銀河団「CL J1001+0220」

Posted by moonrainbow on 09.2016 銀河団   0 comments   0 trackback
112億年彼方にX線が検出された最遠の銀河団

銀河団「CL J1001_0220」
銀河団「CL J1001+0220」(提供:X-ray: NASA/CXC/CEA/T. Wang et al; Infrared: ESO/UltraVISTA; Radio: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO))

ハッブル宇宙望遠鏡で発見された銀河の集まりが銀河団であることが、アルマ望遠鏡やX線天文衛星などの観測から明らかになりました。この天体までの距離は112億光年で、X線が検出された銀河団としては最遠のものです

ろくぶんぎ座方向にある銀河の集団「CL J1001+0220」は、ハッブル宇宙望遠鏡による発見当初は見かけだけの集まりなのか、それとも実際に重力で結びついた「銀河団」なのかがはっきりしていなかったのです

Tao Wangさん(フランス原子力・ 代替エネルギー庁)たちの研究チームは、アルマ望遠鏡など各国の大型望遠鏡の観測から、CL J1001+0220に含まれる銀河がほぼ同じ距離にあり、見かけのうえだけではない銀河団であることを確認しました

さらにNASAの「チャンドラ」とヨーロッパの「XMM-Newton」という2つの天文衛星の観測から、これらの銀河を取り囲む巨大なX線放射源を検出しました。これは、銀河団内に満ちた高温のプラズマガスによる放射とみられます

CL J1001+0220の赤方偏移はz=2.506で、最新の宇宙論パラメータを用いて計算すると銀河団までの距離が112億光年と求められています。これはX線が検出された銀河団としては最遠のものです

今回の発見により、これまで考えられていたよりも7億年ほど昔から宇宙に銀河団が存在していたことが明らかになりました。これまで見ることのできなかった誕生直後の銀河団として、今後も注目を浴びそうです

2016年9月1日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7134-766a44ea

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード