星を飲み込むブラックホール

Posted by moonrainbow on 16.2017 ブラック・ホール   0 comments   0 trackback
10年以上かけて星を飲み込むブラックホール(NASA)


Black Hole Meal
(NASA/Chandra X-ray Observatory/M.Weiss via AP)

 米国の科学者らが、10年以上という長い歳月をかけて星を飲み込むブラックホールを発見しました。このブラックホールは今もまだ星の咀嚼を続けているというのです

 この“食事”が行われているのは、地球から18億光年離れた小さな銀河においてです。

 米ニューハンプシャー大学の科学研究員ダーチェン・リン氏によれば、ブラックホールが星を飲み込む現象は1990年代から観測されていますが、どれも1年ほどしか続かず、11年以上も続くのは過去最長の記録です

 リン氏とそのチームは軌道を周回するX線望遠鏡からのデータを用いて、ブラックホールの食事の様子を研究しました。通常、星がブラックホールに吸い込まれると、何百万度にも熱せられ、爆発的なX線フレアが発生します。ブラックホールは明らかに“ウェルダン”の星がお好みのようです

 「私たちは壮大かつ長期にわたる星の死を目撃しているところだ」とリン氏は声明で語っています

 このブラックホールから放射されるX線は、別の点でも予想を超えているというのです

 「私たちが観察してきたほとんどの期間、このブラックホールは急成長を続けています。ここから分かるのは、このブラックホールには、私たちの太陽の2倍の重さの星のように、何か普通ではないものが吸い込まれているということだ」。論文の共著者であるハーバード・スミソニアン天体物理学センターのジェームズ・ギロション氏はそう語っています

 このブラックホールの食事が始まったのは2005年7月頃のこと。コンピュータモデルによると、今後10年間で活動は徐々に弱まっていく見通しです

 この発見に関する論文は2017年2月6日に学術誌「Nature Astronomy」で発表されました

ITmedia NEWSより
2017年2月7日

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7505-f8ca9c61

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード