39光年先に3つの生命存在可能な惑星を発見

Posted by moonrainbow on 23.2017 太陽系外惑星   2 comments   0 trackback
NASAが7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見、その中の3つは生命存在可能

ハビタブル惑星

NASA VR: On the Surface of Planet TRAPPIST-1d (360 view)



これまでもさまざまな生命の存在が可能な惑星「ハビタブル惑星(Habitable-Zone Planets)」が発見されてきましたが、今回はさらなる快挙です。NASAは2017年2月22日、地球から39光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました
 
この赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する系外惑星のうち、3つは表面に水の存在しうる「ハビタブル惑星」に相当。地球外生命体の存在の調査が期待されます

TRAPPIST-1.jpg
 
今回の観測は、ヨーロッパヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡(VLT)とNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡によって行われました。TRAPPIST-1のサイズは木星より少し大きい程度で、質量も太陽の8%しかありません。そして、その周りを7つの系外惑星が周回しています
 
TRAPPIST-1は非常に暗い恒星で放出するエネルギーも少ないのですが、惑星が非常に近くを周回しているためにハビタブル惑星が存在しています。系外惑星はTRAPPIST-1に近いものから「TRAPPIST-1b、c、d、e、f、g、h」と名付けられ、恒星から太陽と水星の間に収まるほどの距離を周回しています
 
NASA & TRAPPIST-1: A Treasure Trove of Planets Found



TRAPPIST-1b、c、d、e、f、gは岩石からできており、そのうちb、c、dは恒星から近すぎて液体の水を保持するには高温すぎます。そこで、TRAPPIST-1e、f、gがハビタブルゾーンに存在することが判明したのです。また、これらの惑星には水の海が存在する可能性もあります
 
今後、TRAPPIST-1とその系外惑星はハッブル宇宙望遠鏡、それに今後設置される欧州超大型望遠鏡やジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡によって観測が予定されています
 
Image Credit: NASA / JPL-Caltech

2017/02/23
Soraeより



こんにちは。
生命体の確認ができると、さらに面白くなりそうです。。。が、どんな生命体かわからない所でドキドキしますね。
2017.02.23 15:38 | URL | yokoblueplanet #- [edit]
yokoblueplanetさん

きっと、生命体はいるでしょうが、
どんな形か解らないですが、
楽しみです。
ただ、この惑星の詳細が分からないですが、
地球と同じように50億歳くらいなら、
人間と同じ生命体はいるでしょうね。
VRみたいな状態だと思いますが、
行ってみたいですね。
でも、地球人みたいに戦いのある星でない事を願います。
2017.02.24 16:23 | URL | moonrainbow #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7529-fd677e0d

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード