銀河「Dragonfly 44」

Posted by moonrainbow on 30.2016 未分類   0 comments   0 trackback
99.99%がダークマターでできた銀河「Dragonfly 44」(W. M. Keck Observatory)/Gemini Observatory/YaleNews)

Dragonfly 44
Dragonfly 44。(左)スローン・デジタル・スカイ・サーベイ、(右)ジェミニ望遠鏡(提供:Pieter van Dokkum, Roberto Abraham, Gemini, Sloan Digital Sky Survey)

かみのけ座の方向に、天の川銀河と同程度の質量を持ちながら、そのほとんどがダークマターでできている銀河が見つかりました

米・イェール大学のPieter van Dokkumさんたちの研究チームが、米・ハワイにあるW. M. ケック望遠鏡とジェミニ北望遠鏡を使った観測から、かみのけ座銀河団内に新たに銀河を発見しました。約4億光年彼方という宇宙スケールでは近いところにあるにもかかわらず、2015年になってようやく見つかったのは、この銀河「Dragonfly 44」がとても暗いためです

さらに詳しく調べてみると、Dragonfly 44には見えている(電磁波で観測できる)以上の物質が存在することがわかりました。星(見えている質量)が少なすぎるため、銀河を一つにまとめる働きをする何かがない限り、銀河がバラバラになるはずだからです

そこで、Dragonfly 44の質量を測るために、銀河内の星の運動速度が測定されました。星の運動が速いほど、銀河には多くの質量があるということになります。星の運動速度からDragonfly 44の質量を求めたところ、太陽1兆個分と見積もられました。これは天の川銀河とほぼ同程度の質量です

そしてこの全質量のうち、星や普通の物質が占める割合は、わずか0.01%であることもわかったのです。つまり残る99.99%はダークマター(暗黒物質)だということになります。これほど大きな銀河でありながらほとんどがダークマターという銀河の存在は予想外でした。質量のほとんどがダークマターという銀河はこれまでにも見つかってきましたが、それらはDragonfly 44よりもはるかに軽い矮小銀河です。「こんな銀河がどうやって作られたのか、まったく見当もつきません」(カナダ・トロント大学 Roberto Abrahamさん)。

「Dragonfly 44は、ダークマターの研究に大きな意味を持ちます。天体のほとんどがダークマターということは、星やその他の銀河内物質などとの混同を避けることができるからです。質量の大きい新たな種類の天体を対象とした研究分野の幕開けです」(van Dokkumさん)。

2016年8月29日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7122-c972f1ec

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード