火星で火山活動を示す鱗珪石を発見

Posted by moonrainbow on 28.2016 火星   0 comments   0 trackback
火星探査車キュリオシティが火星で予想外の鉱物を発見

キュリオシティのセルフィー
昨年8月に撮影されたキュリオシティのセルフィー(自分撮り)。中央下の白い部分は岩を掘ってできた粉(提供:NASA/JPL-Caltech/MSSS).

火星のゲール・クレーターで調査を続けている探査車「キュリオシティ」が鱗珪石という鉱物を発見しました。火星では起こらなかったと考えられている高温の火山活動で作られるはずの鉱物が存在するということは、火星の歴史を考え直す必要があるのかもしれないのです

NASAの火星探査車「キュリオシティ」は2012年8月に火星に着陸し、移動しながら火星の調査を行っています

2015年7月、ゲール・クレーター内の「バックスキン」と名付けられた場所で堆積岩を掘り、採取したサンプルを分析したところ、鱗珪石( Tridymite)(りんけいせき、トリディマイト)という鉱物が見つかりました

鱗珪石は珪質火山活動という爆発的なプロセスの高温環境で作られるもので、地球では鹿児島県の硫黄島(薩摩硫黄島)などの火山がそういった環境にある場所です

しかし、火星ではこうした火山活動は起こっていなかった(起こっていたとしても小規模だった)と考えられています。今回の発見により、火星の歴史を考え直す必要があるかもしれないのです

2016年6月27日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7014-87f791c2

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード