3度目の重力波検出

Posted by moonrainbow on 11.2017 重力波   0 comments   0 trackback
重力波検出器「LIGO」が3度目の重力波検出

公転に対して傾いて自転する2つのブラックホールの想像図
公転に対して傾いて自転する2つのブラックホールの想像図(提供:LIGO/Caltech/MIT/Sonoma State (Aurore Simonnet))

重力波検出器「LIGO」が、3度目となる重力波の検出に成功しました。約30億光年彼方で2つのブラックホールが合体し、太陽の約49倍の質量を持つブラックホールが形成された際に発生したものです

アメリカに設置された双子のレーザー干渉計型重力波検出器「LIGO」が2017年1月4日に重力波の検出に成功していたことが発表されました。2015年9月、同年12月に続く3度目の検出となります

今回LIGOがとらえた重力波は、過去2例と同様に2つのブラックホールが合体した現象で放出されたものです。太陽の19倍と32倍の質量を持つ恒星質量ブラックホールが合体して太陽の49倍のブラックホールができ、太陽2個分の質量のエネルギーが重力波として放出されました。過去2例の合体後のブラックホールの質量は太陽の62倍と21倍だったので、今回のものはちょうどその間になります。「太陽の20倍以上の質量を持つ恒星質量ブラックホールの存在について、更なる確証が得られました。LIGO以前には存在が知られていなかったものです」(米・マサチューセッツ工科大学 David Shoemakerさん)

また、今回の現象は30億光年彼方で発生したものと見られており、1回目(13億光年)、2回目(14億光年)よりもずっと遠いです

3度目となった検出では、合体前のブラックホールの自転に関する手がかりが得られました。ブラックホ―ルのペアは互いの周りを回りながら、同時にそれぞれが自転しています。公転と自転が同じ向きの場合もあれば、反対のことも、公転軌道面に対して自転軸が大きく傾いていることもあります。今回のデータでは、合体前のブラックホールのうち少なくとも一つの自転は公転と同じ向きではなかったことが示唆されています

このずれは、ブラックホール連星系の形成にヒントを与えるものとなります。ブラックホール連星系の形成モデルには主に2つあり、そのうち一つは、連星系の星それぞれが爆発して2つのブラックホ―ルが同時に誕生するというものです。この場合、元の星は公転と同じ向きに自転していたためブラックホールも公転と自転が同じ向きに揃います

もう一方のモデルでは、ブラックホール同士は混雑した星団内で出会い、星団の中心に沈んで連星系となります。このシナリオの場合、ブラックホールの自転は公転に対してどんな方向もありうります。3度目の重力波検出でLIGOが得たいくつかの証拠は、最終的に合体したブラックホール連星が形成されたのは密集した星団内だったというモデルの方がやや可能性が高いことを示しています

「(3度目の検出で)いよいよブラックホール連星系について統計を集め始めるところです。ブラックホ―ル連星系形成に関するモデルのうちいくつかは現時点ですでに他より有力ですが、将来的にはもっと絞り込めるでしょう」(米・カリフォルニア工科大学 河邊径太さん)

また、アインシュタインの一般相対性理論の検証として、重力波に「分散」と呼ばれる効果が見られないこともあらためて確認されました

「ブラックホ―ル同士の衝突・合体による3度目の重力波を検出し、LIGOは宇宙のダークサイドを明らかにできる強力な検出器としての地位を確立しつつあります。こうした現象の観測にLIGOが適している一方で、私たちは中性子星同士の衝突(による重力波の検出)という別のタイプの激しい天文現象が見られることに期待しています」(米・カリフォルニア工科大学 David Reitzeさん)

2017年6月5日
Astro Aratsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/7763-0b484cbc

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード