イーロン・マスク氏は2025年までの有人火星探査を考えている

Posted by moonrainbow on 07.2016 未分類   0 comments   0 trackback
「2025年までに人を火星に到達させる」スペースXのイーロン・マスク氏

space x.jpg
Space Xより

民間のロケット会社として成功をおさめるスペースXのイーロン・マスク氏が、香港のスタートアップイベントにて「2025年までに人を火星に到達させたい」と明かしました。計画の詳細は年内に発表するとも発言しており、スペースXの計画に期待が集まっています
 
 マスク氏は「火星への到達は人類が生存し、多惑星で生存するために重大なミッションだ」と表明しています。同氏は一つの惑星に囚われたまま将来の絶滅の可能性を待つのがいいのか、それとも複数の惑星で生存するのかどちらがいいのか? と問いかけた上で、「火星(への移住)は次へのステップとして自然だ。実際、火星は人類が到達し、生活環境を作れる唯一の惑星なのだから」と語っています。マスク氏は過去にも火星への移住が人類の生存のために必須だと語っていました。現在NASAは2030年代の火星への有人探査を計画していますが、マスク氏の計画はそれより10年近く早いものになります
 
 この計画が果たして現実的なものなのか…は、年内に発表される詳細を確認する必要があるでしょう。しかし、同社のロケット「ファルコン9」は人工衛星の打ち上げにおいてすでに実績を積んでおり、さらに宇宙船「ドラゴン2」のホバリング試験やパラシュート試験なども成功しています
 
soraeより
2016年2月1日

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6639-5c6c3dba

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード