FC2ブログ

約90億光年も離れた恒星

Posted by moonrainbow on 07.2018 宇宙   0 comments   0 trackback
「重力レンズ」効果で最遠記録である90億光年先の恒星観測

90億光年先の星
ハッブル宇宙望遠鏡で観測した銀河(左)と、その中で見つかった90億光年先の星(右下の矢印)。右上の過去の画像では星は「重力レンズ」効果の範囲外にあり写っていない(NASA/ESA提供)

 約90億光年も離れた恒星をハッブル宇宙望遠鏡で観測できたと、米カリフォルニア大や東京大、東北大などの国際研究チームが2018年4月2日発表しました。手前にある銀河団の強い重力がレンズの役割を果たし、最大で2000倍超も明るく見えました

 単独の恒星はこれまで1億光年以内しか観測できなかったのですが、重力レンズ効果で大幅に記録を更新しました。論文は英科学誌ネイチャー・アストロノミーに掲載されます

 この恒星は質量が太陽より大きく、熱く明るいが、通常は遠過ぎて観測できないのです。今回は手前の銀河団に強い重力を持つ「暗黒物質」が分布している上、恒星からの光が望遠鏡に届く経路付近に、太陽くらいの別の星が入り込んだため、一時的にレンズ効果が増強されました。2016年5月に最も明るくなってから急に暗くなり、「イカロス」と呼ばれています

 重力レンズ効果を持つ銀河団は、しし座の方向、約50億光年先にあります。93億光年先で起きた超新星爆発が4重に見える画像が14年にハッブル宇宙望遠鏡で撮影されており、その後も観測を続ける過程でイカロスが見つかったのです。 

 大栗真宗・東大助教によると、今回の観測は暗黒物質の解明を目指す研究にも役立っています。暗黒物質は質量が太陽の数十倍あるブラックホールから構成されているとの説は、正しくないことが分かったそうです

2018年4月3日
時事通信より

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/8465-dbb090a1

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード