです

 NASAによると、火星を周回している探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」の観測結果から、火星表面の4カ所で水と過塩素酸塩の化合物を確認しました。雪道の凍結防止剤として塩類をまくように、濃い塩水は氷点が下がり、凍りにくくなります。発見地点の温度はマイナス23度より高くなるとみられ、塩水が液体で存在できるという事です

 発見地点では、急斜面の一部に川が流れた跡のような「筋」が見つかっていました。春から夏の頃にだけ黒っぽい長さ100メートルほどの筋が現れ、冬になると消えてしまうことから、液体の水が流れている可能性が高いとみられていました

 火星は、現在は砂漠のような土地が広がっていますが、かつては地球のように海洋などがあり、生命が誕生する環境があった可能性が指摘されています。NASAの火星探査は、生命の痕跡や現在も生命が生き延びている可能性が最大の焦点になっています

NASA Jet Propulsion Laboratory Live Stream



朝日新聞デジタル より
2015年9月29日

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6352-3dcbec15

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード