かに星雲の詳細な画像が公開

Posted by moonrainbow on 27.2017 星雲   0 comments   0 trackback
電波+赤外線+可視光線+紫外線+X線で観測された、かに星雲(NASA)

かに星雲
5つの異なる波長からのデータを重ね合わせたかに星雲。赤:電波/黄:赤外線/緑:可視光線/青:紫外線/紫:X線と色を割り当てた擬似色画像(提供:NASA, ESA, NRAO/AUI/NSF and G. Dubner (University of Buenos Aires))

5つの望遠鏡を用いて多波長で撮影されたデータから作成された、かに星雲の詳細な画像が公開されました

おうし座の方向約6500光年彼方に位置する「かに星雲」は1054年に観測された、星の最期の大爆発である超新星爆発の残骸です。見た目がカニの姿を思わせることからその名が付けられていますが、この複雑で繊細な構造は、星雲の中心に存在するパルサー(高速で自転する中性子星)やパルサーからの高速粒子の流れ、超新星爆発の際に放出された物質、爆発前の星から吹き出していた物質が組み合わさり、約1000年かけて作られたものです

アマチュア天文ファンにも観望や撮影対象として人気の高い天体ですが、比較的近距離にあり明るいことから研究対象としても非常に重要な天体であり、これまでにも多数の観測が行われています

今回公開されたのは、4機の天文衛星を含む5つの天体望遠鏡が、それぞれ別々の波長域で観測したデータから作成された画像です。カール・ジャンスキー超大型干渉電波望遠鏡群(VLA)が電波、衛星「スピッツァー」が赤外線、ハッブル宇宙望遠鏡が可視光線、衛星「XMM-Newton」が紫外線、衛星「チャンドラ」がX線で、かに星雲を観測し、それぞれのデータごとに擬似的に色を割り当てています

「(それぞれの波長で見える物質や物理過程が異なるので)波長ごとの観測データを比較すると、かに星雲についての新たな情報が得られます。長年にわたって研究されているかに星雲ですが、まだまだ調べるべきことはたくさんあります」(アルゼンチン・ブエノスアイレス大学 Gloria Dubnarさん)

Composite View of the Crab Nebula


合成前の5つの波長別データを示すアニメーション。波長ごとに見え方が大きく異なることがわかる(提供:NASA, ESA, J. DePasquale (STScI))

2017年5月12日
Astro Artsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7717-bb83a381

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード