X線天文衛星「ASTRO-H」

Posted by moonrainbow on 11.2016 ニュース   0 comments   0 trackback
H-IIAロケット30号機によるX線天文衛星(ASTRO-H)が、2016年2月12日17時45分に打ち上げへ

X線天文衛星「ASTRO-H」

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2016年2月10日、X線天文衛星「ASTRO-H」を搭載したH-IIAロケット30号機の打上げについて、当初の予定通り2月12日(金)17時45分(日本標準時)に実施すると発表しました

打ち上げ可能な時間帯は17時45分~18時30分(日本標準時)までで、またこの日打ち上げができなかった場合に備え、打ち上げ予備期間として2月13日(土)~2月29日(月)までが確保されています

打ち上げの模様はインターネットを通じて生中継される他、全国各地でパブリックビューイングが開催されます

ASTRO-HはJAXAなどが開発した衛星で、X線を使って宇宙を観測することを目的としています。日本は1979年に打ち上げられた「はくちょう」に始まり、長年X線天文衛星を打ち上げ続けてきました。ASTRO-Hは2005年に打ち上げられ、今年運用を終了した「すざく」の後継機となります

ASTRO-Hはこれらの新機能を駆使し、暗黒エネルギーや暗黒物質(ダークマター)の支配のもとで「見える物質」が宇宙最大の天体である銀河団を作ってきた過程や、多数の銀河の中心に君臨する巨大ブラックホールの生い立ちに切り込み、また中性子性やブラックホールにおける極限状態での物理法則を探ります

なお、ASTRO-Hの打ち上げ成功後には、「はくちょう」や「すざく」のような愛称が付けられることになっています

またH-IIAロケット30号機では、打ち上げ能力の余裕を利用して、名古屋大学の「ChubuSat-2」、三菱重工の「ChubuSat-3」、九州工業大学の「鳳龍四号」の、合計3機の小型衛星も搭載されて打ち上げられます

Image Credit: JAXA

2016/02/10
Soraeより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6673-fb37d75d

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード