すばる望遠鏡が観測データを公開

Posted by moonrainbow on 07.2017 ニュース   0 comments   0 trackback
すばる望遠鏡、7000万個の銀河や星の観測データを公開

すばる望遠鏡

ハワイ島のマウナ・ケア山山頂に設置された大型望遠鏡の「すばる望遠鏡」。このすばる望遠鏡によって観測された7000万個もの銀河や星を含む観測データが、全世界に公開されています
 
今回のデータは、すばる望遠鏡に搭載された超広視野主焦点カメラ「Hyper Suprime-Cam(HSC)」によって撮影されたものです。現在このカメラを利用した観測プログラム「HSC-SSP」が実施されており、今回公開されたのはその第1期データ。上の画像はろくぶんぎ座方向(COSMOS領域)で、これだけでも1000以上の銀河が含まれているそうです
 
HSCはすばる望遠鏡用のデジタルカメラで、重さ3トンもある巨大なものです。内部には約8億7000万画素の高感度CCDが真空容器内に冷却されて搭載されており、1.77平方度の天域を一度に撮影することができます
 
このようなデータは宇宙の全貌を把握し、その起源や進化の研究に役立つことが期待されています。観測は2014年から5〜6年かけて進められ、今後もさらなるデータ公開が予定されています。また、今回のデータは誰でも閲覧することが可能です
 
Image Credit: プリンストン大学/HSCプロジェクト

2017/03/01
Soareより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7547-8f0abeeb

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード