PB3877

Posted by moonrainbow on 23.2016 未分類   0 comments   0 trackback
身元も原因も不明、超高速連星「PB3877」を初めて発見(W.M. Keck Observatory

PB3877の現在の位置と太陽の位置を示したイラスト
PB3877の現在の位置と太陽の位置を示したイラスト(提供:THORSTEN BRAND) .

天の川銀河から脱出できるほどの高速で移動している連星が見つかりました。同様の速度を持つ、天の川銀河から遠ざかる単独の星は25個ほど知られていますが、離れた連星が発見されたのは初めてのことです

かみのけ座の方向に位置するPB3877は、2011年にスローン・デジタル・スカイサーベイのデータから見つかった天体で、当初は高温で超高速のコンパクトな星として報告されていました

独・フリードリヒ・アレクサンダー大学のPéter Némethさんたちの研究チームがハワイのケック10m望遠鏡とヨーロッパ南天天文台の大型望遠鏡VLTでこの星を分光観測したところ、低温の伴星の存在が示され、PB3877が超高速の離れた連星らしいことが明らかになりました。表面温度が太陽の5倍以上で質量が太陽の約半分の星と、太陽より1000度ほど温度が低く太陽の約0.7倍の質量の星との連星系で、地球から1万8000光年の距離にあります

これまでに25個ほどの超高速星が見つかってきましたが、それらはすべて単独の星であり、連星は今回が初の発見です

PB3877の起源はわかっていません。超高速星の多くは銀河中心の超大質量ブラックホールで加速されたものと考えられていますが、PB3877の軌道計算から銀河中心起源説は否定されています。また、星同士の衝突や超新星爆発が起源の可能性もありますが、いずれの場合も連星は崩壊するはずです

この連星は他の銀河からやってきた天体だとする考えもあります。その場合には長期にわたって徐々に加速されるので、星自体は無傷でいられるのです。とはいえ、天の川銀河の周囲にあるどの星の流れとも関連は見られず、やはり連星の起源やその将来についてははっきりしないのです

PB3877が天の川銀河を離れてしまうのか、それとも銀河内に留まるのかは、銀河内のダークマターの量に依存します。PB3877は、天の川銀河のダークマターのモデルを検証するうえでも、うってつけの天体だということです

Two possible trajectories of the binary system PB3877



2016年4月15日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/6827-611076a8

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード