太陽系の最も遠いところに位置する「V774104」

Posted by moonrainbow on 19.2015 太陽系   0 comments   0 trackback
すばる望遠鏡が150億kmかなたの太陽系の最遠天体を発見(Science

V774104と太陽の想像図
V774104と太陽の想像図(提供:NASA/JPL-Caltech).

すばる望遠鏡による観測で、太陽系の最も遠いところに位置すると思われるミステリアスな天体「V774104」が発見されました

V774104.png
Subaru Telescope by Scott Sheppard, Chad Trujillo, and David Tholen

発見された小天体V774104は現在、太陽から約154億km(103天文単位、1天文単位は太陽から地球までの距離で約1.5億km)の距離にあります。これは冥王星までの距離の約3倍も遠いところです。これまで太陽系内で最も遠いとされてきた天体は準惑星エリスで、太陽からエリスまでの距離は約145億km(97天文単位)です

Oort cloud Sedna orbit
左上の図が木星までの軌道。右上の図が冥王星までの軌道。右下の図の赤い線が小惑星であるセドナの軌道。左下の図がオールトの雲。

V774104の軌道はまだはっきりわかっていませんが小惑星セドナや2012 VP113と同様、「内オールト雲天体」という分類に属するものかもしれません。セドナなどは太陽に一番近づくときでも50天文単位より内側には来ず、反対に一番遠いときには1000天文単位ほどにも太陽から遠ざかります。こうした天体の軌道は、さらに遠くの未知の太陽系内天体や別の恒星の影響を受けているのかもしれません

「わたしたちが考えていた以上に太陽系が大きいという、新たな証拠です。V774104の軌道を明らかにして、幅500~1000kmほどと考えられている天体の正確な大きさを決定するにはもう少し時間が必要ですが、この距離に位置していて見えるのですから、大きいはずです」(コーネル大学 Joseph Burnsさん)。

2015年11月13日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6459-720d9f8f

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード