FC2ブログ

大マゼラン雲と合体した未知の銀河

Posted by moonrainbow on 16.2018 銀河   0 comments   0 trackback
マゼラン雲はかつて三つ子だった可能性

大マゼラン雲
大マゼラン雲(撮影:Blackwood 22さん)。

大マゼラン雲中の星の大部分は時計回りに動いているが、反時計回りの星も知られています。最新のシミュレーション研究から、その起源が30億~50億年ほど前に大マゼラン雲と合体した未知の銀河である可能性が示されました

大マゼラン雲は地球から約16万光年と比較的近くにある小さな銀河で、南半球の夜空では肉眼でも見ることができます

大マゼラン雲に含まれる星々の大部分は地球から見て銀河の中心に対して時計回りに動いていますが、反時計回りの星の存在も知られています。その星々の起源は大マゼラン雲の近くに位置する銀河の小マゼラン雲だとする説が過去に唱えられたものの、決め手に欠けるため、長年研究者を悩ませてきました

豪・電波天文学研究国際センターのBenjamin Armstrongさんたちの研究チームは、その起源が未知の銀河と大マゼラン雲との合体かもしれないと考え、コンピューターモデルを使って銀河の合体を再現しました。その結果、銀河同士の衝突が起こったあとに強い反時計回りが再現され、現在実際に観測される大マゼラン雲の様子と一致したのです

LMC and Companion Galaxy Merger


大マゼラン雲と別の銀河との衝突を再現したシミュレーション動画(提供:Ben Armstrong, ICRAR/UWA)

この結果は、大マゼラン雲内の星団の年齢が二極化している理由も説明できます。「大マゼラン雲内の星団は、非常に若いか非常に年老いているかのどちらかで、その中間の年齢の星が存在しません。その理由として、他の銀河と合体した影響により大マゼラン雲で星形成が再開されたということが考えられます」(Armstrongさん)

また、大マゼラン雲の形状も銀河同士の衝突・合体で説明できるかもしれない。「研究はまだ予備的なものですが、衝突や合体によって、あの厚い円盤状の形がもたらされたことが示唆されています」(Armstrongさん)

2018年9月26日
AstroArtsより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/8850-2f237c64

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード