超新星残骸G11.2-0.3の最新の画像が公開されました

Posted by moonrainbow on 02.2016 ニュース   0 comments   0 trackback
歴史上の超新星残骸G11.2-0.3は実は見えていなかった?

超新星残骸G11.2-0.3
Photograph by NASA/CXC/NCSU/K.Borkowski

 超新星残骸G11.2-0.3の最新の画像が公開されました。NASAのX線観測衛星チャンドラがX線で撮影し、波長ごとに色分けした画像に、背景として可視光で撮影した星の写真を重ねたものです

歴史上最も明るい超新星爆発の記録を新たに発見

 突然、明るい星が出現したかと思いきや、すぐに見えなくなってしまう珍しい天文現象ゆえ、超新星爆発は歴史的な資料に記録されることがあります。一方、現在の残骸を観測しても、爆発が起きた年を特定するのは難しい。そのため、超新星の研究では歴史資料との照合がしばしば行われ、年代が特定されたものもあります

 だが、G11.2-0.3の場合は時期尚早だったようです。この残骸は、これまで西暦386年に中国で記録された超新星のものと考えられていましたが、新たな研究により、地球との間に分厚いチリの雲が連なっていることが明らかになりました。したがって、研究者らは肉眼で見えるほど明るくなかったのではないかと疑問を呈しています
.
ナショナル ジオグラフィックより
2016年8月23日

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7112-c76e5e89

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード