高速電波バースト「FRB 150807」

Posted by moonrainbow on 25.2016 宇宙   0 comments   0 trackback
観測史上最も明るい高速電波バースト

電波の周波数ごとのFRB 150807の強さ
電波の周波数ごとのFRB 150807の強さ。赤が低周波で青が高周波。横軸は時間の経過を表す(提供:Courtesy of V. Ravi/Caltech)

高速電波バーストとは、数十億光年彼方で発生する謎めいた電波フラッシュです。2015年に観測された現象は、これまでの高速電波バーストのうちで最も明るく、最も正確に位置が特定できたものとなりました

米・カリフォルニア工科大学のVikram Raviさんと豪・カーティン工科大学のRyan Shannonさんたちの研究チームは、つる座の方向に位置する天の川銀河内のパルサー(高速で自転し電波などを放射する中性子星)を電波観測でモニタリングしていた際に高速電波バースト「FRB 150807」をとらえました

高速電波バースト(FRB)はこれまでに18例しか観測されたことがない珍しい現象です。そのほとんどは一度バーストを起こしただけで繰り返し光ることはなく、しかも広大な領域を観測する望遠鏡によって検出されてきたために、バーストの起こった方向に望遠鏡を向けることは困難でした。しかしFRB 150807は非常に明るく、そのおかげで精度よく発生源の位置が確定されたのです

Raviさんたちによると、毎日2000~1万のFRBが発生しており、そのうち10個に1つの割合でFRB 150807と同程度の明るさのものがあると計算されています

FRB 150807は親銀河中の物質によってわずかに歪められているだけだとみられています。これは、FRBの方向にある銀河間空間の物質は理論が予測するほど荒れ狂っていないということを示しており、銀河間物質の乱れに対する初の直接的な知見です

どのようなメカニズムでFRBが放たれているのかはまだわかっていないが、今回の発見は、銀河間に存在する微かな網の目構造を理解する一歩となりそうです。「FRBは数十億光年彼方で起こっているので、その天体と地球との間の宇宙を研究するために役立ちます。目に見える物質の半分ほどは銀河間空間に薄く広がっていると考えられていて、望遠鏡では通常見ることはできませんが、FRBを使って調べることが可能です」(Raviさん)。

2016年11月21日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7307-c562561f

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード