銀河「IC 3639」と銀河「NGC 1488」の中心のブラックホール

Posted by moonrainbow on 17.2017 ブラック・ホール   0 comments   0 trackback
近傍銀河に潜むガスと塵に隠された超大質量ブラックホール(NASA JPL)

NGC 1448
NGC 1448(提供:Carnegie-Irvine Galaxy Survey/NASA/JPL-Caltech)

X線観測衛星NuSTARが、2つの近傍銀河の中心に潜む超大質量ブラックホールの存在を確認しました。大量のガスや塵に隠されていてもX線なら観測が可能です

多くの銀河の中心には、太陽の数百万倍から数億倍にも及ぶ大質量のブラックホールが存在していると考えられています。ブラックホールに飲み込まれる物質が高温になることで電波からX線まで莫大な電磁波が放射され、銀河の中心は非常に明るい「活動銀河核」として観測されます

活動銀河核の向きや、その周辺にどのような物質がどのくらい、どういう方向に存在しているかによって、活動銀河核の見え方は大きく異なります。周囲がドーナツ状の厚いガスや塵で覆われて隠されていると、中心部を外の横から直接見ることは難しいです。

英・ダラム大学のAdy AnnuarさんたちがNASAのX線天文衛星NuSTARで観測したのは、こうした「隠された」活動銀河核から放射され、周囲のドーナツ型の構造で反射したX線です

地球から1億7000万光年の距離に位置するケンタウルス座の銀河「IC 3639」のNuSTARによる観測データを、NASAのX線望遠鏡「チャンドラ」と日本のX線天文衛星「すざく」のデータと比較したところ、この銀河が明るいのは活動銀河核の存在によるものだと確認されました。つまり銀河の中心には隠された超大質量ブラックホールが存在していることになります。 別のターゲットとなったNGC 1448は地球から3800万光年彼方の、おうし座にある渦巻銀河です。宇宙規模ではごく近くにあると言えるこの銀河の中心にブラックホールが見つかったのは2009年のことです

観測データから、NGC 1488にはIC 3639と同様に、中心の超大質量ブラックホールを隠す厚いガスや塵が存在するはずであることが初めて明らかにされました。また、NGC 1488では500万歳という若い星の大集団も発見されています

「NuSTARによって、私たちのすぐ近くに存在する宇宙のモンスターに関する情報が得られることは、実にエキサイティングです」(NASAジェット推進研究所 Daniel Sternさん)。

2017年1月12日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7436-80be5aa1

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード