月の近くの居住区「Deep Space Gateway」と火星への探査船「Deep Space Transport」を計画

Posted by moonrainbow on 20.2017 火星   0 comments   0 trackback
NASAが有人火星探査に向けて2027年に月の近くの居住区「Deep Space Gateway」で宇宙飛行士を1年ほど滞在させる予定

有人火星探査計画の最初の2フェーズの内容

現在NASAは2030年代の有人火星探査を目指していますが、その計画はいくつかの段階を踏んだものになりそうです。同宇宙局はワシントンDCで開催された「Humans to Mars Summit」にて、有人火星探査計画の最初の2フェーズの内容を明かしました
 
NASAは深宇宙探査プログラム「NextSTEP」の一環として、月の近くの居住区「Deep Space Gateway」と火星への探査船「Deep Space Transport」を計画しています。そして有人火星探査に向けて、2027年に月近くのDeep Space Gatewayへと宇宙飛行士を1年ほど滞在させる予定なのです。このDeep Space Gatewayの建造には最低4回の有人ミッションや、無人によるDeep Space Transportの運搬も必要です
 
Deep Space Gatewayの建造は、2018年から2026年の「フェーズ1」と呼ばれる期間に行われます。こちらでは4回に分けて電源と推進バス、居住空間、ロジスティックモジュール、エアロックが運ばれる予定です。またロボットアームも運搬されます。そして2027年の「フェーズ2」では、Deep Space Transportと別のミッションで宇宙飛行士が運搬されます。さらに2020年代中に必要物資を運搬し、2030年代に火星へと飛び立つのです
 
このような資材運送には、NASAの次世代ロケット「SLS(スペース・ローンチ・システム)」も利用されます。同ロケットの無人での初打ち上げは2019年を、そして有人での初打ち上げは2021年を予定
 
Image Credit: NASA/The Humans to Mars Summit

2017/05/15
Soraeより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7720-b77e6a4a

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード