FC2ブログ

ブラックホール調べる新手法を開発

Posted by moonrainbow on 16.2018 ブラック・ホール   0 comments   0 trackback
ナゾの解明へ期待

1jpg_20180710092152528.png
はくちょう座のブラックホールのイメージ図。中心の黒い部分がブラックホールで、そのすぐ近くの明るい部分がコロナ(欧州宇宙機関提供)

 ブラックホールを調べる新たな手法を、日本とスウェーデンの共同研究グループが開発しました。宇宙のちりなどがブラックホールに吸い寄せられた際に高温になって輝く「コロナ」を分析します。今回の手法と、重力波による観測とを組み合わせれば、ブラックホールをめぐるナゾの解明が進むと期待されます

 コロナの大きさや構造はブラックホールの性質を強く反映するとされますが、直接観測するのは難しいのです。そこで、研究グループはコロナを対象に、光の波の振動方向の偏り(偏光)の度合いを測ることにしました

 北極圏の上空40キロに気球で分析装置を上昇させ、6千光年先のはくちょう座のブラックホールを観測しました

 コロナには二種類のモデルがあり、偏光の度合いは、比較的広がりを持つモデルだと小さく、コンパクトなモデルだと大きくなると推定されてきました。観測の結果は、広がりを持つモデルの値とほぼ一致しました

 研究グループの高橋弘充・広島大助教は「今後はブラックホールの自転速度や、時空のゆがみの状態などの解明につなげたい」と話しています

2018年7月9日
朝日新聞デジタルより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/8660-ac29150c

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード