「真珠母雲」はオゾン層の破壊に関わっている

Posted by moonrainbow on 13.2016 地球   0 comments   0 trackback
ノルウェー北部を怪しく照らす虹色に揺らめく妖美な雲「真珠母雲」

真珠母雲

ノルウェー北部トロムスで2015年12月下旬、虹色に揺らめく楕円形の物体が朝の空を照らしていました。何とも怪しい美しさで、不吉な予感すら感じさせるこの物体は、真珠母雲と呼ばれます、高度20~30km付近の成層圏にできる特殊な雲で、北極や南極などの極地で主に冬場に発生します

 北極圏の冬は、日中でも薄明るく、太陽が沈んだ状態が続く極夜の間は、オーロラがきらびやかな光景を描きます

 この真珠母雲も極夜に出現することが多く、オーロラと同様にとても美しいです。だが、この雲は、オゾン層の破壊と関わっているという点でオーロラとは大きく異なります。真珠母雲を作り上げている氷の粒は、オゾンを破壊する化学反応の下地になる可能性があるのです

真珠母雲1

  太陽の光を受け、小さな氷の結晶が反射することで虹色に輝きます。この雲が鮮やかな虹色をしている理由は、雲を構成する雲粒の大きさが均一であることが考えられています

真珠母雲2

 しかし、太陽高度が上がると共に上昇した気温によって融解が起き、太陽光と科学反応することで、塩素原子などの危険な化合物がこの壮麗な雲の中で生成されてしまいます

真珠母雲3

  「綺麗な花には棘がある」ということわざがありますが綺麗な雲にも不吉な何かがあるようです。この真珠母雲は、オゾン減少のしくみを調べる上での重要な研究対象にもなっています

真珠母雲4

via Photographer Truls Melbye Tiller captured a truly magnificent moment.

下は同じくルウェーで2014年に公開された真珠母雲です

Rainbow colors and polar stratospheric clouds



These Photos Of The Arctic Circle Are Amazing, But They Could Spell Big Troubleより

2016年01月08日
カラパイアより「

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6599-a59c1eb1

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード