欧・露のミッション「エクソマーズ(ExoMars)」

Posted by moonrainbow on 07.2016 火星   0 comments   0 trackback
火星周回探査機「TGO」の試験撮影好調

「TGO」搭載のカメラ「CaSSIS」による初映像の静止画
「TGO」搭載のカメラ「CaSSIS」による初映像の静止画。「動画はこちらから」提供:ESA/Roscosmos/ExoMars/CaSSIS/UniBE、以下同)

2016年10月19日に火星周回軌道へ入った欧・露のミッション「エクソマーズ」の周回探査機「TGO」が観測機器のテストを行った。無事に性能が確かめられ、初画像が公開されました

周回探査機「TGO」は現在、火星上空230~310km、1周9800kmの楕円軌道を4.2日かけて周回しています。11月20~28日にかけて、搭載されている観測機器を火星到着後初めて試験稼働させました

TGOの主目的は大気の1%以下を占めるガス(メタン、水蒸気、一酸化窒素、アセチレンなど)の詳細な一覧を作成することで、なかでも興味深いのは、地球上では主に微生物の活動によって作られるメタンです。メタンはさらに、量こそ少ないものの熱水作用のような地質学的プロセスでも作られることが知られています

機器のうち、「Atmospheric Chemistry Suite」は火星の大気の大部分を占めている二酸化炭素に焦点を当てて観測を行いました。また「Nadir and Occultation for Mars Discovery instrument」は水を観測し、どちらの装置も高感度で大気のスペクトルを取得できることを示しました。さらに、火星の表面における中性子の流れを計測する中性子検出器「FRENDO」は、火星の表層やその地下の組成を調べることができ、とくに水や氷が注目されています

一方、カラー撮像器「Colour and Stereo Surface Imaging System」は11月22日の接近飛行で11枚の画像を取得し、上空235kmからヘベス谷をとらえたり、ノクティス迷路の一部の立体画像を作成したりしています

立体的に再現されたノクティス迷路の一部
立体的に再現されたノクティス迷路の一部

2017年の終わり頃には、TGOは高度400kmのほぼ円形軌道上を周回するようになります。「機器が順調でとても幸せです。このすばらしい周回機が今後どんなことを成し遂げてくれるのか楽しみです」(TGOプロジェクトサイエンティスト Håkan Svedhemさん)。

2016年11月30日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7324-2be0b6d1

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード